Profile cover photo
Profile photo
桑原大志
20 followers
20 followers
About
Posts

Post has attachment
Z縫合 術後の安静時間が大幅に短くなりました
マジンガーZは私が子供の頃のヒーローでした。格好良くてともかく強い。その主題歌は今でも諳んじることが出来るくらいです。フェアレディーZは私の学生時代、一世を風靡したスポーツカー。流線形が美しく、特に赤の車が好きでした。Z旗は、現在は横須賀に係留されている戦艦三笠が、往時、マストに掲げ、必死の覚悟をもってロシアのバルチック艦隊に向かっていきました。Z(ゼット)には、アルファベットの最後の文字なので、これが最後、もう後が無いという意味が含まれ、強い決意を表す時に使われるようです。 カテーテルアブレーションの際は、...

Post has attachment
*Z縫合 *
マジンガーZは私が子供の頃のヒーローでした。格好良くてともかく強い。その主題歌は今でも諳んじることが出来るくらいです。フェアレディーZは私の学生時代、一世を風靡したスポーツカー。流線形が美しく、特に赤の車が好きでした。Z旗は、現在は横須賀に係留されている戦艦三笠が、往時、マストに掲げ、必死の覚悟をもってロシアのバルチック艦隊に向かっていきました。Z(ゼット)には、アルファベットの最後の文字なので、これが最後、もう後が無いという意味が含まれ、強い決意を表す時に使われるようです。 カテーテルアブレーションの際は、...

Post has attachment

Post has attachment
たばこと心房細動
心房細動の患者さんの診察中に、夫の喫煙を止めさせたい奥様から、「たばこは心房細動の原因にならないのですか?」と良く質問されます。 「たばこと心房細動」その両者の関係を調べた疫学的研究が6つあります。その内2つの研究は両者に関係はないとしていますが、他の4つの研究は、喫煙は心房細動の危険因であると指摘しています。 喫煙により1.5倍心房細動を引き起こしやすくなる ようです。 実験ではニコチンにより心筋に線維化が起こることも判明しました。線維化した心筋では電気がスムーズに流れなくなり、一旦始まった心房細動が続きや...

Post has attachment
320列CTで分かること
当院では、造影剤アレルギーがなく、腎臓の機能も問題が無い方は、アブレーションを実施する前に、心臓造影CTを行っています。CTは東芝社製のAquilion ONEです。この機器は320列の検出器が0.35秒で体の周りを1回転し、一度に16cm幅のものが撮影できます。心臓の大きさは、ほとんどの人で16cm以下ですので、1回転ですべて撮影可能です。 心臓造影CTの検査目的は、1)心臓の解剖の把握、2)左心耳に血栓がないことの確認、3)冠動脈の性状の確認です。 心臓の解剖を把握すると、それはそのまま、アブレーションの...

Post has attachment
名刀正宗にさらに磨きがかかりました。
東京ハートリズムクリニックを開院して1ヶ月半が経過し、、スタッフも仕事に慣れ、院内業務もスムーズに流れ始めました。9月の最終週から、アブレーションも開始し、今日の段階で、17人の患者さんの手術が無事終了しています。 以前、先端に56個の冷却水の噴射孔がある切れ味するどい 名刀正宗 をご紹介しました。名前はサラウンドフロー(SF)と言います。しかし、先端に精巧な細工を施す必要があったため、カテーテル先端にかかっている 圧を感知するセンサー を取り付けることが技術的に難しったのです。 しかし、ようやく、56穴でな...

Post has attachment
名刀正宗にさらに磨きがかかりました。
東京ハートリズムクリニックを開院して1ヶ月半が経過し、、スタッフも仕事に慣れ、院内業務もスムーズに流れ始めました。9月の最終週から、アブレーションも開始し、今日の段階で、17人の患者さんの手術が無事終了しています。 以前、先端に56個の冷却水の噴射孔がある、切れ味するどい 名刀正宗 をご紹介しました。名前はサラウンドフロー(SF)と言います。しかし、先端に精巧な細工を施す必要があったため、カテーテル先端にかかっている 圧を感知するセンサー を取り付けることが技術的に難しったのです。 しかし、ようやく、56穴で...

Post has attachment
東京ハートリズムクリニック
私、桑原大志は横須賀共済病院を平成28年7月末日に退職し、東京都世田谷区に有床診療所を開設しました。 診療所の名称は「東京ハートリズムクリニック」で、不整脈診療に特化したクリニックです。 横須賀共済病院時代は、師匠の高橋淳先生を始めたくさんの方々にお世話になりました。横須賀で培った技術を、世田谷の地で十二分に発揮したいと思っています。 このブログは今後も継続していきます。 東京ハートリズムクリニック 玄関です

Post has attachment
クライオバルーンアブレーションか高周波アブレーションか? 大規模臨床試験の結果
クライオバルーンアブレーションと高周波カテーテルアブレーションの、心房細動の治療成績を比較する無作為試験が、ヨーロッパで行われました。非常に質の高い、しっかりとした試験です。 結果は両者とも治療成績は同じでした。発作性心房細動患者にアブレーションを実施し、1年後に洞調律(正常の脈拍)を維持出来た人は、どちらの方法を用いても 65% です(下グラフ)。 「65%とは低い成功率」だと思われるかもしれません。 これは、どちらの治療方法を用いようが、 肺静脈隔離術しか行っていない からだと思われます。よってこの試験は...

Post has attachment
クライオバルーンかホットバルーンか?
今年、ホットバルンアブレーションの認可がおりました。葉山ハートセンターの佐竹先生が、それこそ、心血を注いで開発されたものです。横須賀共済病院は、発売前からのこのホットバルーンアブレーションの治験に参加し、私もたくさんの経験があります。 基本的な原理はクライオバルーンと同様で、心房細動起源の巣窟である肺静脈隔離を行います。 クライオバルーンに液体窒素を入れますが、ホットバルーンは、造影剤と生理食塩水を入れて、それを温めて使用します。バルーンの温度は約80℃に上昇し、接触した心筋が温熱壊死します。   日本で行わ...
Wait while more posts are being loaded