Profile

Cover photo
田舎(いな)カツ!Google+ページ
2 followers|17,164 views
AboutPostsPhotosVideos

Stream

 
人口減少・世帯減少時代に入り、空き家をどうするのかは大きなテーマです。 現在でも住宅の新築は解体(滅失)を大きく上回り、日本の住宅事情はとうの昔に過剰供給ですから、これからは空き家の急増が懸念されています。 そのような時代背景の中、今まさに空き家を持っている人は、何か活用を考えておかないと、増え続ける空き家がライバルとなって埋もれてしまうでしょう。 とりあえず維持しておく判断は、既に手遅れとなっているのかもしれません。 空き家を放置するとどうなるのか?維持するためには何が必要か?…
 ·  Translate
空き家は引っ越しのニーズを考えると不可欠ですが、増えすぎることは問題で、国がその対策に動き始めています。ここでは放置することによるリスクや影響、管理した場合の手間やコスト、それから活用方法について総合的に考えていきます。
1
Add a comment...
 
売却の仲介を依頼する際は3つの契約方法があり、不動産会社の多くは専任媒介を勧めます。 ただ、それは不動産会社にとってメリットが大きいからで、場合によっては専属専任や一般媒介の方が売主にメリットがあり、まずは3つの違いと選び方の基準について紹介しています。

家や土地を売る場合、不動産会社に売却依頼して市場に物件情報を流してもらい、購入希望者が現れるのを待つのが一般的な流れです。 このとき、不動産会社と結ぶ契約を「媒介契約」と呼びます。 媒介契約には3種類あり、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約と呼ばれます。 媒介契約によって、不動産会社の法的義務は変わり、依頼者にも制限が出てくるので、安易に契約せず予備知識を蓄えておきましょう。 この記事では、媒介契約による違いの説明と、選び方を解説しています。 専属専任媒介とは…
 ·  Translate
不動産会社に売却を依頼する際、「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3つの契約方法があります。言葉からして難しく、つい業者の言うままに決めがちですが、まずはそれぞれの特徴を詳しく、さらに状況に応じた選び方を紹介します。
1
Add a comment...
 
駐車場経営は低リスクが魅力で、最近はakippaなどのサービスがあることも追い風です。 その上であえてリスクを考えることで、開始するかの判断がしやすくなるのではないでしょうか?

土地活用を考えていく上で、投資資金が少なく稼働までの時間も早いことから、とりあえずの活用方法として人気なのが駐車場経営です。 ローリスクでローリターンでもある点は特徴的ですが、決してそれだけではありません。 ローリスクとはいえ投資は必要であり、1つの事業として捉えると、安易な考えで「駐車場にしておこう」程度では、資産を無駄にする危険もあるでしょう。 駐車場経営を検討するなら、一度メリットやデメリット、リスクについても整理しておきたいところで、今回はこれらをまとめて扱います。 駐車場経営のメリット…
 ·  Translate
駐車場経営は、労力・資金・流動性の面でメリットがある一方、運用効率や節税効果の低さがデメリットで、ローリスクローリターンの土地活用方法です。ただ、リスクがまったくないわけではなく、あえてそちらを重点的に考えてみましょう。
1
Add a comment...
 
空き家の活用方法の1つとして、シェアハウス経営についてメリットデメリットや一軒家からはじめるための条件や手順をまとめました。

近年、核家族化が進んだ日本では、世帯を構成する人数が減り、広すぎる家は売れない・貸せない状況で持て余されています。 しかし、広い家を細かく部屋で区切って貸すシェアハウスが増えていることで、広い家の活用が見直されるようになりました。 現在のシェアハウスは、全国の半数以上を東京23区内が占めており、単身者が多い都市圏を中心としていますが、全国に広がりつつあるのは確かです。 シェアハウスはどのような種類があるのか、どのように始めるのか解説します。 シェアハウスとは…
 ·  Translate
低賃金化やメディアの影響などあって、シェアハウスが年々増えており、空き家の活用方法としても考えられています。一軒家やマンションをシェアハウスにするのに必要な条件やはじめ方、一軒貸しと比較したメリットデメリットとは?
1
Add a comment...
 
太陽光発電を検討するとき、パネルメーカーやパワーコンディショナーといった設備類や、売電収入がどのくらいあるかといった収支予測をする人は多くても、実際の見積もりにどのくらい差があるのか、比較検討する人はそれほど多くありません。 というのも、システム費用や売電収入を考えていく段階で、ある程度自分の中に必要な費用が概算見積もりされており、実際の見積もりと大きく差がなければ、計画通りと考えてそれ以上は追及しないからです。…
 ·  Translate
太陽光発電はリフォームと同じで、施工会社と窓口が違うケースも多く、その大半が見積もりの候補となります。ここではその選び方や見積もりの際に必要な情報、見積もりを受けてからの値段の見方といったポイントを紹介します。
1
Add a comment...
 
地方でたびたび問題になる、市街化調整区域の売却について記事にしました。 自治体次第の部分が大きく情報が少ない中で、手前味噌ながらある程度の指針になるかと思います。

土地や家を売却するとき、立地が大きく影響するのは誰でも知っています。 その場合の立地とは利便性を指すのですが、利便性とは別次元の話として、土地の区域区分による影響もあります。 一般には利便性の高い市街地から離れ、郊外や田舎へ向うほど地価は下がっていきます。 その過程において、見えない線が引かれており、ある地点を超えると市街化調整区域という地域に入ります。 市街化調整区域では、利便性が悪い田舎だから価格が安い他にも、買主にとって不都合なことが多く、不動産価格を下げる要因になっています。…
 ·  Translate
市街化調整区域にかかる制限は価格や融資にも影響があり、そこにある家や土地は売れにくいと言われます。その特効薬となるような方法はありませんが、比較的売れやすい物件には特徴があるので、それら知っておいた方がよいことをまとめて紹介します。
1
Add a comment...
 
賃貸経営にはいくつか方法があり、完全に自分で経営する人から、管理業務だけを外部委託する人、経営も含めて少しでも多く外部委託して手間を減らしたい人など、考え方次第で異なります。 その中でも、サブリースと呼ばれる方法は、資金は出しても経営を外部委託してしまうので、不動産運用に自信がない人でも挑戦しやすい側面を持っています。 ただし、サブリースはメリットとデメリットがどちらも大きく、安易に手を出してはケガをするおそれもあるので、よく理解してから検討しましょう。 サブリースとは…
 ·  Translate
サブリースは「家賃保証」とも言われますが、その仕組みは“又貸し”であって、”保険”とは別物です。それを混同してしまうとトラブルになりやすく、ここでは正しいサブリースの仕組みを、管理委託や滞納・空室保証のサービスとの比較も交えて解説します。
1
Add a comment...
 
久しぶりのアップです。 新たな土地活用方法の1つとして注目される、トランクルーム経営についてまとめました。

土地活用の1つには、屋外にコンテナ等を設置して貸す、または建物の中を区切って貸すトランクルームでの活用方法があります。 投資資金が少なく利回りも高めで、トランクルーム市場は規模を拡大しています。 ただし、需要の見極めが難しい分野でもあること、トランクルームには違法性の高いものも多く、行政が問題視しているので注意しなくてはなりません。 まだまだこれからの分野でチャンスは大きいと言えますが、トランクルームを正しい理解して、これからの土地活用を検討してみましょう。 トランクルームとは…
 ·  Translate
初期費用が少ない土地活用方法としては駐車場経営が有名ですが、最近トランクルーム経営も注目されています。狭い土地でもできるなどのメリットがある反面、集客の難しさに難があるなど、その特徴や収益性、開始方法についてまとめます。
1
Add a comment...
 
空き家問題が深刻化してくると、同じ地域の売り物件も多くなり、売れ残りの可能性も高くなるでしょう。 一方で不誠実な対応で売り逃すこともないとは言えず、変更時の注意点やポイントをまとめました。

不動産を売却するときには、身内など近い間柄でなければ、仲介業者を利用して購入希望者を紹介してもらうのが一般的です。 ところが、仲介業者も千差万別ですから、しっくりこない・不信感がある仲介業者もいるわけで、任せておけないと思ったら変更することもあるでしょう。 仲介業者との媒介契約は、無期限に続くものではないため、成果が出ない場合には、変更することに制限はありません。 ただし、一方的に媒介契約を解除するとなると、それなりにリスクも伴います。 仲介業者の変更について、知っておくべきポイントを説明していきます。…
 ·  Translate
契約が選任媒介契約であれば、3か月毎の更新のタイミングで変更するのがセオリーです。ただし、売れない理由が仲介業者以外にあれば、変更しても期待する効果は得られない可能性が高く、見極めのポイントやリスクも合わせて紹介します。
1
Add a comment...
 
空き家を維持しようと思ったとき、金銭的に1番負担になるのが外壁塗装かもしれません。一般的に10年ごとでよいとはいえ、安くはありません。 ここでは、そんな費用の目安や時期・タイミング、色や塗料の種類といった、基本的なことをひとまとめにしました。

外観に大きく影響する外壁の塗装は、家の所有者ならどうしても気になるものです。 色の好みには個人差があるとしても、少なくとも第一印象できれい・汚いと感じるのは、塗装による影響が大きいはずです。 ところが、新築時にきれいだった外壁も、風雨にさらされて徐々に輝きを失います。 それは家の歴史でもあると同時に劣化でもあるので、どこかのタイミングで塗り替えてあげないと、古い印象を与え続けることになるでしょう。 外壁塗装を考えたときに、押さえておきたいポイントを解説します。 1.タイミング…
 ·  Translate
外壁は雨風から構造部分を守る役割もあり、家を長持ちさせるためには定期的な塗装が欠かせません。ここではそのタイミングや時期、塗料や色による違いや費用と見積もりのことまで、はじめに知っておきたいことをまとめて紹介します。
1
Add a comment...
 
今後空き家の管理はより必要性が増すでしょうが、貸し出しの敷居が下がれば、それも管理を兼ねた1つの選択肢です。 リロケーションは主に転勤時を想定したサービスですが、空き家の活用方法として知っておいて損はないでしょう。

家を貸したいと思ったときに、不動産会社に仲介を依頼して借主を探してもらう通常の賃貸方法以外に、リロケーションというサービスがあります。 リロケーションは比較的最近のサービスで、所有者の負担が大幅に軽減されます。 多くの人にとって、マイホームの購入は一大イベントであり、予測していなかった事情で家を空けることになったとき、空き家の活用方法で悩むかもしれません。 リロケーションとは何か?メリットやデメリットはあるのか解説していきます。 リロケーションとは?…
 ·  Translate
リロケーションは貸し出し期間を限定し、管理込みで専門の業者に委託するもので、いずれ空き家に戻って住みたい場合に適したサービスです。貸し出している間の維持や収入を見込める反面、家賃は低い傾向にあるなど、その良し悪しと費用を見てみましょう。
1
Add a comment...
 
空き家管理の必要性はだいぶん耳にするようになりましたが、土地も完全放置で維持できるものではありません。 もし家を解体したら土地の管理はどうすればよいのか、その方法と目安を紹介します。

土地の管理は、手間がかかる家の管理よりもないがしろにされやすく、更地にした後はそのまま放置という所有者も少なくありません。 しかし、何もない更地だからこそ起こりやすいトラブルもあって管理は必要です。 管理の手間も費用も家に比べると小さいですが、適切な管理を怠ると、管理者責任を問われることもあるので、活用方法が決まるまでは保全に努めるべきです。 土地の管理に何が必要か、対策と共に考えてみましょう。 草刈り 草が生え放題の土地は、第一に見た目が悪いのですが、問題はむしろ外観よりもその他のほうが大きく深刻です。…
 ·  Translate
空き地は放置による悪影響が見えにくいものですが、不法投棄や所有権のトラブルといった問題につながりやすいという特徴があります。では、その予防策として何を行えばよいのか、土地管理の方法と目安を紹介します。
1
Add a comment...