Profile cover photo
Profile photo
増田賢一(野暮ラボ)
5 followers
5 followers
About
賢一's posts

Post has attachment
★シャッターシーケンス ニコンD750 ライブビュー

3秒後からシーケンスが始まります。
赤いLEDが点いた時点が全押しタイミングです。

D750のライブビューはメカシャッターのみ。
D810に搭載された電子先幕シャッターは非搭載。
縦(上>下)走りフォーカルプレーンシャッターになります。

通常LVでは一度先幕が戻り、
その後、暫くしてシャッターが切れます。

見ての通り、通常ライブビューではOVF撮影よりも
約3倍強タイムラグが長くなります。
速くしたければミラーアップモードにすると
OVFとほぼ同値になります。
(時間などはCAPA別冊のD750ムックに記載しました)

Post has attachment
★シャッターシーケンス ニコンD750 OVF

3秒後からシーケンスが始まります。
赤いLEDが点いた時点が全押しタイミングです。

D750は縦(上>下)走りフォーカルプレーンシャッター。
シャッター幕ユニットはニコンデジタル一眼レフ初となる
向かって右側にシャッター幕駆動ユニットを置いたタイプです。
最高速度を1/4000秒と抑えていることで、
ミラー着地時のダンパーなどは省略されています。

音はD810よりもかなり大きく感じますが、
音で感じるショックよりも実際は少なめ、
D810よりもむしろ小さいくらいです。

ショックを少なくするために、
若干タイムラグが長くなっています。
主にミラーアップで止まる際のブレーキングショックによる影響を
減らしている様に感じます。
そのあたりはD800との比較でみてみるとよくわかります。

ミラー効果と同時にシャッター幕が
裏で上がり始めているのがわかります。

Post has attachment
★ニコン1V3&V1 1200fps動画画質比較

1200fps動画の画質を単純に比較してみました。
D800のスロービデオですが、やっぱりV3は大きく画質アップしています。

画素数アップはもちろんですが、
露出補正、ホワイトバランス設定ができるようになっているのは
ほんとありがたいです。
それができなかったV1には疑問でしたが。

またモニターでのピント合わせも格段にやりやすくなりました。
V1ではシビアなピント合わせはほとんどわからないので、
外付けモニターを用意して合わせてました。
ホワイトバランスと露出の調整も半押しでロックがかかるので
それを利用してグレーカードなどでロックさせてましたが、
その手間もV3では不要になりました。

また新たにV3での撮影では、
カメラの全押しトリガーにシンクロさせてLEDが光るようにしてみました。
コマ数による簡単なタイムラグ測定もできます。

機能的にはV3とは全く関係ないのですが、
せっかく画質がよくなったので、ちょいとプラスしてみました。

Post has attachment
★シャッターシーケンス ニコンD810 電子先幕シャッター&ライブビュー

新しく搭載された電子先幕シャッターです。
LV(ライブビュー)モードで、
なおかつミラーアップモードにすると使用することができます。
通常撮影でもミラーアップモードで使用できます。

シーケンスとしては、ちょっとめんどくさく、
2アクションになります。

一度シャッターを押してミラーアップさせ、
二度目のシャッターレリーズでシャッターが切れます。
風景や物撮り向けの機能です。

すでにミラーアップしているLVモードでも
擬似的に一度シャッターを押さなければいけないのが
少々めんどくさいところではあります。

3秒後からシーケンスが始まります。
赤いLEDが点いた時点が全押しタイミングです。

一度目はミラーアップにあたるプレレリーズ。
LVモードでは特に変化ありません。

20秒後から本シャッターです。
やはり赤いLEDが点いた時点が全押しタイミングです。

D810は縦(上>下)走りフォーカルプレーンシャッターですが、
LVの通常撮影のように先幕が戻る動作がありません。

タイムラグは画面中央部で実測82ms。
通常OVF撮影よりもタイムラグは若干長くなります。

Post has attachment
★シャッターシーケンス ニコンD810 ライブビュー

4秒後からシーケンスが始まります。
赤いLEDが点いた時点が全押しタイミングです。

D810は縦(上>下)走りフォーカルプレーンシャッター。
LV時には一度先幕を戻し、それからのシャッターが切れます。
その動作のために、シャッタータイムラグはOVF時よりも約2.5倍ほどになるようです。
実測値は画面中央部でOVF57msに対し、LVで163ms。
動きモノで使用時には、ちょっと間合いを注意する必要があります。

