「八日目の蝉 (2011)」
これは、長い長い時間をかけて、呪いを解いていく物語だと解釈。
呪いの言葉をかけられた方も、かけた方も、不幸になっていく。だから、人を呪ってはいけないんだ。
何を言っているかわからないかもしれないが、自分にとっては、そんな物語だった。
80点
Shared publiclyView activity