【これは楽しみ! もうすぐはじまる展覧会】

三井記念美術館「大妖怪展 —鬼と妖怪そしてゲゲゲ—」

2013年7月6日(土)〜9月1日(日)
 前期:7月6日(土)〜8月4日(日)
 後期:8月6日(火)〜9月1日(日)

〔見どころ〕※展覧会公式ホームページより抜粋

中世から近世までの日本の妖怪変化の歴史を、能面・絵巻・浮世絵・版本などの優品でたどり、現代の妖怪を代表する水木しげる氏の「ゲゲゲの鬼太郎」へとつながる妖怪の系譜を見渡します。能面では鬼神や男女の怨霊の面。絵巻に見られる鬼や天狗。動物が擬人化された妖怪や、楽器や調度品が擬人化された妖怪など、百鬼夜行の世界。イメージ豊かな妖怪の世界にご案内します。
Shared publicly