Profile cover photo
Profile photo
Gentu Uozumi
51 followers -
診療所を廃業した医師
診療所を廃業した医師

51 followers
About
Gentu's posts

Post has attachment
仏教思想のゼロポイント
仏教思想のゼロポイント 魚川祐司 文献を読み 自分でよく考えている 基本スッタニパーダ 労働の否定 生殖の否定

Post has attachment
現代版 マハーバーラタ物語
現代版 マハーバーラタ物語 編著者 シャンタ・R・ラオ 訳者 挿絵 バドリ・ナラヤン 谷口伊兵衛 発行所 有限会社 而立書房 2016年10月25日 第一刷発行  この本をまだ全部読み終えていないが、かなりの衝撃を受けている。   はじめに ”・・・・・幾世紀にわたって、それは広大なインド中に、連綿たる口碑を形づくってきた逸話、諺、警句の無尽蔵の宝庫として知られてきました。・・・・・”    恨み、欲、美しさ、思いが 大きく深く長い。 良いこと 正しいことの 答えはない。   こういう所から生まれてきた ブッ...

Post has attachment
佐藤勝彦 監修 量子論を楽しむ本 PHP文庫
30p ー31p ボーア:量子論の世界は、私たちの常識とは違う不思議な世界ですが、常識外れにもかかわらず、なぜその奇妙なルールを受け入れなければならないのかという点を理解してもらいたいと思っています。奇妙だけどとにかく信じなさいと言うだけでは、オカルトや怪しいい宗教と同じですからね。 そのために説明の際には、多少理屈っぽい部分が出てくると思うんですが、可能な範囲で結構ですので理解できるようにがんばってチャレンジしてみてください。量子論を作った私たちの試行錯誤、そして驚きと興奮の連続を、みなさんにも追体験してい...

Post has attachment
アメリカ大統領選
アメリカ大統領選 トランプ氏、クリントン氏支持者は異なっている。しかし、願っていることはゆっくり働ける場所だ。1%の富める者になろうと思っている人はいない。トランプ氏は移民を減らしてすでにアメリカ本土にいる人に労働の場所を与えよと、労働の場所を中国からアメリカ本土に持ってこようと 訴えている。クリント氏は1%の富める者以外のあらゆる性別、人種、学歴のものに労働の場所と社会保障を与えよと訴えている。 競争と科学技術と言う 欲を抑えて 暮そうではないかと 言うことがほとんどのアメリカ国民が思っていることではないか...

Post has attachment
インド人の謎  拓徹著  星海社新書 株式会社 星海社 を読ん
作者は インド滞在12年 の 研究者 らしい。   わかりやすく カーストについて、仏教の歴史的意義について 書かれているところがあった。現代の研究者は 日本の僧侶が書いたものより はるかにわかりやすく 教えてくれていると思った。また 現代の研究がそこまで進んでいるのか と 感じた。 この本の定価は860円 2016年6月23日 第一刷発行 第1章 インドの近代とカースト制度の謎 41ページ :そして、こうした旧来のインド社会を特徴づけていたのが、広範な森林の存在です、森はそこに住む部族民たちの生活の場である...

Post has attachment
ブッダの家出から
 仕事をやめて働いていない自分が 自転車に乗っている。混雑した通勤電車に乗っている。 働いたり 学校で勉強したり 子育てをしている人を 眺めていた。     ブッダが家出をした時の状況を思ってみた。もしブッダが私たちと同じような ヒト で 人の話をよく聞き 穏やかな性格で ものごとをよく考え、ありもしないことは考えない。そのような 人 だったら。  何らかの原因で家出をした。 とりあえず 森に隠れた。何か人のためになることをしようと考えた。  人は生老病死で苦しんでいるから それをなんとかしてあげれば 良いこ...

Post has attachment
障害者施設殺人事件の考察 2
本日の京都新聞に 周囲に理解されず手紙 相模原殺傷 容疑者の責任能力調査  の 記事あり。      捜査関係者によると 植松容疑者は 「抹殺することが救済だと周囲に説明しても、分かってもらえなかったから」 「自分の考えに賛同す人は多いはず」 「何で分らないのだろうと思った」 と不満そうに話している。     こうした主張に固執する容疑者の精神状態について捜査。横浜地検は責任能力の有無を判断するため、鑑定留置を請求するとみられる。  記事からは誰を抹殺し 何を何から救済する と 容疑者が主張しているのか わか...

Post has attachment
本 禅と戦争 を 読んで
新装版 禅と戦争 禅仏教の戦争協力 ブライアン アンドレー ヴィクトリア 著 エイミー ルイーズ ツジモト 訳 えにし書房  発行 2015年12月20日 初版第一刷   お国のため、戦争勃発、日本刀を持った将校の姿 それらは 国家神道、国体護持の思想に支えられたものと なんとなく思っていた。廃仏毀釈の政策で日本の仏教は戦争とは関わりのないものと思っていた。 仏教は人殺しはしないものとおもっていた。 この本を読んで その考えは 全くの間違いであると分かった。 浄土真宗、浄土宗、曹洞宗、臨済宗、日蓮宗、天台宗、...

Post has attachment
障害者施設殺人事件の考察。
①阿弥陀信仰と②ブッダの教えから 考えてみる。 ①阿弥陀信仰 殺人をおかした人について。阿弥陀仏を信じることができれば、浄土の世界にいくことができる。殺人という行為と浄土に行くことは 不連続である。信仰だけでつながっている。 ②ブッダの教え 犯人は人間という生き物をころしている。野菜や肉という生きたものあるいは生きていたものを食べないと私達は生きてゆくことができない。無駄に殺しているわけではない。  犯人は 自分が生きてゆくために殺したのではない。殺した人間を食べて生き延びるわけではない。殺さなくとも、自分は...

Post has attachment
本 [ロボットの脅威] と [アメリカ大統領選挙]について思うこと
ロボットの脅威 人の仕事がなくなる日 マーティンフォード著 松本剛史訳 日本経済新聞出版社 この本の中で 言われ続けている. 雇用創出の減少、雇用なき景気回復の長期化、長期失業者の増大(p69)である。    また2014年5月アメリカの雇用なき回復の時期が終わりを告げた。しかし完全雇用が戻ってきたとしても、こうした職の質が大幅に落ちたという広い見解の一致がある。危機は何百万という中流階層の雇用を消し去り、その回復の過程で多くの雇用が生みだされたが、それは低賃金のサービス業界に偏っている。その大多数はファース...
Wait while more posts are being loaded