Profile cover photo
Profile photo
Rie Goto
About
Rie Goto's posts

Post has attachment

Post has attachment
5月9日(土)【雨、ときどき、ロールケーキ】は「ひかりのうま」で。
ゴールデンウィークはまず実家に帰り、約24時間いた。 ゆっくりは出来なかったけど、母の笑顔を見ることができたし、 すこしだけ運転もできた。 次の日、雲取山に行った。 予てから楽しみにしていたが、予想以上に山道の緩急と新緑の豊かさに楽しかった! しかしながら後半はそれまでの仕事と免許取得とちょっとした環境(職場とプライベートなど)と 暫く前は、母の電話の声の元気のなさを感じてどうにも出来ないこと自分に苛立ったりもした。 人は生きているときに浅はかなことを繰り返してしまう。 もしかしたらそれは、賢人であっても表立...

Post has attachment
左手の「可能性」
2014年は父が他界した。 のち、ちょうど半年で、 2015年がやってきてしまった。 時間だけが急ぎ足で通り過ぎてしまった。 …ように思われた。 この半年、 時折気にかけてくれる人たちの 温かい声に どんなに支えられたかわかりません。 2015年が明けて、 もう20日になろうとしている。 今年は冒頭から、 徐々にゆっくりしていこう…と思ってから 半ばで、大切な家族を失って、 身体よりも心が なんというか、慌しかった。 自分を見つめ、大切な時間を味わおうと 今年は始まっています。 最初から飛ばさないし、 (ずっ...

Post has attachment
「あなた」に「おやすみなさい」を。。。
日が変わった。 そんな時でもなければこんなことは書けない。 人の目からの涙が溢れてしまうその瞬間を、感じている。 誰と会っても、相手の人の目を見て、感じてしまう。 泣いているのでなく、人の目を潤しているその液体を、感じている。 「こっちを見て」という瞬間は「こっち」(自己やそれを取り巻くもの)なのだから、 見なくてはならない。見ないと、損?というか、小さなしあわせを取りこぼしてしまう。 わたしはずっとそういう大切なモノを取りこぼして来たんだろう。 大切な人の、大切な言葉を、大切な瞬間を、これからはこぼしてしま...

Post has attachment
はじめての〈砂猫森歌 すなねこもりうた〉
声が届きますように その中心の声 誰かの弦に 触れ いつか 新しい音を 奏でて 聴かせてください 聞かせてください その 心臓ちかくから の 響きを ===================== 「砂猫女王」と「こもりうた」が一緒に企画をします。 その第1回目を高円寺の天にてとりおこないます。 6月15日(日) 13:00 Open/13:30 Start 於:高円寺アートバー 天   (高円寺南3-46-3五明堂ビルB1) D J : みんななかよくね(ユニ) ゲスト: トスデール      SUNAGIRL...

Post has attachment
卵の殻の内側の膜の
外側から見るとつるんとした卵が、 あの硬い殻の内側に 薄くて破れにくい膜を持っているのを 子どものころは気づかなかった。 卵のなかで起きていることは神秘で いくら透かして見る科学や技術が進歩しても 手出しはできないのだ。 この皮膚で覆ったわたしたちの身体のなかも 破ってみることで終わってしまうようなものは そのときを待つことしか出来ない。 長いこと、待っていた自分のなかでの答えが、 わたしの膜の内側では、どうやら出ている予感で それを言葉にするのは難しいけれど、 ずっともやもやとしていた奥で起きている違和感や...

Post has attachment
【すなねこのゆりかご】第二話@高円寺
古い本の匂いを思い出してみる 紙が湿気を含んで、インクや糊の劣化したような 紙が元にあった森に戻っていくような 本という存在はいまもなお特別であると思える ときに、新しさを連れてくる 本のような、地味であっても じわっとした瞬間があるといいな そんな気持ちで「すなねこのゆりかご」をはじめました 浮き足だったものではなく 時間をともに過ごす味わいを どうぞご一緒に。。。   高円寺のU-hAさんで2回目のすなねこのゆりかごをやります。 今回は「てあしくちびる」のくっちーつっちー。 彼女の弦と言葉と、声をじっくり...

Post has attachment
珈琲を、淹れたまま、飲まない。
明日、学芸大学のアピアでライブあります。 女性アーティストばかりの素敵な夕べになると思います。 3月末にケイコちゃん、みおちゃん、六弦琴さんと一緒にライブをして、 その後は仕事に専念しておりました。 だから1ヶ月と少し間があいてました。 退院してからというもの、仕事は結構なプレッシャーとともに過ごし、 プライベートでのコミュニケーションを図る時間が思うようにとれず、 おかしな日々でした。 そのさなかにいると、どうしても「焦り」にまみれてしまって、 申し訳ない気持ちに、いまさらのようになります。 全く、自分の小...

Post has attachment
3月の3番目
週末のおしらせ。 今月はいつもより多くライブしています。 SUNAGIRLの「砂の皿」発売記念に呼んでいただきました。 ポップでありながらロックなスリーピースバンドSUNAGIRLは 昨年出会ったときからお気に入りで、この「砂の皿」も 一つひとつにセンスが光る言葉と音の粒のそろった「皿」に仕上がっています。 ぜひ聴いてみてください!ほんとうにお勧めです♪ とても素敵なライブハウス(元自由劇場)の初のライブです。 「新世界」です。大阪ではなく六本木(西麻布)です。 今回は、前回のライブと同じように六弦琴さんとセ...

Post has attachment

もうすこしもうすこし そういっている間に ずいぶん遠くまできてしまったようで きのうのことのような瞬間は いつのまにか手が届かなくなっている もうすこしという時間が 溜まってしまうのがこわい それは風にのって どこかに飛んでしまうようで 蕾のまま夢だけをみて 捥げてしまうようで
Wait while more posts are being loaded