Profile cover photo
Profile photo
MIHO Museum
147 followers
147 followers
About
MIHO Museum's posts

Post has attachment
2017年7月31日(月)まで休館します。
夏季特別展 8月1日(火)~9月3日(日)
「雪村-奇想の誕生」 - MIHO MUSEUM

 雪村(せっそん)は、室町時代後期から戦国時代にかけて、東国で活躍した画僧です(生没年不明 1490前後-1573以降)。常陸国(茨城県常陸大宮市)の武家・佐竹氏の一族に生まれましたが、幼くして禅寺に出家し、多くの絵画に接したと考えられています。
 五十歳頃から関東各地を遊歴、会津(福島県)から小田原、鎌倉(いずれも神奈川県)では北条氏の持つ中国画や寺院に伝来する作品に学び、独創的な表現を確立していったと思われます。六十歳代半ばから会津、三春(福島県)を行き来しながら、多くの傑作を生み出し、八十歳代後半まで衰えぬ筆力で描き続けました。
 雪村が生きた時代、画は中国画を手本にするのが当然でした。しかし、雪村の描く人物画や山水画は、伝統的な様式をはみ出して、破天荒でドラマティックなものが多く、若冲、蕭白、芦雪、国芳などに評される「奇想」の端緒を、雪村に位置付ける所以はここにあります。一方、動植物を題材にした作品は、写実的で、生き物に対する慈しみや、細やかな感性が感じられ、変幻自在ともいえる作風を持っていたのです。
 雪村の生涯は謎が多く、独創的な画風をどのように築いていったかははっきりしませんが、関東・東北の諸大名家に多くの作品が伝わることから、当時高い評価を受けていたことは間違いありません。また、尾形光琳(1658-1716)は雪村を好み、その画を丁寧に模写し、雪村が使ったといわれる石印まで所有していました。近世には狩野派の絵師が雪村画を粉本(手本とした模写)として継承し、近代日本画の父と称される狩野芳崖(1828-1888)や橋本雅邦(1835-1908)は雪村作品をいくつも模写して独自の表現を研究しました。
 本展覧会は、海外からの里帰り作品を含む雪村の主要作品約80件に、雪村から大きな影響を受けた後代の関連作品約30件を加えた、過去最大規模の回顧展となります。知られざる戦国の画僧・雪村の魅力をどうぞお楽しみください。※会期中展示替えあり

http://miho.jp/japanese/collect/archives/tp2017su1b.htm
Photo

Post has attachment
樹下饗宴図皿 3月18日~6月18日迄展示 - ミホミュージアム
 聖なる海から生え出でる、聖樹のたわわな枝先に、花と葉と千種の果実が鈴生りに、豊穣の世界を創り出す。目出度い大樹の根方には、王と王妃か原初のヒトか、酒宴をいとなみ享受する。そこに聞こえる妙なる調べ、気づけば樹上に楽人が。これはイラン神話のパラダイス。これを守る雄鶏は闇をはらう神の化身、葡萄を食みつつ警護する。
 この聖なる世界は不滅の心象。王朝、信条が変わろうと、心の奥なる不滅の楽園。 稲垣

http://www.miho.jp/japanese/collect/archives/2017/oli038.htm

Plate with a Banquet Scene March 18 through June 18
Sprouting from a holy sea, flowers, leaves and a wealth of various kinds of fruit hang from the drooping branches of a sacred tree, evoking a world of abundance. In the roots of this large auspicious tree a king and queen, or perhaps the first man and woman, enjoy a banquet. Strains of beautiful music float out of the tree-top where we can spot the musicians. This is the paradise of Iranian myth. Protecting this is a rooster, the embodiment of a deity banishing darkness, keeping watch as he eats grapes.
This holy world is an image of eternal life. Though dynasties and creeds may change, the undying paradise remains deep in people's hearts.

