Profile cover photo
Profile photo
学習サポート
About
Posts

Post has attachment
記憶のメカニズムを知ること、子どもに合わすこと。
記憶の話。記憶には、記銘、保持、再生があります。 「記銘」は、情報を覚えこむこと。そして、情報を蓄えておく「保持」、必要に応じて情報を検索、引き出す「再生」です。 また、記憶には、感覚記憶、短期記憶、長期記憶があります。 意味もない記憶、理解できていない記憶は、1日で74%忘れてしまうといいます。 これは、エビングハウスが忘却曲線で言ったことです。 忘れないよう、記憶を保持、再生するため長期記憶にするには、4つの方法があります。 それは、①意味記憶、②エピソード記憶、③手続き記憶、④プライミング記憶です。 ①...
Add a comment...

Post has attachment
毎回毎回毎回のご寄付下さるYさん
12月は寄付月間というらしいです。 今日はいつも活動を応援して下さるYさんのお話です。 学習サポートの活動を応援して下さるYさんから、夏以降毎回お越し頂く度にご寄付を頂きます。 先日は「冬服を買おうと思って1日待ったら40%引きになったので、この浮いたお金を仲西さんたちの学習サポートの活動に使って下さい」と。かっこいい!!そして、とてもとてもありがたいことです。 寄付の輪が広がっているなぁという思い、またご寄付を頂くたびに寄付を下さる方の温かいこころで僕は幸せな気持ちになります。 毎日毎日精一杯活動するあまり...
Add a comment...

Post has attachment
しっかりと受け止めること
子どもたちはつもいいろんな気持ちをもって学習サポートに来ます。 学習を始める前に、まずは子どもの気持ちをしっかり受け止めることを大切にしています。 子どもたちのこころが安心・安定すると自然に学習にも取り組みやすくなるのです。 たとえば、 ある日、Aくんは最近学校の友達関係でうまくいってない様子でイライラ気味・・。 でも、ここにきてまずは一通り話したいことを先生に話してスッキリ。 それから学習に向かい、もくもくと取り組み、帰るころには笑顔になっていました^^ またある日、Bくんは学校での出来事にショックを受けて...
Add a comment...

Post has attachment
読むことが大嫌いな子が自分から読み始める文章。
    「わぁ!!お箸が曲がって見える!!」 小学 4 年生の A 君が発したこの言葉は、 何をしている時のものだと思いますか? 実は、、、、国語の勉強の時なんです! 国語のサポートでは物語の読解の他に、 A 君の好きな科学と絡めた勉強をしています。  どうしてこんな国語のサポートになったのかというと、遡ること半年前。 文章を読むことが大嫌いな A 君は、 国語の時間になるといつもこう言っていました。 「もう嫌だ。」 「ここまででいい?」 「今日は国語したくない。」 当時の国語は、普通のワークに載っている文章...
Add a comment...

Post has attachment
学サポ 先生紹介!!
はじめまして。メイクハッピー&ピースの学習サポートの先生をしている、あらまっきー(代表者仲西さん命名)です。 大学では初等教育学部で小学校の教員を目指して勉強しています。 メイクハッピー&ピースの活動をより多くの人に知ってもらうためにいろいろ書きたいと思います。   まずは自己紹介も兼ねて質問に答えたいと思います !!!   Q.サポートしてみようとおもったきっかけはなんですか? A.ボランティアの講義でメイクハッピー&ピースの紹介を受けたことがきっかけです。 色々な悩みを抱えた子供たちの支援をしていることを...
Add a comment...

Post has attachment
良い優越感
超朝学※に参加しているが、 「他の人よりいま頭が良くなっている」 「他の人が寝ているなか、自分は有意義な時間を過ごしている」 という優越感を味わっている。 いやいや勉強するのではなく、 ポジティブに勉強することでより同じ1時間でも有意義に過ごせるはずだ。 たくさん勉強したあと「つかれた」と疲労感もあるが、 「たくさん勉強した自分、がんばった!すごいよ!」と 自分をほめてあげる転換をしてみるのはどうだろうか。 ※超朝学とは、朝学(みんなで勉強する朝学習)を朝の6時半から開始する会のこと ●学習サポート ホームペ...
Add a comment...

Post has attachment
学習習慣の定着=毎日の生活に落とし込むこと
こんにちは。だいぶ朝晩は冷えてきましたね^^ NPOメイクハッピー&ピースの「学習サポート」では、ほぼ毎日子どもたちが来てそれぞれの学びが行われるようになりました。 学校での学習のサポートだけではなく、「そろばん」に「ピアノ」と学びの幅も広がってきました。 ここでは、子ども一人ひとりに学習とこころの成長のプランを立て、学力の向上だけではなく、こころの部分も含めた成長を大切に活動しています。 2学期からはサポートルームの一室を自習室として開放し、ここに通う受験生のために先生たちも来てくれるようになりました。中学...
Add a comment...

Post has attachment
ほめる才能
私は「ほめること」について苦手である。 友達や家族だけでなく、自分に対しても悪いところに注目してしまうことがあるのだ。良くとらえればそれは「謙虚な性格」かもしれないが、「明るい性格」にはなれないかな・・・と思う。 特に子どもとかかわっていて、どうしてもほめるところが見つからない、どうほめたらよいか分からないという時がある。 そんな時は、「よいところ」 + 「ネガティブなこと」 + 「その子の頑張りを丸ごと認める」を考えるとよいらしい。 でも「ネガティブなこと」を最後にしてしまうと、ずいぶん印象が変わる。 例え...
ほめる才能
ほめる才能
gakusapo.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
繰り返しと本質理解
勉強において、大切なのは【繰り返しと本質理解】だ。 ただがむしゃらに勉強するのは、ただ手先だけの作業にすぎない。 人間の記憶には限界がある。 公式などの暗記事項も、ただ暗記するだけではいつか必ず忘れてしまう。 そこで、物事を本質から理解して、他のものと関連づけて勉強すると効率よく勉強できるのでは、と思う。 ただ上部だけで暗記するのではなく、なぜそうなるのかという根本的なところを何度も繰り返し暗記する。 勉強が苦手な子どもほど、問題をがむしゃらに解いたり、英単語を無心で書いているような気がする。 その子たち本人...
繰り返しと本質理解
繰り返しと本質理解
gakusapo.blogspot.jp
Add a comment...

Post has attachment
映画「みんなの学校」を見てきました!
木村校長先生の「大空小は普通のパブリックの学校ですから、特別ではありません。」という一言が印象的でした。どんな小学校でも大空小のように、先生中心でなく、保護者が、地域が、そして子どもたち自身が学校を作り出すことはできるという意味だと思います。 映画を見た直後は「現実はそう簡単ではないよなぁ。」というのが私の正直な感想でした。でも周りをふと見ると、たくさんの地域の人や子どもたちも上映会に来ていました。梅雨の晴れ間の日曜日にも関わらず、こんなにも多くの人たちが「みんなの学校」に興味を持っているなら、この先何か変わ...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded