Profile cover photo
Profile photo
交通事故被害者側専門の福岡の弁護士
2 followers -
交通事故を福岡で弁護士に相談するなら、九州最大級の実績の交通事故被害者側専門の弁護士法人たくみ法律事務所にお任せ下さい”!初期費用(相談料・着手金)jは無料です。
交通事故を福岡で弁護士に相談するなら、九州最大級の実績の交通事故被害者側専門の弁護士法人たくみ法律事務所にお任せ下さい”!初期費用(相談料・着手金)jは無料です。

2 followers
About
Posts

Post has attachment
【解決実績を掲載しました】
福岡市在住の60代の男性が横断歩道で信号待ちをしていた所に後方から自転車で衝突され、左大腿骨頚部骨折等の怪我を負う交通事故に遭われました。

治療中の段階から当事務所にご相談頂いたのですが、弁護士費用特約に入られておらず、弁護士費用が自己負担になってしまうため、後遺障害の認定がおり、相手の保険会社から示談金提示があってから受任するということになり、無事、後遺障害10級の認定がおり、示談金提示が届いたため受任となりました。

その後、当事務所関与のもと、主夫として認められ、裁判をすることなく提示額より約800万円増の1,131万円の補償を受けることができた事例です。

http://www.miyata-kotsujiko.com/175/17501710/175017003800/
Add a comment...

Post has attachment
【解決実績を掲載しました】
福岡市在住の20代男性会社員が赤信号のため停車中、後方より追突され、外傷性頸部症候群等の怪我を負い、車は廃車になるほどの交通事故に遭われました。

事故後、相手方の保険会社からの提示額について納得が出来なかったため、ご相談いただき、受任に至りました。

この方は、事故後約2ヵ月経過した頃にご相談いただいたため、通院よりサポートを行ない、症状固定を迎えたタイミングで当事務所関与のもと後遺障害の申請を行ない、結果、併合14級の後遺障害の認定を受けました。

その後、この結果を元に保険会社と交渉し、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料ともに裁判基準が認められ、295万円の補償を受けることができました。

詳しくは、【解決実績】通院期間中からサポートを行ない、裁判基準で解決した事例(併合14級)をご覧ください。

http://www.miyata-kotsujiko.com/175/17502014/17502509214/
Add a comment...

Post has attachment
【解決実績を掲載しました】
福岡市在住の40代の女性が、駐車場で空くのを待つために停車していたところ、前方の車が突然バックをしてきて衝突されるという交通事故に遭い、むちうち等の怪我を負われました。

症状固定を迎えた後、後遺障害の申請について当事務所に相談され、ご依頼いただきました。

当事務所関与の結果、後遺障害14級9号が認められ、裁判をせずに327万円(裁判基準)の補償を受けることができました。

詳しくは、【解決実績】むちうちで14級9号が認定され、裁判をせず327万円(裁判基準)の補償を受けた事例をご覧ください。

http://www.miyata-kotsujiko.com/175/17502014/175025091149327/
Add a comment...

Post has attachment
【解決実績を掲載しました】
福岡県筑紫野市在住の50代の男性会社員が道路を横断中に直進してきた加害車輌と接触し、外傷性くも膜下出血等の怪我を負う交通事故に遭われました。

症状固定を迎えたタイミングで当事務所に、認定された後遺障害の等級と相手からの示談提示額が妥当かという点について相談され、ご依頼いただきました。

当事務所関与の結果、後遺障害については異議申立を行ない、併合6級から併合4級へ、示談金も、提示額の2倍以上の賠償を受けることができました。

詳しくは、【解決実績】高次脳機能障害で異議申立が認められ、提示より2倍以上の補償を受けた事例をご覧ください。

http://www.miyata-kotsujiko.com/175/175005/1750050272/
Add a comment...

Post has attachment
【解決実績を掲載しました】
福岡県福岡市在住の40代の兼業主婦の女性が信号待ちの停車中に追突され、むちうち等の怪我を負う交通事故に遭われました。

症状固定を迎え、後遺障害14級9号の認定を受け、相手方の保険会社から示談金の提示を受けたため、後遺障害等級認定と示談提示額が適正なものかとご相談をお受けました。

確認したところ、休業損害が提示内容の中ではなしとみなされていたため、ご本人から聞き取りを行なった後、資料収集等を行ない、保険会社と交渉した結果、兼業主婦としての休業損害がみとめられ、慰謝料や逸失利益も裁判をせずに裁判基準で補償されました。

詳しくは、【解決実績】主婦の休業損害、裁判基準の慰謝料等が認められ177万円増額した事例をご覧ください。


http://www.miyata-kotsujiko.com/175/17502014/175025086/
Add a comment...

Post has attachment
【解決実績を掲載しました】
福岡県糟屋郡在住の70代の女性が、夜間に横断歩道のない道路を横断していた際、オーディオ操作をしながら前方不注視の状態で走行していた自動車に衝突されるという交通事故に遭われました。

この事故で、外傷性頚部症候群、腰部捻挫、右足関節外果骨折、右手関節捻挫等の怪我を負われ、症状固定を迎えたものの、怪我の影響で仕事に復帰できず、日常生活にも支障があったため、後遺障害の申請をしたいと当事務所にご相談いただきました。

受任後、後遺障害等級認定のサポートを行ない、14級9号の認定を受け、交渉の結果、裁判をすることなく慰謝料は裁判基準が認められ、過失も20%から15%に引き下げることができ、最終的に治療費を含んで996万円の補償を受けることができました。

詳しくは、【解決実績】裁判せずに慰謝料が裁判基準で認められ、996万円の補償を受けた事案(併合14級)をご覧ください。

http://www.miyata-kotsujiko.com/175/17502014/17502508399614/
Add a comment...

Post has attachment
【解決実績を掲載しました】
福岡県福岡市在住の50代の男性が自動車で黄色点滅の信号機のある交差点に進入したところ、ほぼ止まりかけていた加害車両が、左側の道から急発進をしてきたため、避けられず衝突されるという交通事故に遭われました。

この事故で、左足リスフラン関節脱臼骨折、左足背・左手・左足関節打撲傷、左肋骨打撲等の怪我を負われ、症状固定前に相談・依頼されました。

当事務所にて後遺障害申請を行ない、14級9号が認定され、その結果をもとに保険会社と納得できる内容で示談できるまで粘り強く交渉し、最終的に裁判をせずに338万円(裁判基準)の補償を受けることができました。

詳しくは、【解決実績】相手方保険会社と粘り強く交渉し、裁判せずに裁判基準の賠償が認められた事案をご覧ください。

http://www.miyata-kotsujiko.com/175/17502014/175025082/
Add a comment...

Post has attachment
【解決実績を掲載しました】
福岡市在住の女性が自転車で交差点を横断中に対向右折車に衝突され、右脛骨高原骨折・右内側半月板断裂、前十字靭帯、外側側副靭帯損傷等の怪我を負われました。

症状固定前から当事務所にご依頼いただき、サポートをさせていただいた結果、後遺障害12級13号の認定を受け、裁判をせずに裁判基準以上の賠償を受けることができました。

詳しくは、【解決実績】症状固定前からのサポートで、裁判せずに裁判基準以上の金額で解決した事案をご覧ください。

http://www.miyata-kotsujiko.com/175/17501912/175019008/
Add a comment...

Post has attachment
【解決実績を掲載しました】
福岡県太宰府市在住の40代の女性が自転車で走行中に駐車場から車道に出ようとする車に衝突され、右第5中足骨折、右膝打撲皮下血腫、右足関節外果骨折等の怪我を負う交通事故に遭われました。

事故後、後遺障害申請のために行政書士に相談したところ、保険会社の態度が急変したため、妥当な保険金を受け取れるか不安に感じ、当事務所に相談・依頼されました。

当事務所にて後遺障害申請を行ない、14級9号が認定され、保険会社との交渉を重ね、最終的に裁判をせずに約311万円(裁判基準)の補償を受けることができました。

詳しくは、【解決実績】示談交渉で裁判基準どおりの金額で解決できた事案をご覧ください。

http://www.miyata-kotsujiko.com/175/17502014/175025081/
Add a comment...

Post has attachment

【解決実績を掲載しました】
福岡市在住の男性が原動機付自転車で走行中、右折してきたトラックに衝突し、脳挫傷、右肋骨多発骨折等の怪我を負う交通事故に遭われました。

事故から3ヵ月後ほど経過した段階で、今後の交渉、後遺障害の申請についてご依頼いただき、治療段階からサポートをさせていただきました。

ご依頼者は当初は、肩の痛み、可動域制限、臭覚障害のみを訴えられていましたが、両側頭葉に脳挫傷があること、臭覚脱失もあることから高次脳機能障害が残存する可能性が高いと思い、奥様への確認などをおこなった結果、記憶障害が認められ、後遺障害併合8級の認定を得ることができました。

詳しくは、【解決実績】高次脳機能障害、嗅覚障害、肩関節の機能障害で約2,200万円の補償を受けた事案を是非ご覧ください!

http://www.miyata-kotsujiko.com/175/175005/1750050252200/
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded