Profile cover photo
Profile photo
ミャンマービジネストゥデイ日本語版
66 followers -
【無料】ミャンマー最大のビジネス新聞ミャンマービジネストゥデイ日本語版
【無料】ミャンマー最大のビジネス新聞ミャンマービジネストゥデイ日本語版

66 followers
About
ミャンマービジネストゥデイ日本語版's posts

Post has attachment

Post has attachment
ミャンマー技術先駆者NEX 欧資金にて”Fyre”を開発 - ミャンマー技術先駆者NEX 欧資金にて”Fyre”を開発 モバイル・デジタル開発ビジネスにおけるミャンマー未開拓市場は広がりを見せ、投資家は東南アジア諸国にて急成長するIT業界での 広範囲に及ぶ期待できる機会に注視している。 地元モバイル・デジタルの主要企業の一つである2013年に起業された新興企業NEX社は、現在新たな資金集めラウンドで成功を収め、最も急成長しているといえる。 成功を収める2番手は、スウェーデンのBockerグループの株式非公開投資部門であるブリブロス社は、15万ドルの出資を行った。 シンガポールを拠点とする同社は、IT起業への特別は世界的関心を持つ。 「ミャンマーにおける投資への展望は、中規模ビジネスに大企業とのジョイントベンチャーを起業する投資企業にとって非常に魅力的である」と 同社CEOのJonas Lindstorm氏は述べた。 「国内IT業界にとって決して最良とは言えないこの状況は、今にも大きな変革を起こそうとしている。NEX社は素晴らしいアイデ... http://ow.ly/2TXbN6

Post has attachment
中国 貿易と輸送に注視 メコン川地域に30億ドル投資へ - 中国 貿易と輸送に注視 メコン川地域に30億ドル投資へ 国営放送は、中国は近隣諸国のカンボジア、ベトナム、ミャンマー、タイ、ラオスへインフラと製造の強化、及び貧困へ立ち向かう為の援助として30億ドル超の融資を行うことを提示した。 中国の李克強首相は、この提示はインフラ整備へ10億ドル、4億9,000万ドルを貧困打開、特別融資として16億ドルを中国製品の輸送費として提供すると語ったと新華社通信は報じた。 バンコクで開催された5回目となる大メコン圏経済協力プロジェクト(GMS)の演説の際に、李首相はメコン川流域の災害対策費用として1,640万ドルの融資を行うと誓約した。 「これらの援助は中国とASEAN連携を強化する為への努力の一環である。我々は5カ国との連携を深めるべく新しい構造改革を協業する準備がある」と李首相は付け加えた。 また新華社通信の報道によると、同氏は中国が電力、電気通信、鉄鋼、セメント分野での局所輸送路への高度な生産設備を輸出する計画がある事を語ったと伝えた。 李... http://ow.ly/2TXbN3

Post has attachment
ヤンゴン証券取引所建設進行中 - 日本総研グループ、大和総研、及びミャンマー経済銀行はヤンゴン証券取引所建設にあたり合弁企業契約を取り交わした。 この合弁企業はヤンゴン証券取引合弁会社と名付けられ、資本金は300億チャットとなる予定であると、日本総研グループは語った。 大和総研は合弁企業の30.25パーセントの株を保持し、日本総研グループは18.75パーセントを取得する。 ミャンマー財務省を母体とするミャンマー経済銀行は、経営権を持つ51パーセントを取得することとなると新華社通信が報じた。 「この契約はミャンマーにおける初の証券取引所開設にあたり、日本とミャンマーの所轄官庁における長く根気強い交渉の結果である。交渉はミャンマーにおける証券取引所開設、及び首都圏開発に関する覚書が締結された、2012年の5月29日から行われていた。」と企業は共同声明の中で述べた。 予定は2015年度内に取引所を開設することである。しかしながら、いかに取引所をスムーズに開設することかについていくつかの課題が存在している。 「カンボジア、ラオス、ベトナムは2... http://ow.ly/2TXbN5

Post has attachment
YCDC、資金問題で住宅開発遅延 - YCDC、資金問題で住宅開発遅延 近年ヤンゴン近郊で1万棟から2万棟のマンションが建設されているが、貸借人と銀行を繋ぐ為の十分なシステムが不足してることにより 未だに住宅不足に直面していると、YCDCのアドバイザーは語った。 ヤンゴン都市開発委員会(YCDC)は、手頃な価格でマンションを提供可能とするプロジェクトを遂行していると同中央委員会アドバイザーの U Kyaw Latt氏は言う。 「YCDCは総計で5000棟のマンション建設を監視し、当選システムを通してマンション販売を行ってる。また独自の公共住宅プロジェクトの 運営も行っている」と同氏は語った。 1974年代には80平方マイルだったヤンゴン市は、現在では306平方マイルまで管轄区域を広げた。既に500万人に達した人口は、家賃の高騰により 低中所得者向けの住宅不足に直面している。 人間居住住居開発局は、衛星基準を満たせなかった政府と共同で実施する公共住宅プロジェクトを一時中止した。 先月、YCDCはヤンゴン市開発地区におけるより多くの建設を... http://ow.ly/2TXbN4

Post has attachment
日本政府 開発援助として2億5,800万ドルの融資を行う - 日本政府 開発援助として2億5,800万ドルの融資を行う 日本政府はミャンマーに対し開発援助として258億円(2億5,800万ドル)の融資を行った。 先週ネーピードーにて開催された第25回ASEAN首脳会議開催中、阿部晋三内閣総理大臣とU Thein Seinミャンマー大統領との会合時に融資についてのアナウンスがされた。 日本政府は、ヤンゴンから25キロ離れてたティワラ港のインフラ整備、国内の電力分配ネットワーク、及び国内中小企業への資金繰り等に使用して欲しいとした。 U Thein Sein大統領との二国間首脳会議で、阿部首相はミャンマーの民主化と平和維持活動の支持を表明。 阿部首相は日本で開催された第17回ASEAN首脳会議、先週水曜日に実施された第6回メコン-日本首脳会談、第9回東南アジア首脳会談、及び先週木曜日開催の第17回ASEAN+3首脳会議に出席している。 日本開催の第17回ASEAN首脳会議ではASEAN各国と日本の間における観光振興、自由貿易地域の完全実施... http://ow.ly/2SyQ2l

Post has attachment
日本政府 開発援助として2億5,800万ドルの融資を行う - 日本政府 開発援助として2億5,800万ドルの融資を行う 日本政府はミャンマーに対し開発援助として258億円(2億5,800万ドル)の融資を行った。 先週ネーピードーにて開催された第25回ASEAN首脳会議開催中、阿部晋三内閣総理大臣とU Thein Seinミャンマー大統領との会合時に融資についてのアナウンスがされた。 日本政府は、ヤンゴンから25キロ離れてたティワラ港のインフラ整備、国内の電力分配ネットワーク、及び国内中小企業への資金繰り等に使用して欲しいとした。 U Thein Sein大統領との二国間首脳会議で、阿部首相はミャンマーの民主化と平和維持活動の支持を表明。 阿部首相は日本で開催された第17回ASEAN首脳会議、先週水曜日に実施された第6回メコン-日本首脳会談、第9回東南アジア首脳会談、及び先週木曜日開催の第17回ASEAN+3首脳会議に出席している。 日本開催の第17回ASEAN首脳会議ではASEAN各国と日本の間における観光振興、自由貿易地域の完全実施... http://ow.ly/2SyKfR

Post has attachment
日本政府 開発援助として2億5,800万ドルの融資を行う - 日本政府 開発援助として2億5,800万ドルの融資を行う 日本政府はミャンマーに対し開発援助として258億円(2億5,800万ドル)の融資を行った。 先週ネーピードーにて開催された第25回ASEAN首脳会議開催中、阿部晋三内閣総理大臣とU Thein Seinミャンマー大統領との会合時に融資についてのアナウンスがされた。 日本政府は、ヤンゴンから25キロ離れてたティワラ港のインフラ整備、国内の電力分配ネットワーク、及び国内中小企業への資金繰り等に使用して欲しいとした。 U Thein Sein大統領との二国間首脳会議で、阿部首相はミャンマーの民主化と平和維持活動の支持を表明。 阿部首相は日本で開催された第17回ASEAN首脳会議、先週水曜日に実施された第6回メコン-日本首脳会談、第9回東南アジア首脳会談、及び先週木曜日開催の第17回ASEAN+3首脳会議に出席している。 日本開催の第17回ASEAN首脳会議ではASEAN各国と日本の間における観光振興、自由貿易地域の完全実施... http://ow.ly/2SyFs8

Post has attachment
アジア太平洋経済圏、中国が後押しする貿易地区指示を明言 - アジア太平洋経済圏各国は、共同声明の中で中国から圧力を掛けられる貿易自由化構想についての誓約を繰り返し語った。 21各国からなるアジア太平洋経済協力(APEC)はグループの総意に基づき段階的にアジア太平洋自由貿易地域(FTAAP)創設を追い求めると、北京にて開催された二日間の会議終了後の声明にて発表した。 FTAAPとして知られるアジア太平洋自由貿易地域は中国から支持されており、中国を除いたアメリカを核とする環太平洋戦略的経済連携協定に対抗するかの様に受け取られる。 APECリーダーは声明において「FTAAPでインキュベーターとして構想から現実へ実現する為により重要で意味のある貢献を実施するべきであることに賛同する」と述べた。 「FTAAPはAPECのプロセスに沿いながらも、APECから離れた立場でいることを認識するだろう。APECは、FTAAPの実現の為に、法的拘束力を持たない、自発的協力を重要とした貢献の立場を持ち続けるべきである」と付け加えた。 (ロイター) 記事番号:... http://ow.ly/2Sypvd

Post has attachment
中央銀行 外資銀からの融資に規制 - ミャンマー中央銀行(CBM)は、中小企業が外国銀行からの貸付を受けられるよう、法令の追加を実施する見込みである。 融資を受けている間の変動利率によるリスクに直面している中小企業が外貨で融資を受けられる様、規制緩和することを目的としている。 「グローバル経済では、将来の市場と変動為替レートに持ちこたえることを可能とする。しかし、これらの市場はここではまだ設立されておらず、ローンに関する規制仕様書を発令する予定である」とCBM関連筋は述べた。 この仕様書は、本年度末までには発表されることとなる。既存のローンに関する限度規則は、国内で営業する企業へ適用されている。 また企業の収益の割合で課させるこの規則は、こういった制約に抵触しないミャンマー・チャットでの融資を受けている期間は、外貨による低担保融資が享受できることとなる。 「外貨での低担保融資は容易なことではない。詳細を全て提出してもらう必要がある。例え標準利率5%融資に興味がある場合においても国内の借主からは高く感じられることだろう。ゆえに、外貨融資... http://ow.ly/2S8OfJ
Wait while more posts are being loaded