Profile cover photo
Profile photo
宗田マタニティクリニック
About
宗田マタニティクリニック's posts

Post has attachment
【摂食障害の妊娠をどうする?】 妊娠30週を過ぎて、胎児の成長があまりよくない。母体もつわりの時期から嘔吐が続いていて体重増加も40キロから44キロで止まっている。 まあ、妊娠中に、母の体重が、まったく増えない方がいても、お産では3000グラムの子を産むこともあるから、母の体重増加は、それほど心配しないけれど、胎児の成長は、気になります。 早めにNICUのある施設への転院も考えたが、入院して食事の見直しなどを行うことにした。 そこで驚いたことは、嘔吐は、つわりや胃の状態ではなくて、摂食障害だったのです。…

Post has attachment
再び今西康次先生の投稿です。 これは産後3ヶ月目の母体の母乳のタンパク質と脂質の状態を測ったデータですが、これは授乳する母親の栄養状態で、母乳の質は変わるということを表しています。 赤ちゃんは母乳を選べない。 少しでもいい母乳を赤ちゃんにあげるために、お母さんがタンパク質と脂質をしっかり補給することはとても大切な事なのです。 自分の食べてるものが赤ちゃんのエネルギーになることを想像して、産後のママや妊娠中のプレママは食としっかり向き合ってくださいね!

Post has attachment
沖縄徳洲会の小児科医、今西康次先生が離乳食の見直しプロジェクトに参加しているそうです。 アメリカ小児科学会の論文によると、母乳育児の赤ちゃんは4ヶ月目で既に鉄不足に。 離乳食前から赤ちゃんが鉄不足になってしまうのなら、母乳の質を高めるために、母親がしっかり鉄不足を補うために肉食をすることが大切です。 出産後のママの母体は、妊娠、出産で既に鉄を大量に消耗しているのだから、他の人以上に、鉄をしっかり取らなければいけないのです。 赤ちゃんの為に、まずはママの栄養をしっかり確保してくださいね!

Post has attachment
【St.Valentine’s day 低糖質チョコレート 限定販売のお知らせ】         カサブランカ企画の関口です。 今年もバレンタインの季節がやってきました。 大切な人への身体に優しい低糖質チョコレートはいかがでしょうか。 宗田マタニティクリニックのパティシェさんが心を込めて作りました。 薔薇のモチーフが大人っぽいチョコレート。 鮮やかな赤のパッケージで、素敵なバレンタインを演出します。 〜ガトーショコラ・ローズ (1箱16個入り)〜…

Post has attachment
【おかゆから始めない離乳食のススメ】 産後のお母さんたちに是非知ってほしい。 離乳食は野菜やおかゆから、は決して赤ちゃんの成長に良くないことを。 赤ちゃんの成長に必要なのはタンパク質、良質な脂質、鉄などのミネラルです。 大切な赤ちゃんを守るために、離乳食をもう一度見直してみませんか? http://blog.goo.ne.jp/okada_kids_clinic/e/06a3f6d7809786e714c846821f22366d

Post has attachment
【帝王切開後の第二子妊娠でもちゃんとした妊娠管理で自然分娩が可能です】 帝王切開で子供を産んで次の出産を経膣分娩で出産することを、帝王切開後の普通分娩VBAC(ブイバック)(Vaginal birth after cesarean section)と言い、最近の日本では帝王切開したら、次は、子宮破裂の恐れがあるためにほとんどの病院で、経膣分娩は、勧められず帝王切開をしたら次も帝王切開という流れになっています。 ですから、VBACに成功する妊婦は少ないのです。…

Post has attachment
毎週火曜日フジテレビで19時から放送中の「クイズやさしいね」に宗田ビューティースタジオが紹介されました。 宗田マタニティクリニックでは、当院でご出産された妊婦さん全員に、隣接する宗田ビューティースタジオでのエステを退院までに無料で一回ご提供、そして退院後使える無料チケットを一枚差し上げています。 エステは脱毛、フェイシャルケア、アロママッサージなどから選ぶことができます。…

Post has attachment
【安産は妊娠中から決まっている】 宗田です。 今日は2人の方がお産でした。 来院して4-5時間で生まれて、安産で、お元気です。 二人とも妊娠中の体重増加はそれぞれ3キロと6キログラムでしたが赤ちゃんの体重は、どちらも3000グラムちょっとでした。   母親の体重が増えていてもいなくても必要な栄養をしっかり取っていたら、赤ちゃんは大きくなります。 意外にも体重増が20キログラムでも赤ちゃんは2500グラム以下だったりします。 この場合は、お産は長くかかります。…

Post has attachment
今月当院でご出産された桃薗さんの旦那様の投稿です。 妊娠をした奥様と一緒に、栄養を見直し、食事を変えた結果、手にしたものは奥様の安産と家族の健康です。 人が健康になるお手伝いと新しい生命をこの世に産み出すお手伝いを出来ることは、わたしも医師としてとても誇らしく、幸せなことだと思っています。

Post has attachment
2年前の今日、私は京都の病態栄養学会で胎盤に極めて高濃度のケトン体が存在することを発表しました。 ここからケトン体の快進撃が始まり、この年の11月に 著書『ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか』が出版されました。 胎児はこの世に産まれてくるまで、ケトン体で生きています。 妊婦さん達は安心して、ケトン体を利用して、大切にお腹の赤ちゃんを育ててくださいね。 妊娠糖尿病と診断され中絶を勧められた妊婦さん達も当院で無事に赤ちゃんを出産している例が沢山あります。…
Wait while more posts are being loaded