Profile cover photo
Profile photo
peco (ペコ)
4 followers -
難病「クローン病」「潰瘍性大腸炎」を患っておりますが頑張って生きています。趣味は子育てとゲーム
難病「クローン病」「潰瘍性大腸炎」を患っておりますが頑張って生きています。趣味は子育てとゲーム

4 followers
About
Posts

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
素早いターンの練習に最適なマーカーを使った楽しいメニュー
サッカーに置いて切り返し、つまりターンの動作は非常に大事であります。 パスをするにしても単純に相手がいないフリーのパスだけではなく、中盤となれば常に相手とのマッチアップからのパスとなり取られないドリブルというのが重要となります。 その取られないドリブル(運ぶドリブル)や抜くドリブルの際に最も使うのがターンです。 ターンを素早くすることで相手の逆を付き、スピードアップを行うことで抜き去ることが可能となります。 このターンが素早ければ素早いほど相手の逆を突いた後の動作の質がぐっと上がるわけです。 そこで今回は誰で...
Add a comment...

Post has attachment
目指せポゼッション!小学生に教える鳥かご(ロンド)の練習メニュー
サッカーを経験したことがある人なら誰しも聞いたことがある「鳥かご」。 サッカーをやったことが無い方もサッカーの試合を観に行ったことがあるならばウォーミングアップにプロサッカー選手が1人もしくは複数人を囲んでパス回しをしているアレです。 一見すると、ウォーミングアップのみ行っていると思いがちではありますが、練習のやり方や意識の仕方次第では大変優れた練習で、これが正しく出来ることがポゼッションサッカーへとつながっていきます。 そこで、ここでは小学生に教える鳥かごの練習メニューについてご紹介したいと思います。 ポゼ...
Add a comment...

Post has attachment
低学年の脱お団子サッカー!正しい子供達へのアプローチ
子供のサッカーと言えば元気よくボールに群がるサッカーですね。 通称「お団子サッカー」ともいいます。 お団子サッカーの試合の特長としては、 同じお団子同士の戦いの場合、足の早い子が居る方が勝つ パスを回すサッカーに対し弱い 要するに、大人から見るといつになったらサッカーっぽくなるのかという不安に駆られるわけです。 お団子サッカーはどんな弱いチームでも必ずいつかは治ります。 しかし、お団子サッカーを早く治すことに注力をしてしまい、子供達へのアプローチを間違うと逆に効率が悪くなる可能性があります。 そこで、今回は低...
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
小学校低学年に教えるプルアウェイの動き
プレゴールデンエイジと言われている小学校低学年の子供達はスキャモンの発育曲線によれば丁度神経系が発達する時期であります。 神経系とはバランス感覚やリズム感などの能力のことで、 ラダートレーニング や色々な動きを取り入れることで発達していくと言われております。 そして、次のゴールデンエイジに繋がる土台が出来上がるわけです。 よって、低学年ではドリブル・リフティング・トラップといった足元の技術を重点的に教え、知能が発達した高学年になるにつれて戦術等教えることが良いとされておりますが、個人的には足元だけを拘る必要は...
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
低学年パパコーチ3年目、気がついた10のこと
息子が年長から町サッカークラブに入り、そのままパパコーチになって早くも3年が過ぎました。 初年度は息子が年長であったため、あまり全面に出るようなことは無かったのですが、1年生になり人数も20人以上と増えたこともあり、徐々に練習を全面的に観るようになりました。 短いようで長かった3年という月日でありましたが、その中でもいろいろ気がついたことがあります。 今回は低学年の試合や練習を見て気がついたことをご紹介したいと思います。 気がついた内容 勝ちにこだわった所で盛り上がるのは大人だけ 今は学年全体の方針として 「...
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded