Profile cover photo
Profile photo
中国満州
1 follower
1 follower
About
Posts

Post has attachment
平成日本紀行(229) 糸魚川 「姫川」
平成日本紀行(229) 糸魚川 「姫川」 . 白馬連峰を望む姫川と大糸線 (提供 http://tetsurohyakkei.web5.jp/tetsurohyakkei.gallery03top.html さん) 「姫川」は、フォッサマグナの西縁、いわゆる糸魚川・静岡構造線に沿って白馬村から糸魚川市まで流れている。 地球規模からいうと、北アメリカプレートがユーラシアプレート(主にアジア・ヨーロッパ大陸の殆どをで、全陸地面積の37%を占めるという)とぶつかり合い、地下深くに潜り込むというの活動が、この姫川流域...
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
平成日本紀行(229) 糸魚川 「天津神と出雲神」
平成日本紀行(229) 糸魚川 「天津神と出雲神」 .   天津神社の「けんか祭り」 天津神社と奴奈川神社のことであるが 、  奴奈川姫に言わせれば、憎き相手の大国主であるが、所詮は夫婦の契りを交わし、愛児お一子をもうけているのである。  その為もあって奴奈川神社では初め主祭神の奴奈川姫だけであったが、後に夫君の大国主を相神として祭っているのである。  つまり、奴奈川姫の支配する「越の国」は、この後は出雲が統治する国の領域になる。  一般に、古事記に描かれる日本神話では、日本国土は大きく高天原系(天津神・大和...
Add a comment...

Post has attachment
平成日本紀行(229) 糸魚川 「奴奈川姫と翡翠」
平成日本紀行(229) 糸魚川 「奴奈川姫と翡翠」 . 奴奈川神社と天津神社の各本殿 親不知ピアパークを横に見ながら、青海から姫川を渡り「糸魚川」に着いた。  思えば昨年秋、日本周遊の旅へ出発した折、先ず、東日本を巡る旅程でここ糸魚川より日本海を北上して行ったものである。  そして遂に今日この日、西日本周遊を終えて同じ地に立ち、日本一周を完遂したのである。  先ずは、自分自身に「オメデトウ」といってやりたい。 ここからは内陸・松本へ通じる、所謂、往時の「塩の道」と言われた千国街道(糸魚川から言うと松本街道、松...
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
平成日本紀行(228) 親不知 「親不知・子不知」
 平成日本紀行(228) 親不知 「親不知・子不知」  . 写真:国道沿いに建つ「親不知親子の像」 写真:旧国道(親不知の見所) 建設当時岩壁に彫られた文字「如砥如矢」 写真:現在の親不知の景観 市振から天険トンネルを抜けると国道沿いにひっそりとした、その名も「 天険 」というドライブインがあった。  営業しているのか、いないのか全く明らかでない休憩所であるが、一角に「親子が肩に荷物を背負って旅路を行く像」が立っている。  そう、ここは天下の険「 親不知子不知 」の中枢の地である。 無断で車を置かせてもらい、...
Add a comment...

Post has attachment
平成日本紀行(227) 越中境 「市振の関」
 平成日本紀行(227) 越中境 「市振の関」  . 市振の関(2枚) 国道8号線を東進するに従って、屏風のような山塊が迫ってくる。  後立山連峰・白馬岳の支脈が北方へ延びて日本海に落ちているのである。 そのため各交通路である国道、高速道、北陸本線等は海側の縁へ追いやられ、狭い区域を接近しながら通っている。 海の端に「 越中境 」という地域があり、往時は加賀藩最大の関所があった処である。  越後に通じる親不知の難所を控え、交通の要所を押さえるように国境に設置されたもので、以前、戦国期の抗争には上杉や椎名、佐々...
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded