Profile cover photo
Profile photo
中国満州
1 follower
1 follower
About
Posts

Post has attachment

Post has attachment
平成日本紀行(186) 美保関 「国引き伝説」
 平成日本紀行(186) 美保関 「国引き伝説」   . 神話や伝説の多い島根半島 (Wik) 島根半島は「神が海の向こうから引っ張ってきた」という「国引き伝説」がある・・!、そして遠流の島・隠岐の島諸島と竹島は・・?  、 これは時空を超えた伝説か・・!?、 「 島根半島は神が海の向こうから引っ張ってきた 」という「 国引き伝説 」がある。  これは、「 記紀 」(古事記、日本書紀)には記録されていないが、「 出雲風土記 」にのみ登場するものらしい。  「出雲風土記」の記載内容とは八世紀初頭、大和朝廷が全国...

Post has attachment
平成日本紀行(186) 美保関 「美保関灯台」
  平成日本紀行(186) 美保関 「美保関灯台」    . 写真:雄大な展望台を持つ美保関の地蔵崎 美保関灯台 美保関の灯台 へ向かう。 岬のほぼ突端辺りから斜面を登ると、良く整備されたさっぱりした園地があり地蔵崎園地とあった。  海上交通の要衝であったこの地で、航海の安全を祈ったお地蔵様が岸壁や波打ち際に多数奉納されるようになったことから「 お地蔵様がある岬 」ということで中世以降から「 地蔵崎 」と呼ばれるようになったと言われる。  ここからの眺望は素晴らしく、日本海の雄大な眺めが一望でき、はるか沖に「...

Post has attachment

Post has attachment
平成日本紀行(186) 美保関 「美保神社」
  平成日本紀行(186) 美保関 「美保神社」    . 美保神社参道鳥居、 豪壮な拝殿と奥に本殿 美保神社は、事代主神(大国主の息子)である「えびす様」を祀る・ ・、 下って、 美保神社 へ参った。 美保漁港のすぐ前に参道があり、第一、第二と二本の鳥居が迎え、本殿はこの奥の森の中に鎮座していた。  民謡にも歌われる「関」というのは、宍道湖と中海を抱える島根半島の東端、神話で有名な、ここ「 美保関 」のことで、正面の美保漁港、美保湾は 日本の鯛の三大産卵地 の一つとさる。  鯛と言えばエビス様に通じ、タイ(...

Post has attachment
平成日本紀行(186) 美保関 「関の五本松」
 平成日本紀行(186) 美保関 「関の五本松」    、 堺水道に架かる境水道大橋 関の五本松、「あとは伐(き)られぬ夫婦松」・・  、 悠々とした「 境水道 」際を行く。 この水道は島根県と鳥取県の県境でもある。 この外海寄りに美事な橋が架かっている、「 境水道大橋 」である。 境港市と島根県美保関町を結ぶ大橋で長さ700m、高さ40mあり、橋下には大型船や漁船が賑やかに往来している。  外海の美保湾へ出ると、さすがに海の色が違って見える、鮮やかに濃いのである。  このまま島根半島の海岸線を行くと、鄙びた...

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
*平成日本紀行(186) 美保関 「昭和の決断」 *
 平成日本紀行(186) 美保関 「昭和の決断」    、 島根半島と中海(中央が大根島 衛星写真・wiki) 「昭和の決断」、中海の大干拓事業中止・・!  、 国道431から 中海 サイドを経て島根半島の「 美保関 」へ向かう。  中海は地図上を見ると 大根島 (だいこんじま)、 江島 と二つの島が浮かぶ。  この二つの島が「八束町」(やつかちょう)を形成している珍しい町域であった。(2005年松江市と合併)  更に、車窓からも眺められるが長大な堰堤(堤防道路)で島の間と湖岸を結んでいるのである。 厳密に言...

Post has attachment
平成日本紀行(185)玉造 「三種の神器」
 平成日本紀行(185)玉造 「三種の神器」   . 因みに、「 三種の神器 」について  、 三種の神器(サンシュノジンギ)とは、瓊瓊杵尊(ニニギ)が天孫降臨の時に、天照大神から授けられたとする鏡、剣、玉を指す  。 三種の神器は、日本の歴代天皇が継承している宝物である。  神器とは神の依代(よりしろ)を意味する。 天皇の即位に際し、この神器の内、鏡と剣のレプリカ及び勾玉を所持することが日本の正統なる帝として皇位継承の際に代々伝えられている。 三種の宝物は 八咫鏡 (ヤタノカガミ)、 八尺瓊勾玉 (ヤサカニ...
Wait while more posts are being loaded