Profile

Cover photo
Takayuki Kawamoto
Attended 神戸大学大学院博士課程
Lives in Osaka
226 followers|209,256 views
AboutPosts

Stream

Takayuki Kawamoto

Shared publicly  - 
 
僕が Python でプロダクション・レベルのコードを書いたのは、某テレビ局の携帯サイトを構築した5年ほど前だった。それ以降は趣味の範囲で Python 3 系統を使っているにすぎないので、実装側の現状は分からないのだけど、まだ 2.7 をベースに説明している本は多い。ただ、Python の場合は実装側にサーバの構築から委ねられているケースも多いと思うので、好きなバージョンで組める場合もあろうかと思う。お客さんのサーバに実装する場合は、もういまや PHP 以外を選択する機会はない。
 ·  Translate
あるAnonymous Coward 曰く、Python2.7のサポートが2020年まで延長される模様(本の虫)。Python3には大いに期待していたが、非互換性以外にも問題があったらしく、遠目には3.xがデフォルトという雰囲気には見えない。例えばRaspberryPIには2.7と3.2が用意されているが、入門書の例題は2.7ベースばかり。こうなるとます...
1
Add a comment...
 
#DuckDuckGo がカレンダー表示のコマンドをローンチしている。色々なコマンドがあって便利だが、まだメインの検索エンジンにはしていない。
 ·  Translate
1
Add a comment...

Takayuki Kawamoto

Shared publicly  - 
 
三井住友さんが企業向けのオンラインバンキングに TFA(OTP)を勧めていて、当社にも通知が来ている。
 ·  Translate
1
Add a comment...

Takayuki Kawamoto

Shared publicly  - 
 
利用し始めて二か月ほど経過した。 +Dropbox と領域を共有しているので、ふだんから利用している Dropbox のフォルダのまま運用できるため、特に nCrypted Cloud があると意識しなくてもいい。但し、 Keepass Passward Safe のデータベース・ファイル(バックアップ)といった重要度の高いファイルは "Apply Privacy" で暗号化しておくとよい。

なお、nCrypted Cloud で暗号化した ZIP ファイルを別のフォルダにコピーしたり移動させても、nCrypted Cloud のアカウントで解凍しなくては開けなくなるので、nCrypted Cloud の利用をやめるときは、nCrypted Cloud で暗号化したファイルの Privacy を全て解除しておかなくてはいけない。つまり、この暗号化は ZIP ファイルを単に 7-ZIP などでパスワード付き ZIP ファイルにしたのとは違って、ベンダー依存ということになる(ZIP にパスワードを付けて暗号化するだけなら、アルゴリズムは周知なので、対応しているアーカイバ・ソフトウェアならどれでも解凍できる)。

あと、ファイルに Privacy を適用したり、適用した Privacy を解除するときは、一つ一つのファイルについて個別にしか適用したり解除できない。したがって、大量のファイルを操作するときは、いったん複数のファイルをまとめて一つの ZIP ファイルにしてから、それに Privacy を適用する方がよいかもしれない。(内容が頻繁に変わるなら、個別にやるしかないとは思うが。)
 ·  Translate
1
Add a comment...

Takayuki Kawamoto

Shared publicly  - 
 
>> 三田哲学会主催 Nick D. Smith教授講演会
講演題目:How Testimony Can Be the Source of Knowledge
日時:4月28日(月)(April 28, 2014) 16:30~18:30
場所:慶應義塾大学三田キャンパス 東館G-Sec Lab
(Keio University, Mita Campus, East Building G-Sec Lab)
使用言語:英語

講演要旨
Much of what we regard ourselves as knowing came to us from the testimony of others.  But recently epistemologists have debated just how testimony can be a source of knowledge at all.  Must we have some independent way to confirm what we receive through  testimony, or is there perhaps some reason why we should suppose that testimony is all by itself an adequate source of knowledge?  This problem, I claim, actually a version of a much older and better known problem: the so-called problem of the criterion.  I will first explain this other, older, problem, and lay out the available options for solving it.  I will then show why I think the problem of testimony is simply a version of the problem of the criterion.  I will conclude by arguing that the best way to solve these problems comes from a theory of justification that few epistemologists seem to support these days: holistic coherence theory.  In doing so, I hope I will provide some powerful new reasons for reconsidering this theory of justification.


Nick Smith教授は、米国Lewis & Clark Collegeで教鞭をとられている著名な古典ギリシャ哲学の研究者です。三田哲学会の主催により、今回の来日を機に、彼のもう一つの関心事である現代認識論について講演をしていただきます。関心のある方は、どなたでも奮ってご参加ください。

問い合わせは、林晃紀までお願いします。 <<
 ·  Translate
1
PbdP x's profile photo
PbdP x
 
>>Nick Smith教授は、米国Lewis & Clark Collegeで教鞭をとられている著名な古典ギリシャ哲学の研究者です。<<
(~~)
 ·  Translate
Add a comment...
In his circles
577 people
Have him in circles
226 people
Antonio Torrado's profile photo
Toshiya Nagai's profile photo
Arthur Lemmens's profile photo

Takayuki Kawamoto

Shared publicly  - 
 
時間だけ使って適当な思い付きを並べ立てるだけのブレインストーミングは、イベント・広告・印刷系の企業では昔から営々と続けられてきた。なので、この記事そのものは面白いのだけど、一つの成果だけで、

>> アイディアの量が質に転換するという、ブレインストーミングのキャッチコピーは間違いだったようだ。 <<

などと書くのは即断もいいところで、福島民報の元毎日新聞主筆のバカと同じレベルだ。

そもそもにおいて、特に労働集約的な業務には顕著だが、時間を使えば解決するというタスクに携わっている人々は、時間を使う、すなわち残業することで物事が解決すると考えがちだ。それをやるかどうかが、女性に対するプレッシャーとしてであれ、他の従業員を評価する基準としてであれ、多くの企業では踏絵となっている。

しかし、時間が解決すると考えられており、実際にも時間を使えば解決するタスクというものは、要するに凡人用のタスクなのだ。それが分かっているからこそ、時間を使って処理するしかないという、或る種の諦観がどこかにあるのだろう。
 ·  Translate
1
Add a comment...

Takayuki Kawamoto

Shared publicly  - 
 
+Google のリモートデスクトップ・アプリケーションが先日出てきたのと丁度合わせたようなタイミングの記事だな。

「Google、Androidからパソコンに接続して操作できるるリモートデスクトップ ・アプリをリリース」
http://jp.techcrunch.com/2014/04/17/20140416google-launches-chrome-remote-desktop-on-android-allowing-mobile-access-to-your-pc/

そもそも企業ユースでは、Windows マシンを新調したらリモートデスクトップを無効にするのが所定の手続きだ。
 ·  Translate
1
Add a comment...

Takayuki Kawamoto

Shared publicly  - 
 
InDesign CC does not save my document. "Save," "Save as," or even "Save as a copy" options do nothing...

おい、いきなりこのバグはなんなんだよ。色々他のファイルも開いてみたけど、InDesign CC で新規作成したファイルも、CC で InDesign CS 5.5 のファイルを開いた時も、複製や別名での保存にすら反応しない。

それから、InDesign CC には 32 ビット版と 64 ビット版があるのだけど、これはどちらで開いてもファイルの保存関連は全て動作しないことを確認した。いちど再インストールしてみるが、改善しない場合は地雷扱いになる。

て いうか、もし再インストールしてもだめだったら、これだけ CS 5.5 に戻すのもおかしいので、Creative Cloud はライセンスを登録解除して全てのアプリケーションを Creative Suite Design Premium 5.5 へ戻す方がいいだろう。来年は、僕は Creative Cloud のライセンスを更新しない。

[EDIT]
再インストールし たが、ファイルの保存はできないので、来週のうちに CS 5.5 Design Premium にロールバックしよう。他に InDesign を使う社員はいないので、僕の CC ライセンスは誰かに使わせたらいい。InDesign だけの問題なら、だけどな。なお、念のため Adobe のフォーラムに投稿しておいたが、別に回答がつくかどうかはどうでもいい。こっちは Creative Cloud を捨てて CS 5.5 にロールバックすれば業務が続行できるし、逆に言えば、誰かの回答をいただくまで企業ユーザが業務を止めるなんて論外だ。

[EDIT2]
ひとまず、InDesign を CS 5.5 へロールバックするだけに留める。よく考えたら、今回の事業所移転で新しく版下を作っている名刺は Illustrator CC で作っていたので、これはこのまま CC で取り回したい。それに、Adobe 製品は Acrobat を除けば複数のバージョンを共存させられるようだ。
 ·  Translate
1
Add a comment...

Takayuki Kawamoto

Shared publicly  - 
 
Kindle 版(Apress のサイトでは、他に Epub, Mobi, PDF もある)は無料で公開されているようだ。
http://www.apress.com/9781430263555

>> Part 1 – Getting Your Head Around Privacy
Chapter 1: Technology Evolution and People
Chapter 2: Foundational Concepts and Frameworks
Chapter 3: Data and Privacy Governance Concepts
Part 2   -    The Privacy Engineering Proces
Chapter 4: Developing Privacy Policies
Chapter 5: Developing Privacy Requirements Use Cases  
Chapter 6: A Privacy Engineering Life Cycle Methodology
Chapter 7: The Privacy Component App
Chapter 8: A Runner’s App
Chapter 9: Privacy Engineering Methodology Using Vacation Planner
Chapter 10: Privacy Engineering Quality Assurance and Privacy Impact Assessment
Part 3  - Organizing for the Privacy Information Age
Chapter 11: Engineering Your Organization to Be Privacy Ready
Chapter 12: Organizational Design and Alignment
Part 4 - Where Do We Go from Here?
Chapter 13: Data Asset or Liability Value and Metrics
Chapter 14: A Vision for the Future: The Privacy Engineer's Manifesto
Chapter 15: Appendix A - Use Case Metadata <<
1
Add a comment...

Takayuki Kawamoto

Shared publicly  - 
 
<ul>
<li>
<ul class="inner_list">
<li>hoge</li>
</ul>
</li>
</ul>

このように入れ子にすると、子要素のクラス(".inner_list")に指定した list-style-type が効かなくなる(なので、generic ul に "list-style-type: none" を設定していると "hoge" の先頭に disc は表示されない。プロパティ値の後に "!important" を付けても無視される)。久しぶりにスタイルシートの取り回しでハマった。
 ·  Translate
1
Add a comment...
People
In his circles
577 people
Have him in circles
226 people
Antonio Torrado's profile photo
Toshiya Nagai's profile photo
Arthur Lemmens's profile photo
Work
Occupation
Information security officer and chief privacy officer
Places
Map of the places this user has livedMap of the places this user has livedMap of the places this user has lived
Currently
Osaka
Previously
Nishidai, Itabashi, Tokyo - Midorigaoka, Meguro, Tokyo
Contact Information
Home
Address
Someone can reach me in some way.
Work
Address
Anyone can reach me in any way.
Story
Tagline
a philosopher on the street
Introduction

Notice:

[em/me] = emphasized by me

Introduction:

Takayuki Kawamoto is CPO (Chief Privacy protection Officer) under the privacy mark system (JIS Q 15001) and manager of information security office under ISMS (ISO/IEC 27001, JIS Q 27001) at IT company for the web development and application service in Osaka, JAPAN.

Disclaimer:

ここで書いているのは個人的な意見であ​って、所属企業​​​​​​​​​​の見解を代表・反映するものではありません。(当社「ソーシャルメディア・ポリシー」による)
Any posts or shares I make on Google+ entirely reflect my own opinions, and they are completely distinct from, do not reflect upon, or represent in any way, my employers - past, present, and future. (It has to be stated clearly by the social media policy of my employer)

Publications:

"Boolean Closure and Supervenience," Aichi, No.15 (Kobe University), 1999, pp.5-15.
"Causal Relata," Philosophy, No.17 (Kansai University), 1997, pp.65-87.

Thesis:

"The Concept of Probabilistic Causality," received by the Graduate School of Kansai University, 1997, supervised by Jiichiro Takeo.

Current interests:

causation, causality, mind and consciousness, computation, Information, probability, set theory, model theory, privacy, information security, management, technological singularity, existential risks, and other contemporary issues.

Philosophy of Soil Science and Civil Engineering (maybe)

Plato, Descartes, Hume, Heidegger, Husserl, Derrida, Quine, Carnap, Daniel Dennett, Hartry Field, Penelope Maddy, Bas C. van Fraassen

Certified:

Zend Certified Engineer (ZEND001701: 2006)

Miscllaneous:

・10年以上前にイスラエルの研究者 (Shlomit C. Schuster) に請われて、おそらく日本で初めて「哲学的カウンセリング」を紹介するページを作りましたが、このコンセプトそのものについては懐疑的です。
・I'm a cross-dominance and ambidexterity to hit and pitch in baseball, to use a mouse for computer, to use chopsticks for Japanese dishes.(矯正の右利きですが、野球の投げ打ちやマウス操作や食事の箸は両方で扱えます。)
・知り合いや親類もつながっているからアカウントは消していませんが、Twitter と Facebook では投稿するのをやめました。SNS はここ以外にもたくさん "philsci" というユーザ名でアカウントをもっていますが、Google+ をメインにしています。
Education
  • 神戸大学大学院博士課程
    文化学研究科、科学基礎論(科学哲学)専攻, 1998 - 2001
    Doctoral course in philosophy at Kobe University
  • 関西大学大学院博士課程前期課程
    哲学研究科、科学哲学専攻, 1994 - 1997
    Master course in philosophy at Kansai University
Basic Information
Gender
Male
Relationship
Engaged