Post has attachment
★シャッターシーケンス比較 ニコンD810 & D800

D810とD800のシャッターシーケンス比較です。

赤色LEDの点灯が全押しタイミングです。
前半は両機種をこのタイミングに合わせて、
後半は先幕が動くタイミングでビデオを並べてみました。

D810は公称で、タイムラグがD800の42msよりも長い52msになっています­­が、ビデオでもそれがよくわかります。

主に長くなっているのは、ミラーアップ行程。
ミラーアップし始めるタイミングも少し遅くなってます。
これはモーター駆動による影響なのでしょうか。

一方、ミラーアップが停止するあたりから
実際に先幕が下りる時間までの時間も5msくらい長くなっています。
ここはモーター駆動制御によるショック吸収が効いている部分かと
思います。

見る限りでは、シャッターの幕速も
D800より微妙に抑えられているようにも感じます。

ミラーダウン時のダンパーも新たに搭載されていますが、
ミラーアップ時のロスより少なめですが、
ちょっと降りるのが遅くなります。

ミラーショックを抑えるためのD800からのフィードバックが
D810にはかなり施されているようです。

Post has attachment
★シャッターシーケンス ニコンD810

3秒後からシーケンスが始まります。
赤いLEDが点いた時点が全押しタイミングです。
このD810からは1200fpsスローモーションビデオを撮影するカメラを
ニコン1V3の変えたので、だいぶ画質がよくなりました。

D810は縦(上>下)走りフォーカルプレーンシャッター。
D800よりもショックを少なくするために、
若干タイムラグが長くなっています。
主にミラーアップで止まる際のブレーキングショックによる影響を
減らしている様に感じます。
そのあたりはD800との比較でみてみるとよくわかります。

下で動いているのは測距センサー導入部の大きめなカバーで、
DX機にはないものです。

Post has attachment
★シャッターシーケンス比較 キヤノンEOS-1DX & ニコンD4S

キヤノンEOS-1DXとニコンD4Sの
シャッターシーケンスを比較してみました。

このときはまだトリガーポイントがピックアップできなかったので、
はじめのミラーアップの動きに合わせて並べてみました。

ちなみにEOS-1DXが最高12コマ/秒、D4Sは最高11コマ/秒です。
共に高速連写モードで撮っていますが、
1/125秒での撮影のために最高連写コマ数は出ていません。

並べてみて気がついたのは、
D4Sはミラーアップ後にシャッターが切れるタイミングが速いこと。
全押しトリガー基準で並べられていないので、
正確なタイムラグに関してはわからないんですが、
この並びでは2コマまでは連写速度の遅いD4Sが速くなってます。
3コマ目で並び、その後1DXが追い抜きます。

またミラーアップからダウンまでのシーケンス、
つまりブラックアウト時間に関しては、
この条件ではD4Sの方が短いようですね。

Post has attachment
★シャッターシーケンス キヤノンEOS-1DX

ご存じキヤノンのフラッグシップ機。
ミラー連動時最高12コマ/秒の高速マシン。

3秒後からシーケンスが始まります。
縦(上>下)走りフォーカルプレーンシャッター。

とにかく動作の滞りがなく、次々に次のシーケンスに移ります。
微細なバウンドは感じますが、それを強引に静止させている感じです。

フルサイズなのでミラーは大きいですが、5D3、6Dと比べると
ミラーの構造自体が薄くなっているのがわかります。

高速連写モードですが、
1/125秒で切っているので、約10コマ/秒のペースです。

Post has attachment
★動作確認 オリンパスOM-D E-M1のダストリダクション

オリンパスOM-D E-M1の
電源オフ時におけるダストリダクション駆動のスロービデオです。
4秒後から動作が始まります。

ガクンと下に落として、ふるい落としておるのがよくわかります。
結構強引なイメージですね。
オフ時はセンサーが下に降りているのもわかります。
Wait while more posts are being loaded