プロフィールのカバー写真
プロフィール写真
心のための習い事
フォロワー 4 人 -
幸せ+のスキルアップ 毎日の生活に幸せ+のお手伝い!!
幸せ+のスキルアップ 毎日の生活に幸せ+のお手伝い!!

フォロワー 4 人
基本情報
心のための習い事 さんの投稿

投稿に添付ファイルが含まれています
「コミュニケーション上手への第一歩5」

コミュニケーションの要素


コミュニケーションは言葉で行うものだと思っている方は少なくないようです。


ですから心地よいコミュニケーションを実現するために、「上手に話そう」「何を話したらいいんだ?」と言葉選びになってしまう人も多いのです。

しかしコミュニケーションを作り上げている要素は言葉だけではありません。

言葉以外の要素をふんだんに使ってコミュニケーションを行っているのです。


もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ

投稿に添付ファイルが含まれています
「食べ物と性格2」

心のバランスと伝達物質

脳は「興奮させる伝達物質」と「抑制する伝達物質」とのバランスによって興奮状態が適度に保たれています。

伝達物質は特定のアミノ酸から作られます。

その供給が不十分だと「興奮させる伝達物質」あるいは「抑制する伝達物質」のどちらかに不足が起きてしまいます。

脳の興奮状態が不安定になると不安、パニック、うつ病、ムードスイング(気分の激変)など心の病がになってしまいます。

もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ

投稿に添付ファイルが含まれています
「動的体幹トレーングの種目紹介23」

バランスボール・バック・アーチ

バランスボールを使ったバックアーチです。

バランスボールの上でにうつ伏せに寝転んだ状態から、バランスボールを移動させながら腰から背中を反らせます。

通常のバックアーチより開始姿勢をリラックスさせやすく、ストレッチ効果があります。


もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ

投稿に添付ファイルが含まれています
「意味から考えるノンバーバル7」

反対に言えば、相手を観察してなだめ行動を見つけることができれば、相手の心の中に起こった、怒り、不快、緊張などの感情に気づくことができるようになり、その気持ちが強くなる前に労うことができるようになります。

不必要なトラブルを予防することにつながりますし、ひいては相手の考えや価値観を上手に理解し、良好な人間関係を構築することにもつながります。

特定の質問や意見に対する反応に、そのような行動が現れるかをチェックしてみましょう。

もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ

投稿に添付ファイルが含まれています
「疲れが取れやすい体を作ろう21」

効果的に疲れをとる入浴

上手に疲れを解消するために湯船にシッカリつかる習慣を身につけましょう。
「疲れがとれない」と嘆いている人の多くは、湯船につからずシャワーだけで済ませてしまっているようです。


夜の入浴時にゆっくり湯船につかることで副交感神経の働きが活発になります。
副交感神経の働きが活発になると筋肉が弛緩して柔らかくなって血流が良くなるので、疲労物質が筋肉から流れ出して疲れがとれやすくなります。


さらに体が眠るための準備を始めるので、睡眠の質が良くなるので体の修復能力や免疫力が向上します。
入浴することで汗もたくさんかくので、ストレスの緩和にもつながります。


夜シャワーだけで湯船につからない人は、副交感神経を活性化しにくくなってしまうので、交感神経過剰の状態で夜を過ごすことになってしまいます。

そのため睡眠の質が悪くなるのでして回復力や免疫力が低下するとともに、汗をかく量も少なくなってしまうのでストレスもたまりやすくなるのです。



もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ

投稿に添付ファイルが含まれています
「ステージ6の2」

ダイエットを成功させるために目標体重を見直しましょう。

目標体重を見直すために、希望体重を目標とした理由を振り返って確認することが役に立ちます。


希望体重を目標とした理由を振り返えることで、希望体重まで減量することが合理的かどうかについて考えることができます。


希望体重が合理的に決まっていない人がとても多いのです。

それについて改めて検討することで、その体重を達成することがとても困難で、本当の目標を叶えるために、それほどまでの苦痛に耐える必要がないことを受け入れられるようになる可能性が高いのです。


もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ

投稿に添付ファイルが含まれています
「アクティベーションスキルの基盤セルフカレッジ1」

人生の質を自分で決める

* 「暑いなぁ」といっても涼しくならない
* 「出社時間が早すぎる」といっても時間は変わらない
* 「最近いいことないなぁ」と愚痴を言っても、良いことは起きません
* 「嫌な奴」といっても相手は良い人にはなりません
* 「上司の一言さえなければ自分の機嫌が良くなるんだ」と言っても、上司の
態度は何も変わりません
* 「失敗したらどうしよう」と予測してもパフォーマンスが低下するだけです

自分では変えられないもの、コントロールできないものに、自分のパフォーマンスの質を決定する「心の状態」を操られてしまう生き方をすれば、自分の人生は自分のものではなくなてしまいます。



もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ

投稿に添付ファイルが含まれています
「食べ物と性格1」

脳と心の関係

心は脳という臓器の働きで生まれます。

心は脳で作られた電気信号が神経回路を通って体パーツに信号を出して動かし、その感覚を脳にフィードバックすることで感じるのです。


つまり心の不調は脳の働きの不調ともいえるのです。
ですから、心の不調を考える場合、脳の働きの不調の原因を考える必要があるのです。


もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ

投稿に添付ファイルが含まれています
「コミュニケーション上手への第一歩4」

挨拶のポイント

相手に安心・安全を感じてもらうことが目標です。
挨拶を通して「敵意がないこと」「あなたを信用していること」「相手と有効な関係を作りたいこと」などを伝える意識を持ちましょう。


日本では頭を下げ目線を下にやることで相手に対して無防備な状態をつくります。


よく「コミュニケーションの基本は挨拶だ」といわれますが、それは挨拶を通して相手に「私は、あなたを傷つけるつもりはありませんよ」「私はあなたに好意があり仲良くなりたいのです」という気持ちを相手に伝えることで、安心して話ができる状況を作るという目的があるからです。

挨拶が「礼儀」だというのは2次的な理由です。



もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ
他の投稿を読み込んでいます。お待ちください