Profile cover photo
Profile photo
Hayashi Takahiro
2 followers -
精神科 心療内科 産業医 ストレスチェック
精神科 心療内科 産業医 ストレスチェック

2 followers
About
Posts

Post has attachment
私の開発した、特許の乳酸菌【ベストトリム】が一番いいと思います。

Post has attachment
うつ病の原因には諸説ありますが、私たちが現在考えている病因を、ありきたりの解説ではなく現実的に3項目に整理して解説してみます。

(1)挫折によるうつ病

(2)ストレスによるうつ病

(3)体の衰えによるうつ病

【1、挫折によるうつ病】

◎失恋や試験の失敗などが原因でうつ状態に陥るケースで、若い人たちに多いので『新型うつ病』などと呼ばれることもあります。精神科医の中には古典的な内因性うつ病とは原因や経過などの病態が異なるために、この病態をうつ病とは考えない人もいますが、私たちはうつ病の発病メカニズムが一致しているのでうつ病に含んで良いと考えています。

◎少し難しい話になりますが、『うつ病の原因』の一つには、私たちの脳幹部(=脳の奥底の中心部)にある『外側手綱核』という場所が機能に変調をきたすことが上げられると、私たちは考えています。

◎『外側手綱核』の主な機能は、期待が裏切られたときに、その行動を禁止して同じ失敗を繰り返さないように、大脳皮質に指令を送ることだと研究されています。つまり、何かを期待して、期待通りの結果が出ないと、外側手綱核がその行動を禁止する指令を大脳皮質に送るのです。

◎職場で繰り返し厳しく叱られたり、何をやっても自分は駄目だとガッカリさせられたり、繰り返し何かに失敗して挫折感を積み重ねることで、外側手綱核の神経細胞の機能が変調して、禁止信号を出し続けるようになってしまった状態が、このタイプのうつ病と『気分障害』の発病メカニズムで、原因が外部との関係にあるので、正しくは『適応障害』と診断するべきかも知れませんが、新型うつ病の本体だと考えています。

◎この状況の患者さんは『周囲のせいで自分はこうなった』との他罰的感情を併せ持つことが、従来のうつ病と異なる点です。

【2、ストレスによるうつ病】

◎このタイプの方は都会部で精神科・心療内科の外来を訪れるうつ病患者さんの中では一番多いパターンのようです。長時間労働や休憩時間のない頭脳労働、さらには自宅に持ち帰ってまで仕事に追われたり、自営業で常に仕事が頭から離れない方…発病の背景は様々ですが、このような長期間の重課ストレスに曝されるのが発病の原因です。

◎ストレス状態では、体内でストレスホルモンの副腎皮質ステロイドが大量に生産されて、そのホルモンの影響で大脳皮質で神経細胞の連絡接点である『シナプス』が減少して、さらには神経細胞の働きも遅くなり、『頭が回らない』『脳が働かない』という自覚症状が出現します。また、記憶中枢である海馬の働きも悪くなり、物忘れや単純な間違いが増えてきます。

◎この発病初期に正しい治療を開始すれば軽症で済むのですが、さらに無理を続けると、論理的な思考能力が低下して仕事上のミスなどが多発するようになります。仕事でミスを重ねると(1)のケースと同じように自分は駄目だとの挫折感が増加して、外側手綱核の機能変調をきたす結果に陥ります。

◎外側手綱核が変調すると(1)の挫折によるうつ病の場合と同じように、意欲の低下と憂鬱な気分が増加して、うつ病の病態になります。この場合は、うつ病特有の『自分が悪いからこうなった』と自責の念が前面に出やすくなります。

【3、体の衰えによるうつ病】

◎このタイプのうつ病が古典的に『内因性うつ病』と呼ばれていた病態と概ね一致しています。私たちは『更年期うつ病』とほぼ同じだと考えています。性別的には女性により多く、30代から60台に発病のピークを見ます。

◎女性は更年期になると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が急に減少しますが、エストロゲンには神経細胞の連絡接点であるシナプスと脳神経細胞の働きを保護する力があります。したがってエストロゲンの急激な減少は脳の機能低下となり、記憶力が低下して思考力や判断力が衰えるために、日常生活や仕事上の失敗が増えます。ここから先は(2)のケースと同じ道筋をたどり、外側手綱核の機能変調をきたして『内因性うつ病』に陥ります。

◎男性の場合は、テストステロンという男性ホルモンがエストロゲンに似た脳神経保護作用があるので、男性更年期でもよく似た病態が起こり得ますが、女性ほど顕著ではありません。さらに、より高齢者では、脳神経そのものの機能が老化によって低下することがあるために、老人性のうつ病が発生します。このような症例もこのグループに分類できると思います。

Post has attachment
生後100日間が、新生児の発達中の免疫系にとって「臨界期」である
これが一番大切な部分ですね。

Post has attachment
小生の研究成果が、世界のあちこちで検証されてきています。

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment

生きたブレーベ乳酸菌でアトピー撃退!赤ちゃんと子どものアレルギーは妊娠中からのお母さんの乳酸菌摂取で発病が予防できます。詳しくは講演会のライブ録画をご覧ください。

Post has attachment
子どものアトピー性皮膚炎には生きた乳酸菌(ブレーベ菌)が有効です
http://119c.web.fc2.com/besttrim33.html
Wait while more posts are being loaded