プロフィールのカバー写真
プロフィール写真
papas
基本情報
投稿

投稿に添付ファイルが含まれています
一般公開
Gerry Mulligan – Night Lights Recorded September 1963 Philips       バリトン・サックスでジャズを開拓したジェリー・マリガンの人気盤ですね。 心地よく優しいメロディーが聴ける「ナイト・ライツ」はタイトルどうり”都会の夜”のムードが漂う暖かみのある曲調です。マリガンと言えばピアノ・レスの印象が強い様ですが表題曲の「ナイト・ライツ」ではマリガン自身のピアノを聴くことができるのも興味深いところですね。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
一般公開
Jaco Pastorius – Word Of Mouth Recorded 1980-81 Warner Bros       ベースの歴史を変えた “革命児” ジャコ・パストリアス。 70年代半ばから80年代初頭にかけて、ウエザー・リポートで活躍しその名を広く知らしめたジャコ・パストリアスが、同グループ在籍中に自身のバンド 「ワード・オブ・マウス」 によって録音したのが本作ですね。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
一般公開
Donald Byrd – Fuego Recorded October 4, 1959 Blue Note       1955年のニューヨークのジャズ・シーンに華々しくデビューしたドナルド・バードは、その艶やかなトーンとスリリングなアドリブから “第二のブラウニー” として期待を集めた生粋のトランペッターですね。 本作は1959年に新しくジャッキー・マクリーン (as)…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
一般公開
Ornette Coleman – At the “Golden Circle” in Stockholm, Vol. 1 Ornette Coleman – At the “Golden Circle” in Stockholm, Vol. 2 Recorded December 1965 Blue Note     フリー・ジャズの先駆者として知られるオーネット・コールマンのライヴ作ですね。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
一般公開
Cannonball Adderley – Somethin’Else Recorded March 9, 1958 Blue Note       マイルス・デイビスがその才能を見染め、キャノンボール・アダレイ名義で吹き込んだオールスター・セッション。 マイルスの絶妙なミュート・プレイが冴える「Autumn Leaves – 枯葉」が特に有名で、人気・内容ともにモダン・ジャズを代表する1枚として知られていますね。 クールで繊細なマイルスと情熱的なキャノンボールの対照的なソロがとても興味深く印象的です。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
一般公開
弾むようにうるおう、豊かな美しさへ

理想のシルエットに近づきたいのに、毛先が広がってまとまらない。
そんな大人ゆえの悩みに寄り添うため誕生した、ミルボン プラーミア エンリッチド。
「弾力感」と「保湿感」どちらも手に入れて、今も、これからも、弾むような美しい髪へ。
写真
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
一般公開
Barney Kessel – The Poll Winners Recorded March 18 & 19, 1957 Contemporary       「ダウンビート誌」「メトロノーム誌」「プレイボーイ誌」などの人気投票で一位に選ばれたミュージシャンが集まり結成されたのが「ポール・ウィナーズ」ですね。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
一般公開
Thelonious Monk – Brilliant Corners Recorded October 9, October 15, and December 7, 1956 Riverside       1950年代のセロニアス・モンクを代表する作品であると同時に究極の “モンクス・ミュージック” として知られるアルバムですね。 あくまでも一貫して我が道を突き進んできたモンクの作曲家兼アレンジャーとしての才能が存分に感じ取れ、正しく50年代を代表するジャズの名盤し言えるでしょう。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
一般公開
Miles Davis – Bags Groove Recorded June 29 & December 24, 1954 Prestige       1954年12月24日の史上名高い「クリスマス・セッション」からタイトル曲「Bags’ Groove – バグス・グルーヴ」を収録したアルバムですね。残りのセッションは「マイルス・ディビス&ザ・モダン・ジャイアンツ」に収録されています。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
一般公開
Herbie Hancock – Maiden Voyage Recorded March 17, 1965 Blue Note       マイルス・クインテットに在籍していたハービー・ハンコックがフレディー・ハバード(tp)、ジョージ・コールマン(ts)、ロン・カーター(b)、アンソニー・ウィリアムス(ds)によるクインテットが名門ブルーノートに残した1965年の傑作アルバム。…
コメントを追加...
他の投稿を読み込んでいます。お待ちください