Profile cover photo
Profile photo
KINBRICKS NOW
86 followers -
中国・新興国・海外ニュース&コラム
中国・新興国・海外ニュース&コラム

86 followers
About
Posts

寄稿しました

猛スピードで変わる巨大都市――中国「深セン」に賭ける日本人たち - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/feature/1095

超高速で変化、成長する新興都市・深圳。この街で働くとはどういうことなのか。ドローンメーカーDJIで働く宮谷さん、EMS「ジェネシス」の創業者である藤岡さんにお話をうかがいました。
Add a comment...

『週刊エコノミスト』2018年10月2日号(9月25日発売)の特集「10の疑問で解き明かす中国の闇」に寄稿しました。

https://www.weekly-economist.com/20181002contents/

おどろおどろしい特集タイトルですが、私は山東省徳州市にでかけたら駅にタクシーもライドシェアもなくて往生した、駅の周囲に巨大な開発区があるけど基本は草原……という話から、中国の鉄道開発を中心とした開発投資についてお話しています
Add a comment...

Post has attachment
寄稿しました。

LINE対ソフトバンク!モバイル決済「焼銭大戦」で漁夫の利を得るのはアリペイ? | DG Lab Haus https://media.dglab.com/2018/09/20-pay-01/

アリペイデー2018で、ライバルとなるLINE PayとPayPayのトップが登壇。熱い火花を散らしました。LINEが驚異の5%ポイントバックを宣言すれば、PayPayは加盟店手数料無料は当たり前、逆に利用額の1%キャッシュバックという赤字まっしぐらのキャンペーンを宣言。

札束での殴り合い、すなわち「焼銭大戦」は中国ではいたるところでくり広げられていますが、日本ではあまり目にしません。ただモバイル決済の分野では特大の殴り合いが展開され、社会に大きな影響を与えそうです。
Add a comment...

寄稿しました。

アリババ馬雲氏「引退宣言」は用意周到だった | IT・電機・半導体・部品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 https://toyokeizai.net/articles/-/237858

コミュニケーション能力とビジョン、ジャック・マーの卓越した能力について。(おそらく)日本語では初めて、ジャックの「ビッグデータとブラジャー」漫談についても紹介しておきました。
Add a comment...

寄稿しました。

アリババ馬雲氏「引退宣言」は用意周到だった | IT・電機・半導体・部品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 https://toyokeizai.net/articles/-/237858

コミュニケーション能力とビジョン、ジャック・マーの卓越した能力について。(おそらく)日本語では初めて、ジャックの「ビッグデータとブラジャー」漫談についても紹介しておきました。
Add a comment...

Post has attachment
寄稿しました。

「やがて、コンテンツは「テンセント」に呑み込まれる」
2018年10月号 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) https://forbesjapan.com/magazines/detail/84

ウィーチャットとウィーチャットペイの話ばかりが取り上げられるテンセントですが、その利益源はゲームを中心としたエンタメ。その中でも次の「金の卵」、IPを生み出すネット文学とマンガプラットフォームについて取材しました。
Photo
Photo
2018/09/01
2 Photos - View album
Add a comment...

寄稿しました

中国バイオ大手BGI社に激震 テクノロジー歓迎の反動か  | DG Lab Haus https://media.dglab.com/2018/08/24-bgi-01/

中国を代表するバイオ企業、BGI(華大基因)に激震が走っている。株価は昨年11月のピーク時の1/3以下となっている(2018年8月21日現在)。飛ぶ鳥を落とす勢いだった新興企業にいったい何が起きたのか?
Add a comment...

Post has attachment
寄稿しました。

深圳カルチャー特集、中国Q&A、DJI本社取材、中国コンシューマープロダクトのデザイン進化、中国のライフスタイルの変化など15ページぐらい担当しています。

純粋なカルチャー話はさっぱりわからないので、生活とビジネスとカルチャーがごった煮になった不思議な記事を寄稿しました。ご一読いただけましたら、嬉しいです!

Pen(ペン) 2018年 9/1号[いま最も知りたい国 中国最新案内。]
Add a comment...

寄稿しました。

中国の強みは社会実装のスピードにあり? ――現代中国・イノベーションの最前線 | GEMBA - "現場"の未来を切り拓くメディア https://gemba-pi.jp/post-173000?utm_source=fb&utm_medium=post&utm_content=173000

高齢化、地方政府の債務、公害、年金財源の不足……個々の社会問題を数え上げていくと、中国の置かれた状況とて楽観視できるものではない。それでも「楽観世界一」の座を保持しているのはなぜだろうか? 経済成長が続いているから、それだけが理由ではない。

中国を取材していて強く感じるのは、さまざまな課題があってもテクノロジーで克服可能だとの信念だ。
Add a comment...

NIRA総研の冊子『わたしの構想』の特集「IT大国 中国の前進」に寄稿しました。
http://www.nira.or.jp/outgoing/vision/entry/n180810_899.html

中国企業の「野蛮な成長」について。そうそうたる顔ぶれの中にまぜていただいて、お恥ずかしいかぎり。
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded