Profile cover photo
Profile photo
TSR(東京商工リサーチ)
TSR(東京商工リサーチ)が運営するGoogle+ページです!
TSR(東京商工リサーチ)が運営するGoogle+ページです!
About
TSR(東京商工リサーチ)'s posts

Post has attachment
【データを読む】
国内銀行92行『平均年間給与』調査(2017年3月期)
~"トップ3”は3年連続で三井住友、東京スター、スルガ~
国内銀行92行の2017年3月期の平均年間給与(基本給与+賞与・基準外賃金)は615万2,000円(中央値620万5,000円)。
前年の620万3,000円から5万1,000円減少(0.8%減)し、2012年3月期以来、5年ぶりに前年を下回りました。
平均年間給与のトップは、4年連続で三井住友銀行(814万8,000円)が守りましたが、前年より15万3,000円減少(1.8%減)。2位は東京スター銀行(812万2,000円)、3位はスルガ銀行(810万6,000円)が僅差で続き、トップ3の順位は3年連続で同じでした。
上位30行のうち、前年より平均年間給与が伸びたのは、スルガ銀行、あおぞら銀行、第四銀行など8行にとどまり、上位銀行の給与伸び悩みが目立ちました。
政府は「働き方改革実現会議」などを通じ、賃上げやベースアップ実施を求めています。しかし、メガバンクはマイナス金利などで収益悪化を懸念し、2016年春闘でのベースアップを3年ぶりに見送りました。銀行の給与は、マイナス金利政策、低金利競争など、本業の厳しい収益環境の中で、独自の営業戦略や人員採用、規模格差などで明暗を分けた格好となりました。

■国内銀行92行『平均年間給与』調査 bit.ly/2gMBQea
■TSR情報誌 http://bit.ly/1jLusaW 
#銀行 #給与 #調査 #東京商工リサーチ

Post has attachment
【TSR速報】
Joycook Japan(株)
~調理用具「Joycook」をテレビ通販などで販売~
韓国でヒットした調理用具「Joycook」の日本国内の総販売代理店。ヘルシースチームオーブン「Joycook Mini(ジョイクックミニ)」や「Joycook Fit(ジョイクックフィット)」などを扱い、通販番組などで販売していました。

■Joycook Japan(株) http://bit.ly/2thfVgT  
■1,200円で取引先チェック http://bit.ly/1e2iYQv

#ジョイクック #調理用具 #調理 #調理器具 #調理用品 #通販 #韓国 #東京 #破産 #倒産 #東京商工リサーチ
Photo

Post has attachment
【TSR速報】
SecuLynx(株)
~パナソニックの社内ベンチャー~
ネットワークセキュリティ機器やセキュリティ関連ソフトウェアなどの開発販売を目的としたベンチャー企業。電機大手のパナソニック(株)のベンチャー支援制度、「パナソニック・スピンアップ・ファンド(PSUF)」を活用した社内ベンチャーとして設立され、パナソニックが98%を出資していました。近年重要性が拡大しつつある情報漏えい対策・不正機器接続防止製品の開発販売の事業化を目標とし、他社と連携した「マルウェア感染端末の即時遮断ソリューション」などを展開していましたが、平成29年4月10日株主総会の決議により解散し、今回の措置となりました。

■SecuLynx(株)http://bit.ly/2uAJj5b  
■1,200円で取引先チェック http://bit.ly/1e2iYQv

#パナソニック #セキュリティ #ソフトウェア #ベンチャー #東京 #特別清算 #倒産 #東京商工リサーチ
Photo

Post has attachment
【TSR速報】
(株)吉年
~約300年の歴史を誇る鋳物業者~
河内・丹南地区は鋳物の生産地として知られ、鋳物師発祥の地として伝えられています。当社は河内鋳物師の流れを次ぎ、江戸時代中期の享保3年(1718年)に創業。ガス、水道用等の管継手、自動車、車輛部品等の一般可鍛鋳鉄部品パイプ切断加工を行い、大手商社や販売代理店を中心に販路を築き、ピークである平成3年11月期には売上高94億831万円を計上。
しかし、需要低迷や市況悪化による単価下落で業績は伸び悩み、逐次リストラを行い、採算を維持。金融機関との協議を重ねながら業績回復に努めましたが、十分な成果を上げられず、28年11月期は売上高約39億2,500万円に落ち込み、約2億3,700万円の赤字に。以降も業況は改善せず、限界に達し、今回の措置となりました。
なお、7月14日付で東証1部上場の共英製鋼(株)(大阪市北区)と事業再生支援を目的とするスポンサー基本合意を締結しています。

■(株)吉年 http://bit.ly/2uAjgLp
■1,200円で取引先チェック http://bit.ly/1e2iYQv
#大阪 #鋳物 #老舗 #民事再生 #倒産 #東京商工リサーチ

Post has attachment
【TSR速報】
(株)中央商事(旧:(株)エイチ・アンド・エム)
~約200カ所のパチンコホールと取引~
(株)エイチ・アンド・エムの商号でパチンコの景品卸売を手掛けていました。金地金・菓子・雑貨・たばこなどを取り扱い、首都圏を中心に約200カ所のホールへ販売し、ピーク時の平成19年4月期には2,578億5,900万円の売上高を計上。
その後、金融取引絡みの損失処理を行ったことで赤字を計上し、23年4月期には債務超過に転落。相次ぐ規制強化に若者のパチンコ離れも加わり、28年4月期の売上高は2,039億2,900万円に減少し、資金繰りも逼迫。29年1月に事業を別会社に譲渡して事業を停止。当社は29年4月、現商号に変更し、今回の措置となりました。

