Profile cover photo
Profile photo
takahar tanak
こだわりのエンジニアです
こだわりのエンジニアです
About
Communities and Collections
View all
Posts

Post has attachment
きつきつ、ふにゃふにゃ、うすうすのキーボードはもう欲しくない
これだけコンピュータが進歩してきたのですから、人がコンピュータの不自由さを我慢して使うのはもうやめましょう。 先日、新宿アップルストアで新しいiPad Pro、Mac mini、MacBook Airに触れてきました。 (ところで新宿アップルストアは平日昼間の受付待ち時間が7時間だそうです、TDLなみですね。) それぞれ、本体(iPad Proの全方向Face IDは手前に向けておけば机に置いていても反応、MacBook AirのTouch IDは余計なTouch Barがない分使いやすい)はとても良いのです...
Add a comment...

Post has attachment
iPhone XRの在庫は未だ不足がち、Apple Special Eventの直前ですが
Apple Special Event NY 2018の直前ですが、軽い話を一つ。 iPhone XRの在庫が復活する前にApple Onlineストアは準備中になりました。 家電量販店で、iPhone XRのカラバリを実際に見ようと今日何軒か回ってみたのですが、ホワイトとブラックと、たまにプロダクトレッド、まれにブルーがあるだけでした。 Appleストアにはさすがにあるのでしょうが、そこまでは足を延ばせませんでした。 店頭在庫も、ホワイトとブラックの一部のみ、やはり人気機種であることには違いはないようです。...
Add a comment...

Post has attachment
Microsoft Office OneNoteは生まれ変わって将来は明るい
Office 2019でOneNoteが提供されなくなって、もしかして将来がないのか、って心配していました。 でもそうでないという情報があり、安心しました。 techcommunityに、 The Future of OneNote と言うスレがあり、その中で、 Microsoft promise the UWP OneNote app will be even better than the Win32 app と言う記事が紹介されていました。 つまり、OneNoteは旧来のwin32 デスクトップアプリか...
Add a comment...

Post has attachment
iPhone X世代の画面サイズの決め方は既存との統一感がとれていてアプリ開発者にとって非常に優しい
iPhone XRは6.1インチで今までにない新しいディスプレイサイズです。 実際にwebサイトやアプリがどのように表示されるのかは、DPIとRetina比に従ってiOSが制御します。 最初のiPhoneやiPadはRetinaディスプレイではなくて、これらがiOSでの画面表示の基準になっています。 Retinaディスプレイでは、文字やイメージがより滑らかに表示されますが、小さく表示されることはありません。 Retinaディスプレイになっても、画面が意味なく極端に細かく表示されるようなことがないのは、Reti...
Add a comment...

Post has attachment
iPhone XRを頑張って予約したけれども今回は意外と在庫潤沢
昨日10/19から予約が始まったiPhone XRですが、私も16:05くらいに無事予約完了しました。 色はいろいろ考えたのですが、ぶつけたりして削れて塗装がはがれても大丈夫なホワイトにしました。 頑張ってアプリから予約しましたが、あとで見てみると、今回はものすごく在庫潤沢なようです。 一日経ってもカラフルな色の人気容量が納期1~2週間に延びているだけで、128GBモデルはどの色でも10/26当日受取可能な状態です。 iPhone XやiPhone XSとはずいぶん状況が違います(そういえばiPhone XS...
Add a comment...

Post has attachment
iPhone XはAppleのX世代の最後のピース
Macは、最初期のMacintoshのMotorola 68000系のCPUから、PowerPCの世代へ移り、ボンダイブルーでトランスルーセントのiMacが出て、その後Intel CPUになることにより、OSがOS X(今はmacOSと呼ばれている)となりました。 iPhone/iPad/iPod touchのOSはOS Xとほとんどの部分を共有して作成され、最初はiPhone OSと呼ばれ、現在はiOS、iOSからさらに派生して、tvOS、watchOSができています。 iPhoneデバイスは、前面が全面ガ...
Add a comment...

Post has attachment
初代iPhoneの全面ガラスのデザインがスマホの基本スタイルに
旧来は、液晶画面を機器に組み込むとき、液晶にキズが付きにくいように、周りの枠から一段下げて液晶を配置していたと思います。 テレビや電卓など昔は大体そうなっていました。 この常識的なデザインを変えたのが初代 iPhone です(と思います)。 一見壊れやすいガラス素材でデバイスの正面の全体を面一(ツライチ)で覆っています。 段差を極限までなくすフラッシュサーフェスではなくて、本当の単一面です。 液晶と周りのベゼルが一体で、さらに液晶がタッチパネルになっている iPhone をアメリカで初めて見たときには、こんな...
Add a comment...

Post has attachment
Google Pixel 3とPixel SlateがAppleの正当性を証明してしまった
madebyGoogle2018での発表も事前リークの通りでした。 しかしながら、Pixel 3が$799から、と言うのは、Apple iPhone XシリーズのXR、XS、XS Maxの価格 $749、$999、$1099が高い高いと言われていたのを、敵ながら、見事に正当化してしまいました(本当はXʀ、Xꜱ、Xꜱ Maxと書きたい)。 GoogleとAppleで、多少の味付けの違いがあるにせよ、ほぼ同じ性能・技術の最新スマホが、ほぼ同じ価格帯と言うことは、あながちiPhone Xも現在の技術水準として適正価...
Add a comment...

Post has attachment
スマホのカメラは、まさにスマートカメラ
スマホに押されてデジカメや腕時計が使われにくくなって久しいです。 デジカメに比べてとても小さなレンズなのに、画像処理や、最新機種ではAI処理でより自然な、場合によっては映画のワンシーンのような絵作りができてしまいます。 iPhone Xs/Xʀ (iPhone XS/XR)ではSmart HDR、Bokeh and Depth Control、 Portrait Lighting(スマートHDR、ぼかし、撮影後の深度コントロール、ポートレートライティング)が搭載されています。 かつて、スマホ(スマートフォン)...
Add a comment...

Post has attachment
iPhone Xʀはどの色も良くて決められない
iPhone Xʀのカラーラインアップは、優劣つけがたくて、どれを選ぶか永遠に悩みそう。 決定打となる色がないというか、どの色もいい色ですね。 絶対これ、と言う最高の色がない代わりに、どの色でもいい、という色が選ばれていると思います。 実機を見たらまた悩みが深くなったりして。 ところで、XʀのRは、 Unicode UTF-8では16進数で ca 80 Unicode UCS-2では U+0280、HTMLで &#x0280; または &#640; (確認 ʀ または ʀ) Appleのページでは <span...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded