Shared publicly  - 
 
国連安保理で対北経済制裁案が満場一致で採択されて以来、北朝鮮国内では不安心理が高まっていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。 しかし、草の根市場経済化が進む現状で、そのような「伝統芸」は思わぬ副作用を呼びかねない。市場からは商品が消えて、値段が高騰し、「第2の苦難の行軍(90年代末の大飢饉)がやって来るのではないか」という噂が広まっているという。…
Translate
1
Add a comment...