Shared publicly  - 
 
日米欧など主要20か国・地域(G20)が、14日からワシントンで開く財務相・中央銀行総裁会議で、タックスヘイブン(租税回避地)を利用した富裕層の課税逃れに対する監視強化を協議する見通しになった。 経済協力開発機構(OECD)も13日、各国の税務当局による緊急会合をパリで開く。
1
Add a comment...