【見逃し注意! もうすぐ終了する展覧会】

Bunkamuraザ・ミュージアム「現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス展」

2013年4月27日(土)〜6月16日(日)

〔見どころ〕※展覧会公式ホームページより抜粋

故郷
1936年にスペインのラ・マンチャ地方の町トメリョソに生まれたアントニオ・ロペスは、13歳のときに叔父の薦めでマドリードに出て、翌年から名門サン・フェルナンド美術アカデミーにて絵画を学びます。初期の作品にはシュルレアリスムの影響も見られます。また一方で、この時期のロペスの作品には自らの「故郷」を想起させるモチーフが数多く描かれます。叔父であり、画家であったアントニオ・ロペス・トーレスや、その友人のフランシスコ・カレテロらの肖像は、ロペス自身の故郷を思うモチーフとして取り上げられました。

身近なモチーフ ——家族と室内、静物、植物——
ロペスは自らの実生活から離れることなく、あくまでも日常の世界にモチーフを求めています。あるときは家族の肖像であったり、あるときは洗面台や冷蔵庫など室内の事物であったり、ありふれたものを淡々と表現しています。画家にとって絵画を制作することは日常であり、そこには何の気負いもなければ衒(てら)いもありません。等身大の画家によって描かれたそれらの作品には、画家自身の生の軌跡が刻み込まれているのです。

マドリード風景
ロペスは自らが居住するマドリードという都市に魅了され、1960年代初め頃から都市そのものをとらえるようになっていきます。長い年月をかけて繰り返し描かれたそれらの作品は、マドリードに対するロペスの愛情表現でもありました。時に10年を越える年月をかけ、刻々と変化していく都市の変化をもキャンヴァスに刻んでいくことで、描かれた風景は生き物のような存在感と時間性を獲得します。ロペスが「写真とは無縁だ」と言い放ち、単にリアリズムの画家という枠におさめることができない理由が、これらの作品にあるのです。ある時は丘の上から鳥瞰的に都市をとらえ、またある時は《グラン・ビア》のように低い視点からとらえるなど、ロペスは様々な角度からマドリードを描いていきます。
Shared publicly