Profile

Cover photo
チューリッヒ保険会社
19,250 followers|1,312,907 views
AboutPostsPhotosVideos

Stream

 
【ご存知ですか?消火器の点検チェックポイント】
本日1月19日は #家庭用消火器点検の日 です。
みなさんのご家庭に消火器はありますか?
比較的身近な消防器具ですが、点検をしたことがない・・・という方もいらっしゃるかもしれませんね。
この機会に確認しましょう!



■安全ピン・ホース・レバーなどに破損はありませんか?
■容器にさびや変形はありませんか?
■使用期限は過ぎていませんか?
また、使用期限を過ぎた消火器は、専門の業者に引き取ってもらうことでリサイクルされます。
古い消火器による破裂事故なども発生していますので、半年に1回程度は点検することが望ましいそうですよ。
 ·  Translate
1
Add a comment...
 
【おもしろスポット・阿波の土柱】

徳島県の阿波市にある「阿波の土柱(あわのどちゅう)」を知っていますか?

アメリカのロッキー山脈、イタリアのチロル地方と並んで「世界三大奇勝(きしょう)」と言われており、国の天然記念物にも指定されています。

このように雨水の浸食作用によって形作られた土柱は、世界でもこの3箇所でしか見られない珍しい風景だそうですよ。

なんと高さは20m近くに達するものも!自然の力に圧倒されますね^^
 ·  Translate
1
Add a comment...
 
【見つけたら「いいね!」間違い探し】

頭の体操で、スッキリとした一日を過ごしましょう!
画像の中に一つだけ、他のものとは違うイラストがあります。
あなたは何秒でわかりましたか?

5秒以内→頭スッキリ!もしかして天才!?
10秒以内→冴えていますね!さすがです☆
30秒以内→人並みレベルです><
わからなかった…→ちょっとお疲れかも…?

コメント欄で結果を教えてくださいね^^♪
 ·  Translate
2
チューリッヒ保険会社's profile photo
 
正解は上から3段目、左から3つ目でした!次回のチャレンジもお待ちしております!
https://plus.google.com/photos/...
 ·  Translate
Add a comment...
 
【暖かさを保つ毛布の使い方とは?】
今日は #小寒 。いわゆる「寒の入り」のことで、一年のうち最も寒さが厳しくなる頃です

寒い冬は暖かい布団で眠りたいですね。みなさんは保温効果が高くなる毛布の使い方をご存知ですか?
それは



羽毛布団の上に毛布をかけること!

羽毛布団は体温を感知して保温性を高めます。そのため、羽毛布団を直接身体に触れさせ、その上に毛布を掛けることで、熱が逃げず、高い保温効果が期待できるのです。

羽毛布団と毛布の組み合わせで睡眠時間を暖かく過ごしましょう!
 ·  Translate
1
Add a comment...
 
【「正月ボケ」を治すには?】
正月休みが終わり「今日から仕事始めだ!」という方も多いのではないでしょうか?
長いお休みの後は、どうしてもぼーっとしてしまいがち。今回はそんな「正月ボケ」の解消法をご紹介します!



「正月ボケ」の原因は体内時計の乱れ。生活リズムを整えることが脱出への近道です。
朝は起きたらすぐにカーテンを開け、太陽の光を浴びて体を目覚めさせましょう。また、起床後1時間以内に朝食を取ることで、体内時計をリセットさせます。
そして、夜は眠る1、2時間前にぬるめのお湯に浸かることで、スムーズな入眠を促します。眠るときは電気を全て消して昼と夜の明暗差をはっきりつけると良いでしょう。
お休み中も規則正しい生活を続けるのは難しいもの。せめて一日でも早く気分をスッキリとさせたいですね^^
 ·  Translate
2
Add a comment...
 
【保険豆知識 ~自動車の補償~】
自動車保険の補償内容についてご説明して来ましたが、最後は自分の車の補償についてご紹介します。



車両保険は偶然な事故で自分の車が損害を受けた時に保険金が支払われます。
補償の対象となるのは「衝突」、「火災・爆発」、「台風・洪水・高潮」、「盗難」、「自損事故」、「当て逃げ」など。
チューリッヒにはワイドカバー型と限定カバー型(エコノミー)の2種類があり、それぞれ保険料や補償範囲が異なるので注意が必要です。
各自動車保険会社によっても違うので、ぜひお問い合わせのうえ自分に合った保険をご検討ください。
過去の投稿はこちらをご覧ください。
①相手への賠償の違い
http://bit.ly/2gBxUuw
②自分のケガに対する補償
http://bit.ly/2gqttPL
 ·  Translate
1
Add a comment...
 
【もしも地震が起こったら、車はどうする?】

今日で阪神・淡路大震災から22年です。
みなさんは運転中に地震が発生したときどうするべきか、心構えはできていますか?
ドライバーが取るべき行動を、念のために確認しておきましょう。

■急ハンドル・急ブレーキは避け、出来るだけ安全に車を道路の左側に停止させましょう。
■ラジオなどで地震情報や交通情報を確認し、周囲の状況に応じて行動しましょう。
■車を置いて避難する場合は、出来るだけ道路外に駐車し、エンジンキーは挿したままにしておきましょう。

阪神・淡路大震災では、放置された車両が渋滞を引き起こしたり、緊急自動車の通行を妨げてしまったりしたことがあったそうです。
いざというときこそ、冷静に行動したいですね。
 ·  Translate
2
Add a comment...
 
【おもしろスポット・さざえ堂】
こちらは福島県会津若松市の飯盛山に建立された「会津さざえ堂」。
正式名称は「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」といいます。
特徴はその内部。
上りと下りが全く別の通路で一方通行になっており、たくさんの参拝者がすれ違うことなく安全にお参りできます。
過去には三十三観音像が通路に沿って安置され、ここをお参りするだけで三十三観音参りをすることが可能であると謳われていました。
その珍しい建築様式が認められ、平成7年には国の重要文化財にも指定されています!不思議な二重構造のらせん階段をぜひ体験してみませんか?
 ·  Translate
2
Add a comment...
 
【ご存知ですか?塩が固まるのを防ぐ○○】
本日1月11日は #塩の日 。長時間保存しても品質がほとんど変わらず、賞味期限がない調味料です。しかし、湿度には弱く固まってしまうことも。そこで、湿気を予防する「ある物」と一緒に保存するのがオススメなのですが・・・その「ある物」とは何でしょう?
答えは・・・



「炒ったお米」です!
炒り米は優秀な乾燥剤。生米をフライパンやトースターできつね色になるまで加熱し、よく冷ましてから一緒に塩の容器に入れましょう。

また、塩はニオイが移りやすい食品でもあるので、洗剤や香料など香りの強いものの近くには置かないようにしてくださいね^^
 ·  Translate
2
Add a comment...
 
【警察相談専用電話「#9110」を知っていますか?】
本日1月10日は #110番の日 です。110番の適切な使用を推進するため、昭和60年に警察庁が制定しました。

昨年の110番通報受理件数は約180万件。ですが、そのうちの約3割は相談やいたずらなどの緊急性の低い内容なのだそうです。

「110番」は今すぐ警察官が駆けつける必要がある、緊急の事件・事故を受け付ける「緊急通報用」の電話です。そこで、まだ犯罪や事故の発生には至っていないものの、生活の安全に関する悩みがある場合は、警察相談専用電話「#(シャープ)9110」を利用しましょう!

この番号では専門の相談員が、防犯指導や別の相談窓口の紹介などを行っています。

警察官が本来必要な現場に迅速に向かえるよう、適切に110番通報を使用したいですね。
 ·  Translate
1
Add a comment...
 
【ご存知ですか?フロントガラスの曇り対策】
冬はフロントガラスが曇りやすくなりますよね。
視界が悪い状態での走行は大変危険です。冬本番の今、原因と対策を確認しましょう!



■フロントガラスの汚れを拭き取る
→ホコリやタバコのヤニなどの汚れは結露の原因になります。フロントガラスは外側だけではなく、内側も綺麗にしておきましょう。
■エアコンを駆使する
→車内の湿度が高いのも曇りの原因です。「A/C(エアコン)」と「デフロスター(曇り取り)」を使用して除湿を行いましょう。その際、設定は「外気導入」にして乾燥している外の空気を取り入れるのが有効です。
■窓を開ける
→冬場の曇りは、車内外の温度差も原因の一つ。窓を開けて空気を入れ替え、車内と外の温度差をなくしましょう。
冬のドライブも曇りをなくし安全運転で、快適に楽しみたいですね^^
 ·  Translate
1
Add a comment...
 
【ご存知ですか?絶滅危惧種の野生生物】
先日、動物園の人気者であるキリンが絶滅危惧種に指定されました。

このように絶滅の恐れがある生物をリストアップした「レッドリスト」には、現在約何種類の生物が掲載されていると思いますか?
A.約5,000種類 B.約13,000種類 C.約20,000種類
正解は・・・



「C.約20,000種類」です!
他にもジャイアントパンダやライオンなど、馴染み深いようでいて絶滅の危険が叫ばれている動物は数多くいます。

その理由はさまざまですが、その多くは環境破壊や密猟など残念ながら我々人間が原因。これ以上絶滅が進まないように、上手く共存していきたいですね。
 ·  Translate
1
Add a comment...
Story
Tagline
自動車保険・バイク保険・傷害保険のチューリッヒ ようこそチューリッヒ保険Google+ページへ
Introduction
自動車保険・バイク保険・傷害保険のチューリッヒ
ようこそチューリッヒ保険会社のGoogle+ページへ

みなさまと向き合い常に身近で役に立つ存在でありたい。
私たちチューリッヒ保険会社は、コミュニケーションを大切にしています。

チューリッヒ保険では、自動車保険 バイク保険 傷害保険を主に販売しております。

"ケア"の心でみなさまの声(ニーズ)を理解し、"イノベーション"の発想で、期待を超えるサービスを提供したいと考えております。Google+ページ(Innovation)を通じて、みなさまへケア(Care)をお届けします。

ぜひ、サークルに追加してくださいね。


**********************************************************
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)
コミュニケーション・ガイドライン

チューリッヒ保険会社(以下、当社)では、当社が運営するソーシャルメディアアカウント(以下、当社アカウント)に対して、以下のコミュニケーション・ガイドライン(以下、本ガイドライン)を定めております。
皆様(以下、ユーザー)と円滑なコミュニケーションを図るため、当社アカウントのご利用にあたっては、本ガイドラインの内容に同意の上ご利用ください。 なお、本ガイドラインは予告なく変更させていただく場合がございますので、ご利用の際には最新のガイドラインをご覧ください。
1. 運営について
(1) 運営者: チューリッヒ保険会社 (チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)
(2) 運営ソーシャルメディアアカウント:
     Facebook  
     ページ名: チューリッヒ保険会社 
     ページURL: http://www.facebook.com/ZurichJapan

    Twitter  
     アカウント名: チューリッヒ保険会社
     アカウントID: @ZurichJapan
     アカウントURL: http://twitter.com/ZurichJapan
      
     アカウント名: チューリッヒ保険会社
     アカウントID: @ZurichJapan_cp
     アカウントURL: http://twitter.com/ZurichJapan_cp

    YouTube  
     チャンネル名: チューリッヒ保険会社 
     チャンネルURL: http://www.youtube.com/ZurichJapan

    Google+  
     ページ名: チューリッヒ保険会社 
     ページURL: http://gplus.to/ZurichJapan


(3) 運営内容: 当社の行っている活動や商品に関する情報等、様々なコンテンツを発信してまいります。
(4) 当社がコンテンツを発信する時間帯: コンテンツ発信の時間につきましては、特に定めておりません。
(5) 運営期間: 当社アカウントは、予告なく運営を終了し、または削除される場合があります。

2. 当社アカウント上にお寄せいただくお問合わせへの対応
(1) 当社は、当社アカウントに対するコメントや投稿の全てに返信するものではありません。
(2) 当社は、当社アカウントに対するコメントや投稿の受信管理を行っておりません。
(3) ユーザーにより投稿されたコメントについてのお問合わせ等に関して、お答えいたしません。
(4) 当社や当社商品に関するお問合わせやご意見等につきましては、http://www.zurich.co.jp/utility/contact.html までご連絡ください。
 
3. 当社アカウント利用における注意事項
(1) 当社は、当社アカウントにおける情報の正確性、完全性、確実性、有用性について一切責任を負いません。
(2) 当社は、ユーザーにより投稿されたコンテンツ(コメント、写真、動画など)について一切の責任を負いません。
(3) 当社は、ユーザーが当社アカウントを利用したことにより、または利用できなかったことにより被った損害について責任を負いません。
(4) 当社は、当社アカウントに関連して生じたユーザー間のトラブルまたはユーザーと第三者との間のトラブルによってユーザーまたは第三者の被った損害について責任を負いません。
(5) 当社は、(1)~(4) に掲げたもののほか、当社アカウントに関連する事項によってユーザーまたは第三者の被った損害についても責任を負いません。
(6) 投稿されたコンテンツの著作権等は当該投稿を行ったユーザーご本人に帰属しますが、投稿されたことをもって、ユーザーは当社に対して、コンテンツの全部または一部を、ユーザーの事前承諾およびユーザーへの対価の支払なく、全世界において非独占的に使用(複製、加工、翻訳、抜粋、公開など)する権利を許諾したものとし、かつ、当社に対して著作権等を行使しないことに同意されたものとします。
(7) 当社がユーザーから個人情報を取得する場合には、当該個人情報を当社の「個人情報保護方針」 (http://www.zurich.co.jp/agreement.html)に基づいて適切に取り扱います。
(8) 当社アカウントは、各ソーシャルメディアの運営団体のシステムによって運用されておりますので、当社は、ソーシャルメディアのシステム運用状況に関してはお答えすることができません。また、それぞれのソーシャルメディアサイト、ソーシャルメディアの運営団体、または第三者から提供されたソフトウェアやアプリケーションの機能、ご利用方法ならびに技術的なご質問等に関してもお答えすることができません。
(9) 当社は、本ガイドラインを予告なしに変更することがあります。

4. 禁止事項について
ソーシャルメディアにおける円滑なコミュニケーションを実現するため、当社アカウントをご利用される際には以下のような行為はご遠慮ください。ユーザーの行為が以下のいずれかに該当する場合、投稿の削除や投稿アカウントのブロックなどの対応をすることがあります。
(1) 本人の承諾なく、他のユーザーまたは第三者の個人情報を特定、開示、漏洩する行為
(2) 当社、他のユーザー、その他の第三者に損害を与える行為
(3) 当社アカウントを通じて提供される情報を改ざんする行為
(4) 当社の承認なく当社アカウントを通じ、または当社アカウントに関連して行う営利を目的とする行為
(5) 当社、他のユーザーその他の第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為
(6) 当社、他のユーザーその他の第三者を誹謗、中傷し、または名誉もしくは信用を傷つける行為
(7) 法律・法令、公序良俗に反する行為、またはそれらを誘発させる行為
(8) 「購入しない方がいい」、「絶対に止めるべき」、「最悪」、「最低」などの独断的・断定的表現を含む内容を投稿する行為
(9) 虚偽の内容や誤解を招く内容を投稿する行為
(10) 選挙活動、宗教活動またはこれらに類似する行為
(11) 当社アカウントの運営を妨げる行為
(12) その他、各ソーシャルメディアの運営団体の定める不正行為に該当する行為
(13) 当社アカウントの目的に関係のない投稿を行う行為
(14) 当社を含む第三者になりすます行為
(15) その他、当社が不適切と判断する行為

5. 当社による基本情報へのアクセスについて
ユーザーによる当社アカウントへのファン、フォロワー、およびお気に入りチャンネル登録をもって、ユーザーが公開している情報(ユーザーの名前、プロフィール写真、 性別、ネットワーク、ユーザーID、友達リスト等、公開されているプロフィール情報)への当社によるアクセスを許諾したものとみなします。

6. 準拠法・裁判管轄について
本ガイドラインには日本法が準拠法として適用され、また、当社アカウントに関して生じる紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

7. お問合わせについて
当社および当社商品に関するお問合わせやご意見等につきましては、http://www.zurich.co.jp/utility/contact.html までご連絡ください。


Contact Information
Contact info
Address
東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス16階 チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド 日本支店