Profile

Cover photo
Dailynk Japan
Works at DailyNK Japan
Lives in 東京都
31 followers|33,015 views
AboutPostsPhotosYouTube

Stream

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
韓国大統領府(青瓦台)の鄭然国(チョン・ヨングク)報道官は8日午前、「北朝鮮によるサイバーテロの脅威が次第に増している」とし、サイバーテロ防止法の早期可決を国会に求めた。 一方、情報機関の国家情報院(国情院)は同日、緊急サイバー安全対策会議を開き、政府機関別の対応態勢を点検している。 国情院は7日、北朝鮮が4回目の核実験以降、重要施設のウェブ・サイトやスマートフォンなどへのサイバー攻撃を通じ、サイバー空間への脅威を高めていると説明していた。…
 ·  Translate
1
Add a comment...

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
北朝鮮の対韓国窓口機関である祖国平和統一委員会(祖平統)は7日、「祖平統代弁人共和国の警告に挑戦した侵略者、挑発者は最も悲惨な代価を払うことになるであろう」という声明を通じて、米韓合同軍事演習を非難した。朝鮮中央通信が同日、報じた。 声明は、軍事演習の目的が「わが革命の首脳部を狙った『斬首作戦』と各戦略的要衝を不意に占領するための奇襲上陸作戦、われわれの各核打撃手段に対する先制打撃作戦などを含む「作戦計画5015」の実戦の可能性を確定するところにあると公然と宣伝している」と強調した。…
 ·  Translate
北朝鮮の対韓国窓口機関である祖国平和統一委員会(祖平統)は7日、「祖平統代弁人共和国の警告に挑戦した侵略者、挑発者は最も...
1
Add a comment...

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
北朝鮮の経済制裁に、はやくも動きが出てきた。国連安全保障理事会の新たな北朝鮮制裁決議(2日採択)に基づき、フィリピン政府は5日、北朝鮮の貨物船を差し押さえた。 (参考記事:フィリピン政府が北朝鮮船を差し押さえ…新たな対北制裁を履行) 今回の制裁内容に「原油輸出禁止」と「海外への労働者派遣禁止」の条項が抜けおちていることから、骨抜きにされるという危惧もあるが、中国との大規模な資源取引に制限がかけられたことにより、北朝鮮が必要な外貨収入に関してダメージを与えることは間違いない。…
 ·  Translate
北朝鮮の経済制裁に、はやくも動きが出てきた。国連安全保障理事会の新たな北朝鮮制裁決議(2日採択)に基づき、フィリピン政府...
1
1
Add a comment...

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
北朝鮮の国防委員会は7日、過去最大規模の米韓合同軍事演習が同日から行われることに対し、猛烈に反発する声明を発表した。 時事通信はそれについて、「米韓が最大規模の合同演習=北朝鮮『総攻撃』と威嚇」と題した記事で報じている。記事本文でも、2カ所で北朝鮮が「総攻撃」という表現を使ったと報じている。 しかし、これは明らかな間違いだ。北朝鮮の声明原文を読むと、「総攻撃」という言葉は使われておらず、正しくは「総攻勢」である。ハングル版でも日本語版でも同じだ。…
 ·  Translate
1
Add a comment...

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
北朝鮮の国防委員会は7日、過去最大規模の米韓合同軍事演習が同日から行われることに対し、「全面対応するための総攻勢に進入する」「先制攻撃的な軍事的対応方式を取る」「義の統一聖戦でわが民族最大の悲願を成就する」などとする声明を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。 同通信が伝えた声明全文は次のとおり。  朝鮮国防委員会が無謀な侵略戦争の銃声・砲声を挑発者の悲惨な葬送曲につくると闡明…
 ·  Translate
1
Add a comment...

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
国連安全保障理事会で採択された北朝鮮制裁によって、北朝鮮外交官による相次ぐ違法行為が困難になると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。 北朝鮮と外国を行き来するには、陸路でも空路でも中国またはロシアを経由せざるを得ない。合法、違法問わず北朝鮮の外交官が稼いだ外貨は、この両国、特に中国を通じて北朝鮮に持ち込まれる。 中国経由で100万ドル単位を持ち込み…
 ·  Translate
1
Add a comment...

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
北朝鮮の対韓国窓口機関である祖国平和統一委員会(祖平統)は7日、「祖平統代弁人共和国の警告に挑戦した侵略者、挑発者は最も悲惨な代価を払うことになるであろう」という声明を通じて、米韓合同軍事演習を非難した。朝鮮中央通信が同日、報じた。 声明は、軍事演習の目的が「わが革命の首脳部を狙った『斬首作戦』と各戦略的要衝を不意に占領するための奇襲上陸作戦、われわれの各核打撃手段に対する先制打撃作戦などを含む「作戦計画5015」の実戦の可能性を確定するところにあると公然と宣伝している」と強調した。…
 ·  Translate
1
Add a comment...

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
国連安保理で対北経済制裁案が満場一致で採択されて以来、北朝鮮国内では不安心理が高まっていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。 しかし、草の根市場経済化が進む現状で、そのような「伝統芸」は思わぬ副作用を呼びかねない。市場からは商品が消えて、値段が高騰し、「第2の苦難の行軍(90年代末の大飢饉)がやって来るのではないか」という噂が広まっているという。…
 ·  Translate
1
Add a comment...

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
国連安保理は今月2日、「史上最強」とも言われる対北朝鮮制裁決議案を満場一致で採択した。これに先立ち、中国当局は国内の関係各社に「3月1日から北朝鮮産石炭の輸入を中止する」との方針を伝えており、予告通り北朝鮮からの石炭の輸出がストップした。 平安北道(ピョンアンブクト)のデイリーNK内部情報筋は「現在、中朝国境の新義州(シニジュ)の税関前には、石炭や精鋼を満載したトラックが立ち往生を余儀なくされている。中国の税関から輸入許可が出ないからだ」と明かした。 海上密輸を仕掛けるも…
 ·  Translate
1
1
Add a comment...

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
北朝鮮の金正恩第1書記は6日、ラオスのチュンマリ・サイニャソーン国家主席に誕生日の祝電を送った。朝鮮中央通信が伝えた。 正恩氏が外国の首脳の誕生日に祝電を送り、その事実が公開されているのは近年、サイニャソーン国家主席とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長、シリアのバッシャール・アサド大統領の3人だけ。 朝鮮中央通信が伝えた祝電の全文は次のとおり。
 ·  Translate
北朝鮮の金正恩第1書記は6日、ラオスのチュンマリ・サイニャソーン国家主席に誕生日の祝電を送った。朝鮮中央通信が伝えた。 ...
1
Add a comment...

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
北朝鮮外務省は6日、過去最大規模の米韓合同軍事演習が翌日から行われることに対し、朝鮮半島での戦争に発展すれば「通常兵力による戦争にとどまらない」と警告する報道官(スポークスマン)談話を出した。朝鮮中央通信が伝えた。 談話は演習について「侵略的性格を露骨にさらけ出した危険極まりない戦争行為である」と指摘。仮に戦争に発展すれば、「生死を分かつ朝米対決が世界的な核戦争に拡大されないという保証はどこにもない」と威嚇した。…
 ·  Translate
北朝鮮外務省は6日、過去最大規模の米韓合同軍事演習が翌日から行われることに対し、朝鮮半島での戦争に発展すれば「通常兵力に...
1
Add a comment...

Dailynk Japan

Shared publicly  - 
 
国連の対北制裁によって、北朝鮮国内は緊張に包まれている。こうしたなか、北朝鮮当局は、5月に開催予定の朝鮮労働党第7回大会に向けて、2月23日から「70日戦闘」を開始した。住民を動員して様々な事業を進めようとしており、住民の間から強い不満の声が上がっているとデイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。 両江道(リャンガンド)の内部情報筋は語る。…
 ·  Translate
1
Add a comment...
Story
Tagline
北朝鮮の深部とポテンシャルを探るニュースメディア
Introduction
北朝鮮の深部とポテンシャルを探るニュースメディア
Places
Map of the places this user has livedMap of the places this user has livedMap of the places this user has lived
Currently
東京都
Links
Other profiles
Contributor to
Work
Employment
  • DailyNK Japan
    present
Basic Information
Gender
Decline to State