Profile cover photo
Profile photo
Taro San
About
Posts

Post has attachment
歴史ある建物の中で かき氷@箱根・お茶のちもと
都立大学の 『ちもと』のかき氷 が食べたくなった。並ぶのがイヤなので整理券がもらえるギリギリを狙って2回ほどトライしてみたが、考えが甘かった。2日とも本日分は終了しました。というメッセージ。こうなると、がぜん天然氷のかき氷が食べたくなった。そうだ、 のれん分けしている『ちもと』が箱根湯本にある ではないか。箱根は大涌谷の火山活動が活発で一部の通行止めが大きく報道され、観光客が減っているそうだ。チャンス!!大涌谷の想定火口から700mの入山規制範囲に対して、箱根湯本は6km以上離れているのにね。  車に乗って、...
Add a comment...

Post has attachment
湘南ビール・ご当地ラベル
湘南の夏を彩るビールたち、このご当地ラベルのインパクト。 素晴らしい! ラベルだけではありませんよ。湘南ビールは、明治5年創業の蔵元『熊沢酒造』が手掛ける真面目なビールです。そのビールは、無ろ過、非加熱処理で酵母が生きたピュアでフレッシュなビールですので、地産地消で楽しみたいところです。 大仏BEER Schwarz(シュバルツ)ドイツ語で「黒」の意味で、ローストモルトの香ばしさとすっきりとした味わいが特徴です。 インパクトのあるラベルは、見つけたらツイツイ手に取ってしまいます。 大磯 CLASSIC BEE...
Add a comment...

Post has attachment
ペコちゃんの町@平塚
ペコちゃん 展 が 平塚 美術館 で催されています 。ペコちゃんもアートです。 平塚美術館から、徒歩1分!そこには、不二家・平塚工場があります。今回は、 平塚美術館のスタッフの方が企画 して、ペコちゃん展の実現にこぎつけたのです。 まず、入り口付近で、ペコちゃんカーがお出迎えしてくれます。これ、不二家がペコちゃんキャラバンをするときに使う車のようです。両脇にペコちゃんとポコチャンがペイントされた真っ赤な車です。車のナンバーは『228』で、フジヤのごろ合わせになっています。 ペコちゃんのプロフィール   位置づ...
Add a comment...

Post has attachment
クラウド・ストレージを比較してみた
写真の整理が煩雑になってきた。 理由 デジカメなので、失敗写真を防ぐために、沢山撮る 新しい、カメラを買って、時と場合により使い分けている。(一眼×2、コンパクトデジタルカメラ×2で微妙に、写真のファイル構成が違ったりする。)  写真を編集する。つまり、編集前と後でファイルが2ヶ存在する ひょっとして、クラウド・ストレージを使うと、便利なのか?と、無料の範囲で比較してみた。 (2015/08/11時点の情報) 保存したい量は、数Gから数10Gぐらいの容量 共有はしない。あくまでも個人用 通勤・出張時などの空い...
Add a comment...

Post has attachment
春節!自分で包む餃子パーティー@田燕居
田燕居は用賀駅から歩いて数分の場所にある中華料理屋さんです。旧正月の特別メニューが用意されるので、毎年楽しみにしています。 春節休暇で来日中の中国人の爆買のニュースを聞き、調べてみると、やっぱり今年もやっていました、旧正月メニュー。なんと今年は『自分で包む餃子パーティー』とのこと。2月28日までの限定企画なので、即、予約して行ってきました。 それでは、順番に 恭喜発財:前菜盛合わせ 「発財」は材を成すという意味。食材の「髪菜」と発音が似ているので演技の良い、めでたい時に食べられます。 右奥の緑色のお皿に載った...
Add a comment...

Post has attachment
旧東海道の松並木とは関係ないけど、おいしい中華@大磯
旧東海道(国道一号線)の大磯宿を通過して富士山がドンと出てきたところに、中華屋さんがあります。前から気になっていたので、入ってみました。今日は休日でしたので、Holyday Lunchがあり、その中から、満福点心¥1,260を選びました。説明書きには『Dim Sum A Go Go!!! おなかも満足。香港式「飲茶ランチ」前菜2品、韮饅頭、春巻き、セイロ盛り蒸し点心7品、スープ、デザート、中国茶』と記載があります。 注文すると、お茶をウーロン茶、ジャスミン茶、プーアル茶から選べます。プーアル茶を選択すると、ポ...
Add a comment...

Post has attachment
公園の中の絵になるKAPPELI@Helsinki
 ヘルシンキの真ん中のエスプラナーディ公園の中にある老舗Cafeの カッペリ 。創業は何と1867年。いろんな芸術家たちに愛されたカフェです。夕方(時間は夜ですがまだまだ明るい)に訪れて、軽めの夕食です。 燻製豚ロースのオープンサンドとビールです。 メニューはパレットで、注文すると筆のウエイティング・フラッグで演出してくれます。ビールだけのテーブルも洒落た空間になります。 分厚い豚ロースがドシンと乗った食べ応えのあるオープンサンドでした。 さすがに観光地だけあって、日本語メニューもありました。 住所: Ete...
Add a comment...

Post has attachment
ヘルシンキで一番高いバー:ATELJEE BAR
ヘルシンキが一望できる バー:アテリエ 。ヘルシンキのソコス・トルニ・ホテルの最上階の14階にあります。 夕日がなかなか沈まないヘルシンキでは、夕焼け色に染まるヘルシンキの街を長い時間楽しめました。 ここにたどり着くまでには、幾つかの関門がありました。 ソコスホテルはヘルシンキにいっぱいあります。バーがあるのは ソコス・トルニ・ホテルです。 駅から近い通りからはレストランが営業していない時間は入れないので、裏(こちらが表か?)に回って、ホテルの入口から入る。 エレベータに乗ってみると、12階までしかボタンが無...
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
今日は朝からエロマンガ@ヘルシンキ
エロマンガ!。。凄いんです。。 ヘルシンキの超有名店!なんとも日本人ウケするネーミングです。 なんと朝6時30分から開店している、ピロシキが有名なパン屋さんです。カフェスペースも用意されていました。 ヘルシンキに到着して初めての朝で軽めに済ませたかったので、くエロマンガさんにお散歩です。 さて、本店の中に入ると、ガラス張りのディスプレイには売るほど沢山のパンが並べられています。メニュー表示はフィンランド語なので戸惑っていると、陽気なお姉さんが、丁寧に説明してくれました。 その中から、ピロシキと卵とお米のパイを...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded