Profile cover photo
Profile photo
Hiroyuki Tsuruda
502 followers -
Labitというスタートアップを経営する23歳
Labitというスタートアップを経営する23歳

502 followers
About
Posts

Post has attachment
皆さんはもうUberは使っていますか? 筆者は2013年秋から2年で、利用回数が250回を超えました!特に打ち合わせ等で渋谷→六本木(電車でのアクセスが悪い)の移動の際、いつも利用しています。実はかねてより、Uber Japanのエバンジェリストも務めさせて頂いています。今は東京だけですが、京都や大阪、福岡でも始まるといいですね。…
Add a comment...

Post has attachment
アメリカで既にベストセラーとなっている書籍、『Moonshot! – 世界を変えるビジネスはこうつくる!』が、Amazonでの発売予定日(今日 2016/02/24)の前日に青山ブックセンターで見つけたので、早速購入して読んでみました。…
Add a comment...

Post has attachment
今日はポコダンというゲームについて書いてみます! ふだん、他のブロガーさんのエントリーに呼応して自分が記事を書くことは無いのですが、 毎日はてなブックマークをチェックしていて、ちょっと気になったので書いてみます。 「モンハン」「パズドラ」は難しすぎる? “元ゲーマー”から悲鳴 ネットでは異論・反論も – ねとらぼ モンハンパズドラ炎上に関する静かな感想文 – UXエンジニアになりたい人のブログ 僕は、パズドラは抵抗があって途中でやめてしまったタイプで、 モンハンは、一緒に住んでいる友人の影響があって、…
Add a comment...

Post has attachment
長く待ってました、本当に。 Twitterで書いてましたが思わずブログもエントリー。 5120×2880 の解像度、5Dで写真撮る僕としては最高に生産性上げてくれる仕事道具(兼おもちゃ)です。 2拠点になって内装工事中の新しいオフィスに、今年度にそれぞれ2台は導入する予定。価格は USD 2499 〜。30万円以下で一括減価償却するギリギリまでカスタムするつもりです。自宅にも1台導入、Macbook Proはモバイルマシンになっちゃいそう。 新しいRetina…
Add a comment...

Post has attachment
Labit Inc. の第三四半期が始まる2014年10月1日付で、同社の代表取締役CEOの職に戻ることになりました。2011年に創業した株式会社Labitは、新規事業の立ち上げとぶっ壊しの繰り返しや、今年度に入って創業期に作っていた「すごい時間割」(実名での登録学生が二十数万人、クラウドにある大学の講義情報110万件)…
Add a comment...

Post has attachment
Uberには、既に50回以上乗りましたよ! まだ試したことが無い方は、ぜひ登録して乗ってみてください! 本日、渋谷ヒカリエでプレスイベントがあり(広報の方から招待いただいていたのですが台湾にいるため残念ながら参加できず)、8月5日より京都市内でもUberが展開されるとのこと! 僕は昨年11月のプレローンチから既に50回以上は使っているヘビーユーザーで、顔見知りになったドライバーさんも数人います。笑…
...
...
mocchiblog.com
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和、以下「グリー」)は、ホテルの当日予約に特化した専用アプリ「Tonight」をスマートフォン向けに提供開始しました。またサービスのリリースを記念して、会員登録をしていただいた方全員に、期間限定で2,000ポイント(2,000円相当)をプレゼントします。 Uberのようなリアル×アプリ(インターネット)のユーザー体験提供型の新サービス。とりあえず興味深いので登録してみました。…
Add a comment...

Post has attachment
九州出身として、めっちゃ笑った 「守ってもらわんくていいと!」 「頼むけん 帰ってくれん?」「太陽が輝いとうとこへ」 「うん、ばってん」 「いいと!」 「ここでは、一人やけど、自由に生きられるったい。」「あたしに近づかんで」 「それは無理」「なんで無理と?」 「エルサの力で博多が雪と氷で包まれたと。」 「え、博多が?」「エルサなら元に戻せるやろ?」 「いや、無理たい。やり方がわからんと。」 「できるけん、絶対できるけん!」
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded