【早めに行こう! 開催中の展覧会】

東京都写真美術館「世界報道写真展2013」

2013年6月8日(土)〜8月4日(日)

〔見どころ〕※展覧会公式ホームページより抜粋

昨年1年間に撮影された写真を対象にした「世界報道写真コンテスト」が、今年も2月にオランダのアムステルダムで開かれました。56回目の開催となる今年は10万3481点の応募作の中から55点が「現代社会の問題」「自然」「日常生活」など9つの部門で入賞を果たしました。応募人数は5666人(124の国と地域)に上り、入賞者は54人でした。同コンテストの入賞作品を展示する「世界報道写真展2013」が今年も6月から8月にかけて東京都写真美術館で開かれます。世界報道写真大賞2012にはスウェーデンのポール・ハンセン氏がパレスチナのガザ地区で撮影した作品が選ばれました。イスラエルのミサイル攻撃によって殺された2歳と3歳の子どもの遺体を抱きかかえ、悲しみと怒りをあらわにしながら歩く男性たちの姿を絵画的な光の中で捉えています。問題が複雑に絡み合って出口の見えない現地の状況が伝わってくる作品です。「スポットニュース」「一般ニュース」の部ではパレスチナとシリアの惨状を写し出した作品が多くを占めることになりました。入賞者の1人、ダニエル・ベレフラク氏は東日本大震災から約1年後の昨年3月に大きな犠牲を払った岩手県の陸前高田市を取材、復興を目指す地域の人々や今も残る爪痕のすさまじさを写真にし、組写真3位に入賞しました。今回のコンテストから「スポーツ」や「ポートレイト」の部門が拡充され、より応募作品の傾向や表現を反映できるようになりました。紛争地や被災地のほかにも、国内のメディアでは日頃取り上げられない出来事や新しいニュースなど、本展でしか見られない作品がそろっています。本展は1年を通じて国外でも約100都市で開かれる世界最大規模の写真展です。
Shared publicly