■(株)中央商事 http://bit.ly/2vjdr1Y
■1,200円で取引先チェック http://bit.ly/1e2iYQv #東京 #パチンコ #破産 #倒産 #東京商工リサーチ

Post has attachment
【データを読む】
「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更利用後の倒産動向(6月・上半期)
~累計件数は前年同期より半減、負債総額は3割増~
2017年6月の「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更利用後の倒産はゼロ(前年同月6件)。月次倒産がゼロになったのは、2016年9月以来9カ月ぶりのことです。2017年上半期(1-6月)の累計では25件(前年同期比52.8%減、前年同期53件)、前年同期より半減で推移しています。

■「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更利用後の倒産動向(6月・上半期) http://bit.ly/2t3I3mB
■TSR Facebookページ http://on.fb.me/1mKg97N?

#中小企業金融円滑化法 #倒産 #東京商工リサーチ

Post has attachment
【TSR速報】
(有)メダリストプランニング
~競輪選手用プロテクターシャツで有名~
昭和54年の創業、平成2年の法人設立以降も競輪選手向けのウェアの開発・製造・販売を手掛けていました。社長自身がプロの競輪選手であった時期から、落車時の怪我を軽減させるためのプロテクターシャツの開発に注力。同業界における高い市場シェアを確保し、その後はプロサイクリスト用サイクルウェアを中心に、アスリートのパフォーマンス向上を目的としたスポーツウェア、スポーツグッズの開発・製造・販売なども手掛けていました。近年は、血行が良くなり老廃物を排出する成分を使った特許のある糸を日本では当社のみが扱えることになり、これを活用した新製品の開発に注力していましたが、業績回復には至らず、今回の措置となりました。

■(有)メダリストプランニング http://bit.ly/2t1OYli  
■1,200円で取引先チェック http://bit.ly/1e2iYQv

#競輪 #プロテクターシャツ #スポーツウェア #東京 #破産 #倒産 #東京商工リサーチ
Photo

Post has attachment
【こうして倒産した・・・】
2017年(平成29年)6月度こうして倒産した・・・
~毎月発生した倒産事例を負債総額順に紹介~
6月は負債総額1兆円超の倒産が発生しました。ぜひご確認ください。

■2017年(平成29年)6月度こうして倒産した http://bit.ly/2ty3D6a
■1,200円で取引先チェック http://bit.ly/1e2iYQv

#大型倒産 #倒産 #東京商工リサーチ
Photo

Post has attachment
【全国企業倒産状況】
2017年上半期(1-6月)の全国企業倒産4,267件
~上半期としては27年ぶりの低水準~
2017年(平成29年)上半期(1-6月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が4,267件、負債総額が2兆2,104億3,800万円。
倒産件数は、前年同期比0.1%減(6件減)。上半期としては8年連続で前年同期を下回り、1990年(2,948件)以来の低水準にとどまりました。金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じていることに加えて、国内景気の緩やかな拡大も影響しているとみられます。
一方、負債総額は前年同期比178.5%増(1兆4,168億3,500万円増)で、5年ぶりに前年同期を上回りました。上半期としては2012年(2兆76億6,700万円)以来の2兆円超え。
これは、製造業倒産としては戦後最大になった、上場企業で自動車部品製造のタカタ(株)(負債1兆5,024億円)の民事再生法の適用申請が影響。この1件だけで上半期負債の約7割(構成比67.9%)を占めました。
このほか産業別では、サービス業他が2年連続増加、不動産業は8年ぶりの増加。地区別では近畿が上半期では8年ぶりの増加となっています。

■2017年上半期(1-6月)の全国企業倒産4,267件 bit.ly/2t3s0FE
■TSR情報誌 http://bit.ly/1jLusaW 
#全国企業倒産 #上半期 #倒産 #東京商工リサーチ

Post has attachment
【全国企業倒産状況】
2017年6月の全国企業倒産706件
~製造業としては戦後最大の倒産が発生~
2017年(平成29年)6月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が706件、負債総額は1兆5,883億3,900万円。
倒産件数は、前年同月比7.4%減(57件減)で2カ月ぶりに前年同月を下回り、6月としては1990年(516件)以来27年ぶりの低水準になりました。金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じていることに加えて、国内景気の緩やかな拡大も影響しているとみられます。
一方、負債総額は前年同月比1369.7%増(1兆4,802億7,400万円増)と大幅に増加。これは、製造業としては戦後最大の倒産となった自動車部品製造のタカタ(株)(負債1兆5,024億円)の民事再生法の申請が影響。月次負債の1兆円超えは、日本振興銀行(株)(負債6,805億円)と(株)武富士(同4,336億円)の倒産で負債が膨らんだ2010年9月(1兆4,180億2,500万円)以来、6年9カ月ぶり。
ただし、タカタ(株)分を除いた月次の負債総額は今年最少の859億3,900万円にとどまり、全体では負債1億円未満が548件(構成比77.6%)になり、小規模倒産が中心であることに変わりがありません。

■2017年6月の全国企業倒産706件 http://bit.ly/2v1rsRI
■TSR情報誌 http://bit.ly/1jLusaW 
#全国企業倒産 #倒産 #東京商工リサーチ
Wait while more posts are being loaded