Profile cover photo
Profile photo
Hitoshi Wada
1 follower
1 follower
About
Posts

Post has attachment
モーツァルトハウスへ
ウィーン中央墓地から一旦市内に戻り、ウィーン市立公園からモーツァルトハウスへ向かいました。             市立公園          ヨハン・シュトラウス像             シューベルト像 このアパートに1784〜87年までモーツァルトが住んでいたそうです。 こ こで「フィガロの結婚」が作曲されました。モーツアルトが犬を飼っていたこと、ハイドンなど有名人が訪れたことなどが分かりました。このような立派なアパート、部屋数も多く、しかも街の中心地ではさぞ家賃も高かったことでしょう。残念ながら、内部...
モーツァルトハウスへ
モーツァルトハウスへ
wadajin.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
オペラから中央墓地へ
9月6日の行動、国立歌劇場周辺を歩いた後、南方の中央墓地へ行き再び市内に戻って北方のハイリゲンシュタットへ向かいました。          国立歌劇場の近くです。 国立歌劇場の前では、このようなスタイルで夜のオペラの勧誘中。           マーラーのサイン            R.シュトラウス オペラの前から路面電車71番で中央墓地へ。         公園のような入り口です。 32Aという区画が音楽家の墓地です。 左ベートーヴェン、右シューベルト。 ブラームスのお墓です。
オペラから中央墓地へ
オペラから中央墓地へ
wadajin.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
ヘルデンプラッツ(英雄広場)から国立歌劇場まで
2017年9月6日朝、ホテルを出て、まず地下鉄3号線でシュテファン広場からヘレンガッセへ、そして徒歩でヘルデンプラッツ(英雄広場)へ向かいました。 今日は午前中市内中心部を観光して、午後はハイリゲンシュタットへ向かう予定です。              さて、ヘルデンプラッツとはハプスブルグ家の王宮、 ホーフブルク宮殿 前の広大な広場です。宮殿自体は様々な建物の複合施設となっています。 こちらは、威容を誇る新宮殿。1938年にヒトラーが、ここのテラスでオーストリアの併合を宣言したそうです。新王宮内部は、 「エ...
Add a comment...

Post has attachment
初めてのヴィーンにて
インフォメーションでパンフレットを貰って、ヴィーンシティーカードというパスを買いました。あまりに街が大きくてどこに行けば良いか見当もつかないので、まずは地下鉄で シェーンブルン宮殿 へ。         かなりの観光客、歩け歩けでした。  あまり並ぶこともなく入場。しかし、中は団体客で渋滞、音声ガイドに従って見学して、マリー・アントワネットの前でモーツァルトがピアノを弾いた部屋などを見ることが出来ました。   庭園も見事、時間があれば日本庭園も見たかったです。 丘の上には、グロリエッテという記念碑があり、ここ...
初めてのヴィーンにて
初めてのヴィーンにて
wadajin.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
ヴィーンへ
2017年9月4日、ミュンヘンに帰る次女と別れて、ヴィーンへ向かいました。 意外なことに、初めてのヴィーン訪問です。ペルチャッハからヴィーンまでは特急で約4時間、オーストリア南東部の山地を走り抜けます。 こじんまりとしたペルチャッハの駅。 オーストリア国鉄の特急は、Railjet の名称でエコノミー、ビジネスと座席の等級も飛行機のようでした。 座席の上には、ここを指定した旅客の乗車区間が表示されています。昔は車掌さんが紙切れを挟んで行ったものですが。        途中見かけた、ちょっとローカルな車両。 中央...
ヴィーンへ
ヴィーンへ
wadajin.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
ブラームス国際コンクール見学へ
さて、プラハからミュンヘンへ戻った翌日の2017年9月3日、早起きして、オーストリア南東部 ケルンテン州 のヴェルター湖畔にある保養地、ペルチャッハへ向かいました。ミュンヘンから鉄道で約4時間、ザルツブルクを通ってさらに山中を南下します。車窓から見える高い山々にはすでに雪が積もっていて、寒々とした眺めです。ペルチャッハは、東はすぐスロヴェニア、南はイタリアという位置にあります。 今回訪問の目的は、次女が参加する第24回ブラームス国際コンクールを見学するためです。 ブラームスで町おこし 1877年にブラームスが...
Add a comment...

Post has attachment
プラハ小旅行⑦鉄道
チェコは鉄道の国、決して広くない国土に網の目のように鉄道網が張り巡らされています。また、魅力ある車両の数々を見ることが出来ました。いつか必ず、鉄道に乗りに来ようと思います。 プラハ中央駅にて。ちょっと日本のキハに似ているディーゼルカー・これが一番魅力的な列車でした。 車内 こちらもディーゼル・カー     シティーエレファントという名の2階建て通勤列車                         長距離列車 疾走するトラム       トラムの線路を走る不思議な作業車
プラハ小旅行⑦鉄道
プラハ小旅行⑦鉄道
wadajin.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
プラハ小旅行⑥
帰路、ミュンヘンまでは再びプラハ中央駅からDB IC BUSを利用します。プラハ城からトラムで旧市街に戻って、 発車時刻までもう一度旧市街を歩くことにしました。 昼間のディーン教会                    天文時計 ヤン・フス像         後期ゴシック様式の建築、火薬塔   聖ニコラス教会(聖ミクラーシュ教会) プラハ市民会館            市民会館の前のヒベルニア劇場 旧市街広場の近くにある、オーガニックスキンケアのお店 ボタニクス 、店内は手作りの石鹸の匂いが漂っています。お土...
プラハ小旅行⑥
プラハ小旅行⑥
wadajin.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
プラハ小旅行⑤プラハ城へ
        プラハ城正門 正午少し前にプラハ城正門へ到着しました。この中に大統領府もあります。ちょうど12時に衛兵交代のセレモニーがあるので、すごい人だかりです。 戦う巨人たちの像が向き合う正門、その奥第1の中庭と第2の中庭をつなぐマティアス門との間に整列した衛兵が見えます。 約30分のセレモニーの間、城への入場は出来ません。そして、終わるやいなやこれだけの人たちが入り口へ押しかけます。また、2014年にはなかったセキュリティーチェックがあり、さらに待つことになりました。 城内の 聖ヴィート大聖堂 へ、ゴ...
Add a comment...

Post has attachment
プラハ小旅行④ストラホフ修道院など
9月2日、雨はすっかり上がって対岸のプラハ城が美しく望まれます。 さて、ホテルをチェックアウトして、 カレル橋 へ向かいます。 橋のたもとには16〜18世紀に建てられたヨーロッパ最大の複合建築・バロック様式のクレメンティヌムがあります。図書館が有名、コンサートも開かれるそうです。中をちょっと覗きました。 カレル橋、旧市街側の橋塔、この上からの眺めは素晴らしいそうですが、今回は割愛。 橋の上は、観光客のほか大道芸やミュージシャンなど、すごい賑わいです。 旧市街側を振り返ると                  橋...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded