Profile cover photo
Profile photo
サトウハヤト
2 followers
2 followers
About
ハヤト's posts

Post has attachment
UDA9月ゲーム会(2015/09/26)
月1のペースで毎月開催している土曜日のクローズ会でプレイできたタイトルの感想です。 見事KDJに輝いたペリカン&プフィスターの“ ブルームサービス ”。 “魔法にかかったみたい”から継承されたトリックテイクのマストフォローさながらのメカニクスと“強気/弱気”という強弱二段階あるアクション。このふたつをうまく融合させることで本作ならではの妙味を産み出すことに成功しているのが非常に印象的。 ボード上の状況をよく分析した後に、他人の動向やリターンを考慮した最適な行動などを考えたうえでのアクションプロットの悩ましさ(...

Post has attachment
シュリンクを斬る!㊶ “ネプチューン(Neptune)”の巻
ディルク・ヘンが昨年のエッセンにて発表した新作“ネプチューン”の箱を開けたのでこちらでレポートします。 もはやすっかりお馴染みとなったクィーンの大箱です。 しっかりシュリンクがかかってます。 それではシュリンクを切ります。 ズブズブ… できた切れ目からシュリンクを剥がします。 バリバリ… ムシャムシャ… はいシュリンクを取り払いました。 作者ディルク・ヘンのクレジットと真っ赤なタイトルロゴ。 お馴染みクィーンのロゴも。 仕様の表記。おやドイツ語のみ? ボックス裏面。 作者やアートワーク担当者のクレジットが。 ...

Post has attachment
UDA祝日ゲーム会 (2015/02/11)
11日(水)の建国記念の日に“祝日ゲーム会”ということで4人で自宅ゲームスペースにてクローズゲーム会を開催しました。 プレイできたタイトルについて簡単な感想をこちらにアップしておきます。 “ロングホーン”(ブルーノ・カタラ/ブルー・オレンジ/2014年) カタラによる2人用の完全情報型、つまりアブストラクトの近作です。昨年のゲームマーケット2014秋、テンデイズゲームズブースにて買い求めた物を今回初めてプレイしました。 舞台は1870年のテキサス、2人のプレイヤーが無法者としてより多くの牛や金塊の獲得を目指し...

Post has attachment
UDA祝日ゲーム会 (2015/02/11)
11日(水)の建国記念の日に“祝日ゲーム会”ということで4人で自宅ゲームスペースにてクローズゲーム会を開催しました。 プレイできたタイトルについて簡単な感想をこちらにアップしておきます。 “ロングホーン”(ブルーノ・カタラ/ブルー・オレンジ/2014年) カタラによる2人用の完全情報型、つまりアブストラクトの近作です。昨年のゲームマーケット2014秋、テンデイズゲームズブースにて買い求めた物を今回初めてプレイしました。 舞台は1870年のテキサス、2人のプレイヤーが無法者としてより多くの牛や金塊の獲得を目指し...

Post has attachment
UDA祝日ゲーム会 (2015/02/11)
11日(水)の建国記念の日に“祝日ゲーム会”ということで4人で自宅ゲームスペースにてクローズゲーム会を開催しました。 プレイできたタイトルについて簡単な感想をこちらにアップしておきます。 “ロングホーン”(ブルーノ・カタラ/ブルー・オレンジ/2014年) カタラによる2人用の完全情報型、つまりアブストラクトの近作です。昨年のゲームマーケット2014秋、テンデイズゲームズブースにて買い求めた物を今回初めてプレイしました。 舞台は1870年のテキサス、2人のプレイヤーが無法者としてより多くの牛や金塊の獲得を目指し...

Post has attachment
UDA土曜ゲーム会 2015年1月 (2015/01/24)
自宅1階のゲーム倉庫&プレイスペース“UDA”で毎月開催しているクローズド(といっても参加希望者は随時募集しておりますがw)ゲーム会の久々のレポートです。 11月と12月にもいつものように開催していたのですが(エッセン新作の数々をメインに消化できました)、忙しさにかまけて更新していなかったので中2か月空けて、ということになりますが、今月分はいつも通りの感じでプレイしたタイトルについて簡単な感想をこちらに書き留めておきます。 “フレッシュフィッシュ新版”(フリーデマン・フリーゼ/2Fシュピーレ/2014年) ま...

Post has attachment
越前市(福井)ボードゲームの会 1月ゲーム会(2015/01/11)
主催を務めるゲーム会への参加で今年初のゲーム会参加となりました。 プレイできたタイトルについて簡単な感想をこちらにてまとめておきます。 “ヤバラス”(キャメロン・ブラウン/ネスター・ゲームズ/2009年) スペインに居を構え、秀逸なアブストラクトを発信し続けるネスター・ゲームズ。代表作といってよい2人用アブストラクトからこの日は開始。 ルールは端的にいえば三目作ってしまってはいけない四目並べ。つまり二目と間1マス空けて一目のラインを作るのが目的です。 シンプルながら奥深く味わい深い、また非常に分かりやすいアブ...

Post has attachment
シュリンクを斬る!㊵ “枯山水(かれさんすい)”の巻
新品のボードゲームを開封しコンポーネントを紹介するこの企画、今回で遂に40タイトル目となりました。 今回は日本人デザイナーによる日本の出版社からの日本固有の文化をテーマにしたまさに純日本製ボードゲームともいえる魅惑のタイトルを取り上げます。 ゲーム本体近影。淡く渋いボックスアート。 それではシュリンクに刃を入れます。 ズズズ…。 切れ目からシュリンクを破っていきます。 まずは裏面をバッサリ。 表にまわりシュリンクを取り払います。 シュリンクを剥がしました。 毛筆体で書かれたタイトル。 デザイナーもアーティスト...

Post has attachment
シュリンクを斬る!㊴ “パナマックス(PANAMAX)”の巻
新品のボードゲームの封を切り、中身を紹介するこの企画、今回で39タイトル目となりました。 今回は先日のゲームマーケット2014秋で国内流通が開始されたばかりのピカピカの新作、メサボードゲームズ社の“パナマックス”の箱を開けます。 シュリンクを被ったゲーム本体。おなじみコスモス12インチ正方形サイズです。 シュリンクを破る前にまずは裏面に貼付されている和訳ルールブックを剥がします。 ビーッとセロテープを剥がす作業。 ビリビリと慎重に剥がしていきます。 まずはルールブックをはがしました。 ではいよいよシュリンクに...

Post has attachment
ゲームマーケット2014秋 “戦利品”を中心にした参加報告
今年も年に3回のテーブルゲームの祭典、ゲームマーケットに今回も参加してきました。 今回はいわゆる“戦利品”をメインに紹介することで参加記録としてこちらのブログに記事を残しておきたいと思います。 (※ほぼ購入したゲームを中心にしたタイトルのリストアップになっており、多くの方にとっては無味乾燥な内容かもしれませんが、興味のある方は是非ご一読ください。) まずは商業/同人の別なく“国内のパブリッシャーから出版されたもの”という括りですべて並べてみたのがこちら。 細かく見ていきましょう。 写真左上からタイトルを紹介し...
Wait while more posts are being loaded