Profile cover photo
Profile photo
Jerfareza Daviano
105 followers
105 followers
About
Posts

Post has shared content
Yamagata city may not be the #1 sightseeing destination in springtime, but that does not mean it lacks attraction. In fact, it's one of the best places to see sakura near Sendai. Read here for more!
Add a comment...

Post has attachment
2015.10.26 久しぶりと「コーヒーは大丈夫ですか?」
こんにちは、久しぶりにこのブログを更新していません。この数ヶ月は、いろいろなことがありましたし、忙しかったし、ブログを書く気持ちは全然ありませんでした。最近、私は日本の大学に進学することにしました。とういうことは、今は日本に住んでいます。今からのご希望は、日常的に日本語が使われる国に住んでいたら急速に日本語力が伸びることです。 今回の登録は昔のクラスの読んだ論文を紹介しようと思っています。その論文は「コーヒーは大丈夫ですか?」と呼ばれて、内容は気づかずに面白い日本語を言うこと。では、始めましょう! レストラン...
Add a comment...

Post has attachment
2015.05.10 単語 #3
第二章から今まではもう一年が去りましたが、今日は辞書のタッグした言葉、第三章! 気まずい(きまずい)ー>unpleasant, awkward 再試行(さいしこう)ー>trying  again, usually used in application when failing to execute a command 上書き(うわがき) ー>inscription, overwriting (e.g. data/file) 事前(じぜん)   ー>prior, before hand  例:事前に予約を取っ...
Add a comment...

Post has attachment
2015.05.03 バルコニーから見えるの街
最近マレーシアの天気が予測できなくて大勢の人に迷惑させますが、夕日のときはなんとなくキレイな景色が見えるようです。うちのバルコニーから7時ぐらい、日が沈んで始まって空色はだんだん代わることが写真を撮れました。 私のアパートのブロックはクアラルンプール向きではなく、ペタリンジャヤという街向きですので、地平線まで少ない高い建物別として住宅が広げます。私が気づくビルは例えば、MBPJ(ペタリンジャヤの市役所)とAmcorp Mallしかないんですけど、友達に言われて遠くにもSunway Pyramidが見えるようです。
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
2015.04.22 曲の分析1:Time Goes On
高校の頃、友達に「L'arc~en~Ciel」という日本のバンドを紹介してもらって、好きになりました。バンドの一員は音楽が得意ですし、メロディーがきれいですし、歌詞は叙情詩みたいですので今までも大好きです。彼らの曲の中で、特に大好きな曲は「Time Goes On」というタイトルです。私にとって、なんだかこの曲の意味は悲しさと希望をこめて、一回だけ聞いてみたらすぐハマってるようになってしまいました。 全部の歌詞は このリンク で見られますが、歌詞の行列に私の分析は以下のとおりです(歌詞は赤い字で書いております...
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
2015.03.20 理想の生き方
この間、理想の生き方について、2人の日本人の女性をインタビューすることになりました。1人は30分の順番で、様々な答えが聞いてもらってこの作文に構成されました。5つの質問は、下記に書いてあります: 「人生は変わるものだ」。賛成・反対ですか?それについてどう思いますか?  今の仕事は好きですか?  お金持ちになること、どれぐらい大切ですか?  いろいろんな国に住みたいですか?  都会と田舎、どっちが住みやすいと思いますか?  女性A: 自分の生き方の変化をきっかけに、女性Aは「人生は変わるものだ」に賛成しました。...
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
2015。02。24 公園
Click here for English version この7年間私は旅行のためによくシンガポールに行ってきました。毎回行くときにシンガポールの一部を訪れて違う景色を見て気づいたことは、いつもシンガポールが発展しています。簡単に言えばシンガポールは子供みたいに育っています。政府が、常に取り分け新しい電車の線を作ったり、新しい観光名所を建てたり、既存のインフラを更新したりしますが、最近のシンガポールの旅は好例の都市の計画を見させました。もの凄く発展することが工事中なのに、その発展の中では人間の様相 (1)...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded