Profile cover photo
Profile photo
Kodai Koji
JOCV(青年海外協力隊)としてチューク州のウエノ島で小学校の先生をしています。
JOCV(青年海外協力隊)としてチューク州のウエノ島で小学校の先生をしています。
About
Kodai's posts

Post has attachment
絶対にオススメしない。青年海外協力隊の参加をやめといた方がいい3つの理由
絶対にオススメしない。青年海外協力隊の参加を止めといた方がいい3つの理由 グローバル人材がもてはやされる時代ですが、海外経験をするために青年海外協力隊ってぶっちゃけどうなの? 留学、ワーホリ、外資系企業・・・ 今の時代、海外に出るって言ってもいろんな選択肢があるでしょ。 そんな疑問にここではお答えしたいと思います。 青年海外協力隊に参加した先輩として、結論からハッキリと言います。 青年海外協力隊に参加してはいけません。 やめといた方がいい。絶対に。 そもそも、青年海外協力隊って? 独立行政法人国際協力機構(J...

Post has attachment
復興ってなんだろう。
更新の間があいてしまって残念ながら詳細は忘れてしまった。 一つ言えることは台風から半年ほどしか経っていないのにチュークは「復興」していた。 私の勤務先だった小学校の屋根は吹き飛んでいたし、 お気に入りの海辺のカフェ(?)も残骸になっていたし、 行きつけだったホテルのレストランも閉まっていたけれど。 ベースのインフラが災害の前から壊滅的だったので、彼らの復興は早い。 むしろ、私が生活していた時はものすごく不安定だった電気がなぜか24時間途切れることなくついていたことにただただ驚いた。 もちろん、山肌にも多くの傷...

Post has attachment
ジープ島ふたたび。
久々に更新するとなかなか指が滑らない。なかなか文章を書くのも骨が折れる。 ちなみに、タイトルを書きながら「大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる」という私の一番好きだった児童書を思い出しました。という、どうでもインフォーメーションです。 ジープ島は知る人ぞ知るチュークが誇る世界最小(?)のリゾートです。TBSの世界絶景百選でなんと1位に選ばれたこともある場所で、チュークの空港で目にする日本人観光客はほとんどがこのジープ島が目的といっても過言ではありません。 これについても詳細については過去の投稿( JE...

Post has attachment
里帰りは里帰り。
里帰りの日程を決めて、いろいろ準備を進めて徐々に気づいたことがあった。少しもワクワクしないのである。直前になったら少しはワクワクするかなと思ったのに、前日の夜も、空港についても、少しも気持ちが盛り上がらなかった。 福岡→グアム→チューク 南国ですよ。南国リゾート! ふと実家(関西)に帰る時のことを思い出して納得した。 なるほど、これが里帰りなのか。 北海道で生まれて、福岡に住んでいる人が関西に行くとしたらきっとワクワクするでしょう。でも、関西が実家の私にとっては関西は少なくともワクワクする場所ではない。里帰り...

Post has attachment
里帰りのススメ。
帰国して丸2年以上が過ぎ、任国に里帰りをした。 里帰りを迷っている人がもしいたら声を大にして言いたい。 里帰りはいい。したほうがいい。 私の場合、きっかけはチュークを襲った台風だった。4月1日に大型台風直撃の情報を先輩隊員のフェイスブックの投稿で知った私は確実にエイプリルフールのネタだと思った。 ISSから見た台風MAYSAK 「こんな映画でしか見ないような台風がチュークにぶつかるわけがない」と思って画面を一度は閉じたが、すぐに現実だと知ることになった。 すぐにホームステイ先に電話をしてみたが「この電話番号は...
Wait while more posts are being loaded