Profile cover photo
Profile photo
DOTPLACE
35 followers -
これからの執筆・編集・出版のためのサイト「DOTPLACE」公式ページ
これからの執筆・編集・出版のためのサイト「DOTPLACE」公式ページ

35 followers
About
Posts

Post has attachment
【更新:1/15】
岡田利規×太田信吾: チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーションとそのドキュメンタリーをめぐって
「演劇をやるということは『想像力のコントロールをめぐる戦争』に参戦すること。」
http://dotplace.jp/archives/29712

「ヨーロッパツアー中にパリでテロに遭遇したりとか。なかなかそんなに経験してる日本の劇団はないと思うんで、またそういう可能性のある場所に、年明けから今回のメンバーでツアーでも行きますし。戦争や暴力を一部として扱っている作品に出てる役者が、どう現地の空気や人たちとの出会いの中で変わっていくかっていうことはすごく興味はありますね。」(太田)

★前編はこちら:
「コーチとその選手たちみたいな、甲子園球児たちのドキュメントを思い出しますね。違いますけど」
http://dotplace.jp/archives/29696
Add a comment...

【更新:1/6】
DOTPLACE GALLERY #041:コルシカ
http://dotplace.jp/archives/29860

2018年最初のトップページを担当するのは、世界のしくみをわかりやすく解説するオリジナルの学習まんがシリーズ『アフォーダンス』や『記号とアブダクション』などが、リリース当初から話題を呼んでいるイラストレーターのコルシカさん。そのどこか懐かしいようなイラストのタッチと、斬新な着目点の組み合わせが見る人の知的好奇心をくすぐります!
Add a comment...

Post has attachment
【更新:12/29】
鷹野凌 今月の出版業界気になるニュースまとめ
2017年12月「出版業界気になるニュース2017年回顧」
http://dotplace.jp/archives/29843

年の瀬恒例の、1年間の出版ニュース総括。
(1)ウェブの雑誌化が進む
(2)出版者による直販が増える
(3)イーシングルが再び脚光を浴びる
(4)出版物の制作工程が変わる
(5)ローカルメディアが盛り上がる
年始のこれらの予測に対してどのような動きがあったのでしょうか?
Add a comment...

Post has attachment
【更新:12/26】
冨田健太郎 斜めから見た海外出版トピックス
第6回 カナダの教育出版事情
http://dotplace.jp/archives/29813

「12月ということで、今年1年をとおして気になっていたニュースを取りあげたいと思います。カナダの教育出版に関する問題です。(中略)フランクフルト・ブックフェアにおいても、ディスカッションのテーマとして取りあげられ、これはカナダにかぎったことではないとの訴えが注目をあびました。」
本連載の今年最後の更新は、カナダの教育出版が受けた「壊滅的な被害」について。
Add a comment...

Post has attachment
【GALLERY更新:2017年12月】
DOTPLACE GALLERY #040:渡邉佳純
http://dotplace.jp/archives/29609

2017年を締めくくる12月度のトップページを担当するのは、独自の視点を持った特集テーマや、福永信さん・長嶋有さんなど魅力的な執筆陣で特異的な存在感を放つミニコミ『W0B0R0』を主宰する、渡邉佳純さん。水彩で描かれるほっとするような日常風景の数々は、現在6号まで出ている『W0B0R0』の表紙も飾っています。今回はDOTPLACEのために、とある書店の店内風景を特別に描き下ろしていただきました。
Add a comment...

Post has attachment
【更新:12/1】
鷹野凌 今月の出版業界気になるニュースまとめ
2017年11月「海賊版サイト“はるか夢の址”の運営者逮捕」など
http://dotplace.jp/archives/29618

“一人出版社”を5万円で開設できる新サービス開始/検索結果を年表にして表示する検索エンジン公開/TPP新協定を公表/『漫画 君たちはどう生きるか』仕掛け人に聞く/「保守速報」賠償命令 ほか、11月の出版ニュースを総ざらい。
Add a comment...

Post has attachment
【更新:11/28】
シェルワン・ハジ×高山明(PortB): アキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』をめぐって 「難民としてというより、自分の仲間のように、つまり『人間』として扱うということ。」
http://dotplace.jp/archives/29496

★今週末より公開されるアキ・カウリスマキ監督の最新作『希望のかなた』(http://kibou-film.com/)。難民問題を真正面から取り上げ、ユーモアを交えたヒューマニティで打ち砕く本作の主演のシリア人俳優シェルワン・ハジと、『マクドナルド放送大学』など難民たちとともに作品を展開する演出家の高山明による刺激的な対話です。
Add a comment...

Post has attachment
【更新:11/24】
冨田健太郎 斜めから見た海外出版トピックス
第5回 ヒラリー・クリントンの新刊騒動
http://dotplace.jp/archives/29530


「9月中旬、ヒラリー・クリントンの新刊“What Happened”が全米で発売になりました。(中略)ところが、じっさいに発売されると、思わぬ騒ぎが起きてしまったのです。」


★バックナンバーはこちら。
http://dotplace.jp/archives/category/column/%E6%96%9C%E3%82%81%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E6%B5%B7%E5%A4%96%E5%87%BA%E7%89%88%E3%83%88%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
Add a comment...

Post has attachment
【更新:11/12】
Forewords/Afterwords
菅俊一『観察の練習』(NUMABOOKS):はじめに
http://dotplace.jp/archives/29426

★DOTPLACE読者におすすめの新刊書籍の中で、読みものとしてそれ単体でも強い魅力を放つまえがき/あとがきを不定期で紹介していきます。
今回は、DOTPLACEでも人気コラム「まなざし」を連載し、一貫して生活の中にある違和感についてリサーチし続けてきた菅俊一さん初の単著『観察の練習』(NUMABOOKS/12月4日一般発売)のまえがきをお届けします!
Add a comment...

Post has attachment
【GALLERY更新:2017年11月】
DOTPLACE GALLERY
#039:横山雄
http://dotplace.jp/archives/29412

★この11月度のトップページは、グラフィックデザイナー/イラストレーターの横山雄さんが担当。躍動感のある線が印象的なドローイングを数多く残している横山さん。その伸びやかな線をもって描かれる本の姿は、それらが本来持っている情報の饒舌な側面を改めて私たちに気づかせてくれる気がします。
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded