Profile

カバー写真
社畜seの非常識な社畜脱出成功術
20,735 回表示
基本情報投稿フォトYouTube

Stream

社畜seの非常識な社畜脱出成功術

一般公開で共有しました  - 
 
私自身、SEとしてもう7年目だ。
社畜だった会社員時代は4年目で辞め、フリーランスへと転身した。

当ブログでは、マインドについて何度も公開している。

私は社畜SEじゃないかな?という人も、ブラック企業に勤めていないから大丈夫と思っている人も読み返して欲しい。

さて、話は変わり、SEという職業は、
社畜から起業家へと移るのにはとても優遇な業種と考える。
マインドを変えるだけで、一番効率よく社畜人生を脱出する事ができる職種とも思える。

しかしながら、このまま社畜のままでは数年後、IT人材を必要としない未来も考えられる。
私はリミットはオリンピックイヤーが終わった当たりから、多くあるITの仕事は徐々に減っていくと考えている。
そのため、フリーランスに関わらず、会社員も来る解雇に備えて今のうちから準備するものと考えている。

しかし、SEはそんな過酷な状況に陥ってたとしてもマインドを変えるだけで、自分の道を切り開く事ができると私は信じている。
その理由を具体的に3点にまとめた。



簡単に社畜から脱出できるSEならではの理由とは?

考えたら分かる事だが、21世紀はネット社会。
ウェアラブル端末も次々に登場してきた。

つい10年前はユビキタスコンピューティングなんていう言葉が流行り、私が社会人なった7年前にはクラウドはBtoBだけのビジネスだったものが今では個人で利用する事ができる。

この時代の流れの速さについていける業種は、他でもないITだけだ。
もちろん、ホリエモンや孫正義等を筆頭とした経営者は当然、この事を知っていると思われるが、他の業種はこれらITを利用する事はできない。

そういった大前提を基に、更に具体的に落とし込もう。

1.「悩み」を引き出し、「解決するシステム」もしくは「提案する力」がある

第1の理由は「悩み」を引き出す力。それらを解決するシステム、もしくは提案だ。

SEという職種は、顧客の「悩み」や「要望」を叶える為にIT技術を駆使して叶える。
業務の改善や売上げアップとなるシステムやツール、様々だ。
現代において、ITを利用すれば叶えられない悩みは身体的なモノぐらいではないかと思う。

「悩み」=「ニーズ」

この「ニーズ」を叶えるシステム(商品)がビジネスになる。

ではプログラマ(以降、PGと称す)は提案する力が無いから無縁なのか?といった声もあがりそうだが、提案が得意な仲間と組めばいい。
この時、人とコミュニケーションができないというのはNGだ。
それは自身が「人とコミュニケーションが苦手だからやらない」と言い聞かせて、やらない理由を選択だけるすぎないからだ。

もう一つPGや勘違いSEに多い点で注意があるが、
自分が良いと思った商品は売れる!という意思が強い。
自分が購入する訳ではない、その商品を欲しいと思っているお客様が購入するのだ。
「ニーズ」を捉えていないと、もし良いシステムを考案したとしてもきっと上手くいかないだろう。

「ニーズ」のリサーチ力(悩みを引き出す力)がこの中では重要なため、苦手な人でも今からでも遅くない。
是非、会社員であるなら仕事を上手く利用して練習してみてはいかがでしょうか。

2.IT知識の基礎があるため、視点をマクロに切り替えるだけで先見の目が養える

SEは、基本的にITに関わる事なら仕組みが表面上レベルだけでも仕組みが分かってしまう。
この時、別に細部まで調べる必要は無い。
もっとマクロに捉える事によって、必要と捉えられる柔軟性が必要だ。
何をどのようにすれば・・・という答えまで行かなくても実現可能か否かがわかるだけで、次のステージへ進む事ができる。
SEにとっては当たり前の事かもしれないが、他業種であればそのスキルは高く評価される。
もっと自信を持とう!

よく現場で、SEとPGが噛み合っていない話を良く聞く。
SEは業務に関する事について相談しているのにも関わらず、PGは関数やらプラグインやらのミクロな話を出している。
SEからしてみると、別に聞きたい事でもないからわかりやすく説明してほしいし、PGからはなんでこんな簡単な事もわからないのかと苛立ちを隠せない。

この場合、ユーザ目線で立っているSEはマクロな視点で見れているといえる。
この誰を目線にしているかが重要。

もし、あなたが何か商品を作成したい場合、「誰が」利用するのか。を意識して欲しい。
この「誰が」利用するのか、についてオススメのドラマがあるのでレンタルしてでも是非、見て欲しい。
2012年に放送された「リッチマン・プアウーマン」だ。
ドラマの内容も面白いが、私としても非常に感銘を受けたドラマなので、是非オススメの作品だ。
ITベンチャーの物語で、登場してくるシステムもマクロな視点を持った事がとても分かりやすいドラマのため一度見てみるべきだ。
ITに詳しいあなたなら、きっとやる気を与えてくれるに違いない。

3.日頃から納期や数字に追われているため期日までの計画性が立てられる

IT関連業種は、納期や数字に日々追われている。
いつまでに終わるのか?
これは日々、時間を流しているわけではない。

経験があると思うが
「今日は○時までに終わらさないと」

この考えは、非常に合理的である。
目標達成にはいつまでに、何をやるべきなのか?という事がとても重要なのだ。
そして、何をやるためにはどのようにすべきなのか?とまで深堀りしていく。
すると、選択の幅がどんどん縮まり、目標達成までの最短ルートを導きだすに違いない。

「お金で時間を買う」
目標達成の最短ルートがお金をかけて達成するのであればお金を支払った方がいい。(費用対効果を計算した上で。)
あなたの時給はいくらぐらいだろう?そうすると、お金を支払った方が安く感じるのではないだろうか?

そもそも、目標達成するのに自分だけでやるという考えは持たない方がいい。
会社での仕事も同じなはずだ。

まずは「いつまでに何をやるべきなのか?」を意識する事だ。

まずは期限を決めて意識してみる

これらの3点の理由から、SEにとって社畜を脱出する事は簡単だと言える。
例え、今の会社辞めても今の段階であれば色々仕事はできる。
SOHOという手もあるし、何せ私が提案するフリーランスとしての道もある。
が、もしもマインドが悪いとSEという職種は、社畜と自由(独立)は紙一重の関係にある。
それ故に、マインドが重要なのだ。

現代は「会社のために」という考えから「個人のために」という考えに移行している。
ソーシャルなこの時代に、いつまでも昔と同じ考えではあなたは数年後痛い目に遭う。

SEは優遇されているんだ!しかし、それは「今」だけである!
このチャンスを掴む掴まないはあなた次第だ。一歩踏み出す「覚悟」があなたの人生を変える。

その事を改めて受け止めるべきだと私は考える。
関連記事 社畜SEの共通点ベスト3!ブラック無関係でも社畜となるSEとは?
1
コメントしよう

社畜seの非常識な社畜脱出成功術

一般公開で共有しました  - 
 
ご訪問頂きありがとうございます。
当ブログの目的、そして私の社畜人生等を書き綴っています。

社畜SEと感じている方へ一言

「あなたも変わる事ができる。
 変わる事ができる選択を今すぐしよう」

■ 運営者:HIRO

◎経歴
2008年〜:地方の私立大学卒業。IT大手○○○○グループ傘下の企業に入社

2012年〜:4年目にて退職。今の会社に出会い、フリーランスSEとして独立開業

2013年〜:フリーランスSEも慣れたので、並行して起業家活動

2016年〜:2016年前半でフリーランスSEを辞める予定

■ 座右の銘

1.現状維持は退歩なり
2.覚悟を忘れた時、人は堕落する

■ 社畜SEとは?

当ブログでは、挑発的に「社畜SE」と称している。
そもそも、「社畜」とは、Wikipediaで以下の様に説明されている。

主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。
「 会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、皮肉が強く込められている言葉である。
英語圏では同様の概念として「wage slave」(賃金奴隷)が存在する。
(出典:Wikipedeia)

一般的には、ブラック企業に勤めて残業や休日出勤を無賃で働かせる会社に勤めている会社員を指すイメージだが、私が提唱している「社畜SE」は、ブラック企業に勤める、勤めないは関係ない。

もっと、広義の範囲で考えている。

仕事に対して、明確な目的や目標も無く、「目的」や「目標」が自分の意思でなく会社の意思で動かされている会社員を指す。
だからといって、会社員全体を指している訳ではない。
良く聞く話だが、やはりコレに尽きる。
「能動的」か、それとも「受動的」か。

「今の仕事をやるために、この会社に入った!」という人はどれぐらい居るんだろう?
決まった時間に来て、決まった時間まで仕事。
残業や休日出勤も、会社の意思の思うがままに左右される。

Question.
あなたは自分らしく生きれているの?

話を戻すが、「自分の意思」ではなく、「会社の意思」で動いている会社員を社畜としている。
社畜SEは、SEの社畜ということ。(これは当然か。)

■ ブログの目的

自分は「社畜SE」だと、認識した社畜SEを救う事だ。
何も認識する事は悪い事ではない。現状認識は非常に重要だ!
SEに絞っているのには、2点理由がある。

私自身がSEで境遇を共感できるため
SEはこの時代、非常に有利なのに決定力・行動力が無い
SEは非常にこの時代、有力だと思う。
何故?
それは、クライアントの「悩み」を聞く立場でもあるし「創る」事ができるからだ。

「私はPGだから無関係か。。。」

と、聞こえて来そうだが、PGも同様だ。ご安心を。
あなたは「創る」事ができる。遥かにSEより優秀だと自負しよう。

この折角、「悩み」を聞く事、「創る」事ができる才能を、持っていない方が羨む才能をあなたは自分のために利用していない。
もしかしたら、現在働いている会社で使い潰されて、ITという職種にもう二度と付きたく無る可能性だってあるのではないだろうか?

その状態に陥る前に、SEという業種にフォーカスしフリーランスを通して提案したいと考えている。

■ 運営者の社畜時代

※ちょっとだけ、感傷に浸ったので長くなりました^^;
他人事なので軽くドンマイという感じで見てもらえれば。

地方出身の私は、大手グループ会社の傘下の中小企業に入社した。
実は傘下とはいえ、地方のIT会社では県内5位以内に入る程の高収入だった。
地方から東京へ。手当は充分魅力に感じていた。

約半年間という、結構長い研修期間を終えてからは社畜時代まっしぐら。
新人時代は、上司から無理難題を与えられては、2年目以降には我々もそれを後輩に指示。
単に能力が低いだけと罵声を言われ、ミスは許されない現場。

経営悪化に伴い、支給されていた残業も暗黙的にサービス残業に。
社内では減点方式の成果主義が蔓延していた。

3年目になり、大規模な開発のPLに抜擢されたがその時には会社に洗脳されてたと思う。
休日や業後もプライベート一切なしで会社に入り浸り。
PL初めはスキルアップという事を称して終わらない山積みの作業が降り掛かる。
そして、ずっと指摘していたPMの見積りミスが露に(100人月が30人月で取っていた。)
毎日、会社に出勤して寝泊まりライフ。会社警備員として過ごす。

そして月稼働が450時間を超えた。私もストレスと栄養偏りで肥えた。
残業代は80時間。法定範囲のみしか支給されなかった。

プロジェクトはもちろん大赤字。
上司は降格、私は努力が認められ昇給・表彰が確定的となった。

その後も相変わらず忙しかったが週1で休める様になった。
当時の会社に居た炎上対策要員の1人という事だ。
上司からは嬉しい言葉「優秀な人程、忙しい!」
当時は頑張ろうと思ったが、要は優秀な人は会社にだけ時間注げ!って言われている様に感じている。

そして、表彰の時。実はこれでこの会社を辞めよう!と思ったきっかけだ。
他の表彰もあるが、大きい賞で「金一封+海外研修」
金一封にはホント金一封(1万円)だった。

「成果は形に変わる」とあるが、これはあくまでも。
辞める「覚悟」が「行動」に移るまでにはそう遠く無かった。

「覚悟」と「行動」がほぼ同時だった私が転職活動していたが、会社員はまた同じだという事でフリーを考えていた。
すると引き寄せられたかの様に、今お世話になっている会社からフリーランスSEとして働かないかという話が出た。

直感的にフリーランスSEになろうと、せっかく貰った海外研修を拒否し「退職願い」を提出。
怒りまくる上司。(居なくなると今まで抱えていたプロジェクト大変だからね。)

自分の考えを全部話し、納得されないまま絶縁状態でその後の退職まで期間を過ごした。
全く使っていないから1ヶ月以上もあるだろうと踏んでいた有給は、怒り狂っている上司がなんと2週間に繰り下げ。
こっちも反抗し、結局3週間有休消化。

こんな怒濤な会社員生活。
まぁ、そんな会社員生活があったから今はその技術や経験で苦労せず収入が入っているわけだけど。

長く書き綴ってしまって申し訳ないので、フリーランスとしての活動は短く。

・収入:
会社員時代、月最低稼働の300時間(最大450時間)の残業代含めても、フリーランスSEは1年で約2.2倍。
・時間:
会社員時代、月最低稼働の300時間(最大450時間)、フリーランスSEは月稼働時間は140時間〜160時間以内(1/2〜2/3も大きく変わった)
・現状どんな?
お金と時間に余裕ができ、現在は更なる余裕を求め起業、投資に時間を費やす。
もっと自由に、もっとやりたい事をもっと楽しめる様に!

うわっフリーランスの内容短っ!
1
コメントしよう
自己紹介
キャッチフレーズ
社畜なSEのためだけの非常識な社畜脱出術
紹介文

ご訪問頂きありがとうございます。
当ブログの目的、そして私の社畜人生等を書き綴っています。

社畜SEと感じている方へ一言

「あなたも変わる事ができる。
 変わる事ができる選択を今すぐしよう」

連絡先情報
連絡先情報
メール