Profile cover photo
Profile photo
坂井直樹
141 followers
141 followers
About
坂井直樹's posts

Post has attachment

Post has attachment
ブランドの差異を調べるときにそのブランドが誰に極端に愛されているのか?を調べる方法
ブランドの差異を調べるときにそのブランドが誰に極端に愛されているのか?を調べるために、ブランド名(brand)と入れ墨(tatoo)を入れて検索する。今回は自動車ブランドの例を挙げてみる。 もともと「brand(ブランド)」の語源は、焼印を押す意味の「Burned」で、自分の家畜と他人の家畜を間違えないよう、焼き印を押して区別していたことから、「商標」を「brand(ブランド)」と言うようになった。という説があるので、刺青とブランドの偏愛の関係はブランドが持つ愛され度は測れると考える。 この「出典:永遠に愛さ...

Post has attachment

Post has attachment
公園遊具をノスタルジックに幻想的に撮り続ける木藤富士夫氏の撮影秘話とは?
公園遊具をノスタルジックに幻想的に撮り続ける木藤富士夫氏の撮影秘話の中に、不審者扱いされて警官に不審尋問されたことや、周辺の住民に怪しまれたり、相当な苦労があったようだ。それにしても薄暗い子供のいない夜の公園遊具は不気味な存在感を持つ。 2005年、木藤富士夫は脱サラをして2005年フリーランスフォトグラファーになった。彼は日本の遊び場を作っている多くの面白いセメント成形の遊具は、私も以前から興味があった。 ケトルの嶋浩一郎さんとインサイトを探すためのリサーチとして、公園にあるセメントで作られた遊具の種類につ...

Post has attachment
レクサスの顔が台形の「スピンドルグリル」と呼ばれるフロントグリルに変わってだいぶ時間が経過した。今もWEB上では賛否両論が激しく飛び交う!
レクサスの顔が力強さを強調した台形の「スピンドルグリル」と呼ばれるフロントグリルに変わった。プレミアムブランドにしては存在感が薄かったレクサスのデザイン。であれば、一目でレクサスと分かる個性的な顔をと、「スピンドルグリル」を採用し始めたのだろう。ラジエターグリルとバンパー開口部を一体化したデザイン。上下逆さまの二つの台形を中央部で内側に絞った形。これは賛否両論が出るだろうな。と、WEBを調べてきたら出てくる出てくる、、ちょっと面白い意見だけを抜き出してみた。  Lexus-LF-LC-Hybrid-Sport...

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
ツィッターで投稿された「つげ義春」さんの「ねじ式」の目医者の実際の写真にとても大きな反響があった。
「ねじ式」は「つげ義春」さんの夢の世界を描いた作品だ。しかしリアルな実写画像が存在した事に皆驚いている。つげ義春のシュールな漫画『#ねじ式』の目医者だらけの街が台湾に実在していたのだ。 今まで「つげ義春」さんの空想の街だと思ってた街が存在していたのだ。つげ義春「ねじ式」は1968年発表。この写真は王双全の作品で、1962年台南市内の「明元堂」または「珠明堂」を撮影したもの。ツイートした方が指摘するように、つげ義春氏が日本のカメラ雑誌に掲載された同写真を参照した可能性は高い。 「ちくしょう目医者ばかりではないか...

Post has attachment
ヒマラヤ山脈のデジタルで実社会につながったパンハサリ・リトリートは究極のコワーキング・スペースだ。
コンシューマはデジタルで世界中がつながった今、生活のすべての面で柔軟性を求めるようになった。米国で初めての住宅購入者のシェア (NAR2015) 1987 年以来の低水準に下落している。手頃な都市住宅の不足は、シェアライフの増加につながっている。コンシューマは仕事、旅行、社会と家庭生活の境界線はますます曖昧になる。デジタルノマドの極限の姿だろう。 毎日の通勤からのより極端な脱出を望む人たちのために、建築家カルロ・ラッティはインドのヒマラヤ山脈にシェアオフィスとシェアライフ空間を設計した。パンジャサリ・リトリー...

Post has attachment
Wait while more posts are being loaded