Profile cover photo
Profile photo
Ball Small (しゅももん)
優しい喧嘩凸Cas主
優しい喧嘩凸Cas主
About
Posts

ツイキャス上での喧嘩凸で、どんなことが論点になっていたかを書き込んでいき、文章によって正確に論塾内で議論することで理解を深めていく。

Post has attachment
ツイキャスにおいて出会った詭弁についての解説
詭弁を網羅的に解説した感じになりました🎵
詭弁を瞬時に見破れば議論強者になれるはず!

Post has attachment

Post has attachment
「ならば」という論理結合子は変な感じがするが、インプットとアウトプットのある演算子と同じだよと考えて終わりにしておく。日常生活の言葉をどう論理用語で表現するかとは別の話だと考えるまでに2日を要し、さらなるモチベーションにつなげた。
PhotoPhotoPhotoPhoto
2015-12-07
4 Photos - View album

Post has attachment
慶応大の論理学(大西先生)のテキストを勉強していく。
http://researchmap.jp/jojhzytnv-1787518/#_1787518

私が勉強している様子はリンクから♪

Post has attachment
白ひげへの対策

マシンガンへの対策ということになると思うが、基本的には相手が被せてきてもそれを聞きながら被せつつ反論すればいいだけである。怖そうな声と自信満々な声に惑わされないように(笑)

リスナーがめちゃくちゃ多いので、白ひげ枠での喧嘩は正論ばかりでは対処できない可能性がある。リスナーの心情に訴える方法のほうが有効かもしれない。

実際に戦った動画はここから。
http://twitcasting.tv/kakuundoryo/movie/210856888

一般に気をつけるべきことと頂いた助言

・お互いある点では同じ仮定をおいているのに、争いに負けそうになると、その仮定を勝手にしやがって!などのように主張して終了する。(少なくともAくん、ふじ、きぬきぬに見られた)

・ローストビーフ:冷静に相手をおちょくる方法を身につけよ! 相手のことを一時的に肯定しつつ、間違いといってあげない!

・ローストビーフ:80人のリスナーがいて、リスナーがわかりにくいと感じる説明は、主が理解していないという言い訳を許容してしまう。

・メンディ:揚げ足とりと、パワー押しは、相手がやってきてからやり返したほうがいい!

・メンディ:だいたいの突っ込みは 「煽りにマジレスしてんなよカス」「比喩だよ そんなこともわかんないのかよ低脳」で返していけばええよ

M様の助言:オーディエンスに受けるたとえの表現をたくさん習得しよう。ハゲ ーー> 駅前の噴水のちかくにおるオブジェクトの頭

詭弁
A:「水が熱いとやけどするよね」
B:「この水はまあまあ熱いなぁ」
A:「手を入れたけどやけどしないよ、はい論破」


同型
A:「頼まれた買い物忘れてました」
B:「忘れるとはなに?」
A:「すぐには思い出せないことだよ」
B:「いま思い出したよね、はい論破」


同型if
A:「頼まれた買い物忘れてました」
B:「忘れるとはなに?」
A:「思い出せないことだよ」
B:「いま思い出したよね、はい論破」


詭弁の解説
本質的には、水の温度を、熱いや冷たいに単純に分けてしまうところに問題がある。水の温度はだいたい0℃~100℃まであり、文脈によって「熱い」が指している内容が異なるのに、「熱い」だけを切り出して、きてその一般化された意味が、ものと文脈における意味と違うことを使った一見論破に見える方法である。

時間的な概念を揺さぶる例(哀川が得意)


ある時間と場所を限定した説Aを主がしたとする。
凸者がその説は時代を超えて普遍性があるとは言えないので成り立たないと主張。

*時間と場所を限定した条件付きの主張に、条件外のことで反論しているのでそれは当たらない。
このような反論は、適応限界を超えた主張と言え、最低な反論であり不適当だがリスナーにはわかりづらいかもしれない。
時代を超えて普遍な説は公理と論理によって導かれるものしかありえないはずで、そのような主張のみを議論とするならばまずは実数の公理などを学習してなれるのが良かろう

・矛盾していないものを矛盾であると強弁する例

簡単にわかるリスナーは少ないかもしれないが、以下の類型の主張をする凸者がいる。

A:みかんはフルーツである。
B:ぶどうはフルーツである。
とするときに、Aという文と、Bという文はどちらも正しいとキャス主が主張するときに、
凸者がさくらんぼもフルーツであるから、キャス主の主張はおかしく矛盾しているというのである。

この主張明らかにおかしいとわかるだろうが、実際に体験した下記のような例だと少しわかりづらいのかもしれない。

主の主張:喧嘩凸者を養成するために、論理的に話す練習をしましょう。
凸者の主張:喧嘩凸には、論理的なもの以外にも、声のハリとかもある。よって、あなたが養成しているのは喧嘩凸の能力ではないから矛盾である。

読者はこれが矛盾でないことがわかっただろうか?
先の例の「みかん」が「論理的に話すこと」に相当し、「喧嘩凸の能力」がフルーツに相当することがわかればきっと気づけるはずである
Wait while more posts are being loaded