【早めに行こう! 開催中の展覧会】

「杉山寧とポーラ美術館の絵画」ポーラ美術館

2013年3月1日(金)〜7月7日(日)

〔見どころ〕※展覧会公式ホームページより抜粋

ポーラ創業家2代目鈴木常司が戦後、1950年代末から40数年をかけて収集したポーラ美術館のコレクションは、戦後の個人コレクションとしては質量ともに日本最大級の規模を誇ります。鈴木常司は寡黙な人物であったため、コレクション生成の経緯や美術作品について語った言葉は多くありません。開館以来、私たちはコレクションと対話しつつ、この寡黙なコレクターの美を求めるまなざしに迫ろうと努力してきました。開館10周年を記念して開催された本展では、鈴木常司の知られざる人物像とその美意識に関わるコレクションや手がけた文化事業を、12のテーマにより全展示室でご紹介します。
Shared publicly