MIHO MUSEUM
http://www.miho.jp/english/collect/archives/2017/oli038.htm
Photo

Post has attachment
型吹き黄色六角盃 五口 3月18日~6月18日迄展示
 瓶泥舎コレクション - ミホミュージアム
 外側に錫箔を不規則に貼り付け、抽象的で自由な動きのある装飾を施している。器形が黄瀬戸の陶製六角杯からの発想であろうか。ヴェネツィアングラスを意識したような加飾の試みは驚くほかない。 東

http://www.miho.jp/japanese/collect/archives/2017/gls065.htm

Yellow hexagonal cups, mold-blown
March 18 through June 18
The Bindeisha Collection - MIHO MUSEUM
Application of irregular shapes of tin foil on the outside of these pieces produces an abstract and dynamic decoration. It is possible that the hexagonal shape was inspired by similar hexagonal cups of Yellow Seto ware. The glassmaker’s valiant attempt to experiment with a technique used in Venetian glass is quite impressive.

http://www.miho.jp/english/collect/archives/2017/gls065.htm
Photo

Post has attachment
二頭の馬浮彫
 3月18日~6月18日迄展示 - ミホミュージアム
 彼らは羊のような頭を持つ西イラン・メディア原産のニサイアの馬。ペルシア王の馬車を牽く。都ペルセポリスの宮殿に小アジアのギリシア人が刻んだその姿は、皮肉なことにペルシアの滅亡とともに風化することなく地中に保存された。古くからにニサイアの馬はユーラシア東西の心を集めた。後に漢の武帝が「天馬」と呼んで熱望した結果、“シルクロード”誕生の一役を担うことになったのもこのニサイアの馬である。 稲垣

http://www.miho.jp/japanese/collect/archives/2017/oli018.htm

Relief with Two Horses
March 18 through June 18 - MIHO MUSEUM
The sheep-resembling heads are of Nisean horses, a breed native to the Media region of Western Iran, drawing the chariot of the Persian king. The images the Greek artisans of Asia Minor carved for the palace at Persepolis were ironically preserved in the earth, their contours unchanged despite the fall of the Persian empire. The Nisean horse was greatly treasured in Eurasia, both east and west, and it was to play an important role in the birth of the Silk Road after Emperor Wu of the Han dynasty named it the “heavenly horse” (Ch. tianma).

http://www.miho.jp/english/collect/archives/2017/oli018.htm

Photo

Post has attachment
乳青色蜻蛉文茶入 3月18日~6月18日迄展示
 瓶泥舎コレクション - ミホミュージアム
 牙蓋の付いた茶入である。乳青色のガラスを四角柱形に吹いて各面の中央をわずかにくぼめ、口と平たい円盤形の高台を成形している。器壁に描かれた装飾は秋草の間を蜻蛉が飛ぶ愛らしい意匠である。 東

http://www.miho.jp/japanese/collect/archives/2017/gls119.htm

Opaque blue tea container with dragonfly design
March 18 through June 18
The Bindeisha Collection - MIHO MUSEUM
This tea container with an ivory lid was made by blowing opaque blue glass in a square pole form with each side constricted in the middle area; it has a raised mouth and a disk-shaped foot. The body is decorated with a lovely design of dragonflies hovering among autumn grasses.

http://www.miho.jp/english/collect/archives/2017/gls119.htm

Photo

Post has attachment
縁飾り切子鉢 3月18日~6月18日迄展示
 瓶泥舎コレクション - ミホミュージアム
 上部を花形にカットした鉢で、側面はアイリッシュカット風の星形パターンを横に並べ、星形の中央部にそれぞれ異なるカット文様を施している。ヨーロッパ製のカットガラスにあこがれて始まった和製切子だが、カットの加工技術は伝わらず、ヨーロッパが回転板でカットしていたのに対し、日本では鉄棒などで水溶き金剛砂を付けてカットした。人の手による、往復研磨であった。とくにこの作品に見られるように、ヨーロッパにさえ見られないほどの側面の立ち上げを、鉄棒などの往復研磨で彫り上げた切子職人の技巧と手間には驚嘆するしかない。 東

http://www.miho.jp/japanese/collect/archives/2017/gls129.htm

Kiriko bowl with decorative rim
March 18 through June 18
The Bindeisha Collection - MIHO MUSEUM
This bowl has a rim ringed with flower shapes, a pattern of star-shapes in Irish cut-glass style around the sides, and a starburst pattern in the center, each part displaying different styles of cuts. Japanese made cut-glass pieces like these were created without the benefit of rotary cutting techniques introduced from Europe, rather they were painstakingly hand carved by methods Japanese craftsmen independently developed. As can be seen in this piece, Japanese kiriko displays distinct planes and edges of a quality not seen even in European cut glass, demonstrating the exquisite results that artisans achieved through tireless effort and skilled workmanship.

http://www.miho.jp/english/collect/archives/2017/gls129.htm
Photo

Post has attachment
ペンダント付トルク 3月18日~6月18日迄展示 - ミホミュージアム
 ちょっとない首飾と胸飾とペンダントの合体。古代オリエント世界を統一したペルシアでこそ、こんな豪華な宝飾品ができた。注文はペルシア人、細工はギリシア人とエジプト人の工房だろうか。ペンダントも胸飾と首飾部分も“武運長久”や“幸運”を願う意匠で満たされている。ペンダント裏の銘文は、アレクサンドロスの時代以降、これがギリシア人の財宝となったことを物語っている。 稲垣

http://www.miho.jp/japanese/collect/archives/2017/oli019.htm

Torque (Pectoral) with a Pendant Depicting a Battle
March 18 through June 18 - MIHO MUSEUM
This combination of necklace and pendant is quite extraordinary. Such a splendid treasure could only have been made in Persia, unifier of the ancient Orient. Likely it was ordered by a Persian and made in a workshop by Greek and Egyptian craftsmen. Pendant, front, collar-like necklace, and back neck clasp are rich with designs evoking fortune in battle, long life, and happiness. The inscription on the back of the pendant tells that it was the treasure of Greeks from the Age of Alexander onward.

http://www.miho.jp/english/collect/archives/2017/oli019.htm
Photo

Post has attachment
乳青色瓢形根付付匂袋
3月18日~6月18日迄展示
瓶泥舎コレクション
香を詰めた金襴の袋に中空の瓢ひさご形ガラス根付を付けたもの。持ち主が着物に忍ばせて、身だしなみを整える凝った作例。 東

http://www.miho.jp/japanese/collect/archives/2017/gls049.htm

Scent bag with opaque blue gourd-shaped glass netsuke
March 18 through June 18
The Bindeisha Collection
The netsuke attached to this brocade scent bag is blown glass and completely hollow. This attractively made accessory allowed a person to tuck a sachet of pleasing fragrance into his or her sash as a finishing touch when dressing to go out.

http://www.miho.jp/english/collect/archives/2017/gls049.htm
Photo

Post has attachment
MIHO MUSEUM 緑色に染まるトンネル
The tunnel with a reflection of new leaves.
染成一片新綠的隧道

Photo

Post has attachment
紫色急須 3月18日~6月18日迄展示
 瓶泥舎コレクション - ミホミュージアム
 急須を宙吹きで製作した実に珍しい逸品である。巻き取ったガラス種を挟つまんで吹くことで筋を入れ、その後、胴部分を成形し、細い竿状のガラスで把手と注口を加えている。蓋もぴたりと収まる。型吹きかと思うほどバランスのよい形であり、職人の高い熟練の技術を感じさせる。 東

http://www.miho.jp/japanese/collect/archives/2017/gls041.htm

Purple teapot
March 18 through June 18
The Bindeisha Collection - MIHO MUSEUM
This extremely rare piece is free-blown. The molten glass wound onto the tip of the blowpipe was pinched while being blown to achieve the overall shape, then it was blown out to form the body. The handle and spout are fashioned from slender cylinders of glass attached to the body. The lid fits snugly into the top. The piece is so well balanced that it makes one think it was mold-blown. It testifies to the highly polished skill of the glassmaker.

http://www.miho.jp/english/collect/archives/2017/gls041.htm
Photo
Wait while more posts are being loaded