【これは楽しみ! もうすぐはじまる展覧会】

姫路市立美術館「美術館に行こう! ディック・ブルーナに学ぶモダンアートの楽しみ方」

2013年6月22日(土)〜9月1日(日)

〔見どころ〕※展覧会公式ホームページより抜粋

ミッフィー(うさこちゃん)」の生みの親であるディック・ブルーナは、オランダの絵本作家であり、グラフィックデザイナーです。シンプルであたたかみのある線と「ブルーナカラー」と呼ばれる6つの色により描かれた彼の絵本は、世界中で愛されています。

本展覧会では、「見てみよう」「考えてみよう」「作ってみよう」という3つのテーマにより、美術作品(モダン・アート)やブルーナの世界をご紹介します。

ミッフィーと一緒に楽しめる、魅力いっぱいの展覧会です。

第1部 見てみよう
1997年に出版された『うさこちゃん びじゅつかんへいく』はミッフィーが家族と一緒に美術館を訪れる絵本です。そこには、幼い子どもが初めて本物の美術作品に触れた驚きと感動が描かれています。第一部では、この物語の内容に沿って、さまざまな切り口から当館所蔵のモダン・アート作品の楽しみ方を紹介します。

第2部 考えてみよう
貴重な鉛筆画やシルクスクリーン、ペーパーバック(文庫本)やポスターなど、ブルーナ作品の数々を展示します。彼がどのように試行錯誤しながら独特の技法やスタイルを生み出したのか、その制作の秘密に迫ります。

第3部 作ってみよう
ブルーナがどのように絵本を作るかを体験できる「いろがみワーク」やミッフィーの耳型を制作する「みみmiミッフィー」のコーナーがあります。
※「いろがみワーク」はいろがみでミッフィーの絵に色をつける制作型ワークシートです。
Shared publicly