Profile cover photo
Profile photo
ian ishida
447 followers
447 followers
About
Posts

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has shared content
◎へぇーサービスの紹介 その2◎
Trippiece(トリッピース) [Web]

自分で旅行プランを企画し、仲間とシェアし、みんなで旅行に行くことができるサービスです。
大勢の人数で旅行にいくことで、料金的なディスカウントや盛り上がりがマスことがありますよね。その時に使えそうですね。
まだ利用者はすくないですが、増えてきたら面白くなりそうなサービスです★

http://trippiece.com/
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment

Post has shared content
勝算を気にしている時点で、歳を取ったなぁと思う。幼稚園の頃の夢にそんな打算的な感情はなかったしね。今苦労せずに、もっと歳を取ってから今以上の苦労を出来るとも思わないし、したいとも思わない。
シリコンバレーに行こうとする若者について


最近若者の間に妙に「海外で一旗揚げるぞ!」という気運が芽生えていて、「ちゃんともののわかったおっさん達」は、「日本でしか通用しないビジネスモデルでシリコンバレーに行ってもw」「英語もろくにしゃべれないのにw」と、眉をひそめている昨今ではないかと思います。

私も全く同意見であります。
しかし、先日のトーマツさんでのセミナーで渡辺千賀さんは、
「成功するかどうかなんて、やってみなきゃわからないんだから、来たけりゃ来ればいい!」
というお考えでした。

言われてみると これは、「オラ東京さ行ぐだ!」と言ってる若者を、
「お前訛ってっから」
「東京は生き馬の目を抜くところだ」
「村での経験は東京では通用しねえぞ」
と言って村に引き止めようとする おっさんの考えと同じじゃないかと思って、ちょっと反省。
村で考えてたプランが東京に行ってから通用するとは思えなくても、東京へ行ってから学習して吸収するものがゼロではないだろうし。ベンチャーのビジネスプランなんて、どうせ当初から変わるんだし。東京で成功した人の中には、そうやって地方から出て来た人も多いかと思います。

もちろん全員が成功するわけじゃないし、全員が失敗するわけでもない。
その確率が青森から出て来たら低いのかどうかは、やってみないとわからないし、失うものもない人なら、やってみればいいんじゃないかという気もして来ました。
もちろん、夢破れて村に帰って来るやつらも多いでしょうけど、それもまたよし。

また、中国やインドからシリコンバレーに押しかけるやつらが、日本から行く人達より、どれくらい成算があるのか?というのも謎だと思います。

ということで、私は「体には気をつけてな。一文無しになったら、また村に戻って来いや」という村の長老モードに若干シフトすることにしました。:-)

(ではでは。)
Add a comment...

【RT願い】企画してくれる仲間が続々と集まってますー!楽しみましょー! 台湾の学生と交流しに行きませんか?10/8〜11 多謝台湾!台湾の学生と交流しよう! http://bit.ly/mPzBf2
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded