6/9 の講義は、微分法の応用の不定形の極限値,Taylorの定理まで行いました。次週は、Taylor展開からになります。

試験は、§19 曲線の概形を終えた次の週を予定しています。

次回提出の課題は p59 問題1の (2), (4), (6), (8) です。

A4の用紙の裏表を使ってください。
ホッチキスで留めないでください。クリップで留めてください。
各用紙の表に学生番号と氏名を記入してください。
各用紙の表に,全枚数中の何枚目かを,分数の形で記入してください。
字は大きめで濃く書いてください。
計算過程や思考過程を書いてください。

Shared publicly