Profile cover photo
Profile photo
倉垣豊明 税理士事務所
14 followers
14 followers
About
Posts

Post has attachment
日帰り旅行_山梨

●にっこり梨狩り(いわふねフルーツパーク)
●トロッコ列車(わたらせ渓谷鉄道)
●高津戸峡
●草木湖の紅葉

PhotoPhotoPhotoPhotoPhoto
2018/11/14
6 Photos - View album

Post has attachment
ロボット(六足歩行、フォロ)を組み立てました。
センサーで目標物を感知し、これについていきます。

平成30年税制改正(給与所得控除)

給与所得控除の控除額を一律10万円引き下げる。
この改正は、平成32年分以後の所得税及び平成33年度分以後の個人住民税より適用される。

<給与所得控除の見直し>
1、 給与所得控除額を一律10万円引き下げる。
2、 給与所得控除の上限額が適用される給与等の収入金額を850万円、その上限額を195万円に引き下げる。

地積規模の大きな宅地の評価_規模格差補正率の計算

相続税法で「地積規模の大きな宅地の評価」を計算する場合に、宅地の評価額に規模格差補正率を乗じますが、その計算方法は次のようになる。

規模格差補正率={(A×B+C)/A}×0.8

A:地積規模の大きな宅地の地積
B:
イ、 三大都市圏に所在する宅地
●500以上 1,000未満 0.95
●1,000以上 3,000未満 0.9
●3,000以上 5,000未満 0.85
●5,000以上      0.8
ロ、 その他の地域に所在する宅地
●1,000以上 3,000未満 0.9
●3,000以上 5,000未満 0.85
●5,000以上      0.8
C:
イ、 三大都市圏に所在する宅地
●500以上 1,000未満 25
●1,000以上 3,000未満 75
●3,000以上 5,000未満 225
●5,000以上      475
ハ、 その他の地域に所在する宅地
●1,000以上 3,000未満 100
●3,000以上 5,000未満 250
●5,000以上      500

平成30年税制改正_基礎控除額の引上げと逓減・消失

所得税の基礎控除が次のように改正(個人住民税についても同様に改正)
1、 控除額を一律10万円引き上げ
2、 合計所得金額が2,400万円超の個人については、控除額が逓減し、合計所得金額が2,500万円超の個人については、基礎控除の適用はない。

<改正後の基礎控除額>
合計所得金額  所得税、()内は個人住民税
2,400万円以下 48万円(43万円)
2,400万円超2,450万円以下 32万円(29万円)
2,450万円超2,500万円以下 16万円(15万円)
2,500万円超 ゼロ(ゼロ)

上記の改正は、平成32年分以後の所得税及び平成33年度分以後の個人住民税について適用 

Post has attachment
キャタピラで動く電子工作が完成しました。
スマホで、ラズベリーパイを操作し、前後左右に操縦できます。
完成まで1か月以上かかり、見た目も配線がむき出しですが、自分で作ったという達成感に浸っています。

平成30年税制改正_所得金額調整控除の適用

給与所得控除後の給与等の金額及び公的年金等の雑所得の金額がある居住者で、給与所得控除後の給与等の金額及び公的年金等に係る雑所得の金額の合計額が10万円超の場合には、給与所得控除後の給与等の金額(10万円超の場合には10万円)及び公的年金等に係る雑所得の金額(10万円超の場合には10万円)の合計額から10万円を控除した残額を、給与所得の金額から控除する。

<計算例>
給与所得の収入金額400万円、公的年金の収入金額200万円の場合(65歳未満)

給与所得控除後の給与等の金額 2,760,000円>10万円
公的年金等に係る雑所得の金額 1,225,000円>10万円
(10万円+10万円)-10万円=10万円
給与所得の金額=2,760,000円-10万円=2,660,000円

※改正後は、給与所得と年金所得の両方がある場合には、控除額の減額(一律10万円)は、一方の控除のみ減額する。

地積規模の大きな宅地の評価_適用対象となるための要件

相続税法の「地積規模の大きな宅地の評価」の適用対象となるためには、その地積規模が大きな宅地(三大都市圏は500平方メートル以上、それ以外の地域は1,000㎡以上)で、普通商業・併用住宅地区及び普通住宅地区に所在し、次の1から3までのいずれにも該当しないものであることが必要です。
1、 市街化調整区域に所在する宅地
2、 工業専用地域に所在する宅地
3、 容積率が40%(東京都の特別区は30%)以上の地域に所在する宅地

平成30年税制改正_所得金額調整控除

給与等の収入金額が850万円超の次の者は、下記の算式で計算した金額を給与所得の金額から控除する。
1、 特別障害者に該当する者
2、 年齢23歳未満の扶養親族を有する者
3、 特別障害者である同一生計配偶者を有する者
4、 特別障害者である扶養親族を有する者
<控除金額>
(給与収入金額(1,000万円を限度)-850万円)×10%

計算例
給与収入950万円で22歳の扶養親族を有する場合
(950万円-850万円)×10%=10万円

Post has attachment
工作キット(アームクローラー)を作りました。
これから、ラズベリーパイ(小型PC)とスマホでこれを操作する工作を作る予定です。

工作も慣れないと大変苦労しましたが、とにかく動いてくれてほっとしました。
Wait while more posts are being loaded