Profile cover photo
Profile photo
Masanori Fujimura
24 followers -
初心者なので、やさしく扱ってください。
初心者なので、やさしく扱ってください。

24 followers
About
Masanori's posts

Post has attachment
ネット上で拾った情報を元に自分のオリジナリティを主張する人を見ていると、それが、どういう意図なのか、計りかねることがある。

久しぶりの更新なのに、メモ書きみたいになってしまいました(苦笑)。

Post has attachment
自分の見ていることを適切に表現しようとするには、自分が最も使い慣れた言葉に頼ることになる。それこそが、母国語なんだと思う。日本語は、英語やフランス語のように、いくつもの厳格な定義を積み重ねるような言語ではない。それぞれの言語に傾向性があることを周知する必要があるのだと思う。

Post has attachment
文明開化の時に、たくさんの日本語が作られたことを考えてみました。僕なりの解釈では、そのように作られた日本語と、よくデザインして作られるモノとは、とてもよく似ているように思います。

Post has attachment
僕たち、日本人の「経験」と西洋人の「経験」を同じ水平に並べて論じることって、どうなんだろう?と思うようになっているので、少しづつ日本人固有の世界観に踏み込んでいってみたいと思います。今回から取り上げる森有正は、日本人哲学者でありながら、戦後フランスに住んで日本語教師をしていたという経歴を持つ人だったりします。まあ、ゆっくり砕いていきます。

Post has attachment
離散とは、「連続ではない」という意味です。この聞き慣れない言葉が「数学」と組み合わさった学問があるんです。「離散数学」は、コンピュータの基礎づけを行う上で欠くことができない学問だったりします。

Post has attachment
信頼関係を構築すると言いながら、長い時間、何をしていたんだろう?と思われる方もあるかと思いますが、ただただ元気にしていました。お気付きの点があれば、是非ともコメントをいただきたく思います。

Post has attachment
ちょっと時間が経ってしまいましたが、少し先の方に明かりが見えてきた気がします。お気付きの点があれば、ぜひコメントを残していただければと思います。

Post has attachment
ペエール・レヴィのチャートを見ていたら、パソコンの前で、「そうそう」と頷いていました。

Post has attachment
最近、数学の勉強に嵌っています。高校生の頃にも、明け方近くまで嵌っていたことがあったんだけど、自分の興味が、学校で教わっている内容とまったく違う方向に進んでいることに気がついても、それを「大学で学んでみよう」などとは思いもよらなかった。偶然、とは恐ろしいもので、たまたま始めたことなのですが…(苦笑)

Post has attachment
ベルナール・スティグレールの『技術と時間』の読書会をしようと思って考えごとをしていると、自分の興味・関心ととても深く関わっていることなんだなあ、と再認識させられることがとても多いです。『知域』というのは、哲学でいうような知性の始原性に遡っていくと同時に、今ここで、どのように活かすのかも重要な概念だと思っているので、ブログ風なメモとして残しておきます。
Wait while more posts are being loaded