Profile cover photo
Profile photo
単純作業に心を込めて
50 followers -
ブログ「単純作業に心を込めて」のGoogle+ページです。
ブログ「単純作業に心を込めて」のGoogle+ページです。

50 followers
About
Posts

Post has attachment
ブログを更新しました。 WorkFlowyのImportの基本(テキストファイル、Excel、Evernote) - 1.WorkFlowyのImportとExportは、WorkFlowyと他のツールをつなぐ WorkFlowyは、ImportとExportという機能を持っています。 Importは、他のアプリケーションのデータをWorkFlowyの任意の場所に取り込む機能です。Exportは、WorkFlowyの任意の1トピックとそのすべての子トピックを、他のアプリケーションで使える形に書き出す機能です。 ImportとExportによって、WorkFlowyは、他のいろんなツールにつながります。ImportとExportという機能を持っているからこそ、たとえば、WorkFlowyで書いたブログ原稿を、WordPressで公開する、といった使い方をすることができます。 WorkFlowyのImportとExportは、それほど複雑な機能ではありません。その場の感覚で適当に操作をすれば、だいたい思い通りのことを実現できます。 しかし... http://ow.ly/2X92H4
Add a comment...

Post has attachment
ブログを更新しました。 WorkFlowyにKindleのURLを書いて、「読書ノート」を育てる - 1.前提知識 (1) WorkFlowyに関する前提知識 a.WorkFlowyは、「読書ノート」と相性がよい WorkFlowyは、「クラウドアウトライナー」というカテゴリに分類されるツールです。 クラウドアウトライナーWorkFlowyの説明 しかし、WorkFlowyは、「クラウドアウトライナー」にとどまらない機能を持っており、「クラウドアウトライナー」にとどまらない役割を果たすことができます。 「WorkFlowyとは、何か?」を考える2つの視点 WorkFlowyは、テキストのメモを、ひとつの場所に、階層化して蓄積し続けるための、最適なツールのうちのひとつです。 【WorkFlowyまとめ】WorkFlowyを育てる WorkFlowyは、テキストのメモを、ひとつの場所に、階層化して蓄積し続けることが得意なので、「読書ノート」に向いています。 紙の本の読書ノートを、WorkFlowyで構造化し、育てる WorkFlowyで作... http://ow.ly/2X1hLn
Add a comment...

Post has attachment
ブログを更新しました。 ブックマークレット「KindleHighlight」で、「kindle.amazon.co.jp」から、Kindle本のハイライト箇所を、シンプルなデータで、クリップボードに取り込む http://ow.ly/2WYqB3
Add a comment...

Post has attachment
ブログを更新しました。 「育てる」と「開く」のマンダラ展開([生活を創るキーワード辞書]創りの途中経過報告) - 1.[生活を創るキーワード辞書]を創る (1) [生活を創るキーワード辞書]とは? [生活を創るキーワード辞書]とは、『[超メモ学入門]マンダラートの技法』で提案されていた、「思考の道具」としての「言葉」を鍛えるための具体的な方法です。 自分が思考する上でどうしても押さえておくべき言葉をピックアップして掘り下げて、[生活を創るキーワード辞書]を創る作業を行えば、「思考の道具」としての「言葉」に対する理解がぐんと深まり、思考力を大きく高めることができる、とされます。 [生活を創るキーワード辞書]で、言葉を「思考の道具」として鍛える(マンダラートが言葉を大切にする理由) (2) 彩郎の[生活を創るキーワード辞書]の入り口 私は、先日から、[生活を創るキーワード辞典]を創る作業に取り組んでいます。この作業に取り組んで、最初に形にできたマンダラは、次のようなものになりました このマンダラによれば、私にとっての[生活を創るキーワード... http://ow.ly/2WVs93
Add a comment...

Post has attachment
ブログを更新しました。 [生活を創るキーワード辞書]で、言葉を「思考の道具」として鍛える(マンダラートが言葉を大切にする理由) http://ow.ly/2WRMg7
Add a comment...

Post has attachment
ブログを更新しました。 WorkFlowyの共有機能の使い方と、知っておくと役に立つ知識 - 1.WorkFlowyの共有機能 WorkFlowyは、共有機能を持っています。自分のWorkFlowyの任意のひとつのトピック(とそのトピックが持っているすべての子トピック)を、自分のWorkFlowyアカウント以外へと共有できる機能です。 この共有機能は、シンプルながら奥の深い強力な機能で、EvernoteやGoogleドライブといったメジャーなクラウドサービスが備える共有機能と比較しても、かなり優れた部類に入ります。WorkFlowyの共有機能は、私がWorkFlowyを高く評価している理由のひとつです。 さて、WorkFlowyの共有機能は、具体的には、どんな機能なのでしょうか。次の3つの軸で整理すると、ポイントを理解しやすいです。 【共有方法の軸】 URLによる共有 特定のWorkFlowyアカウントに対する共有 【共有してもらった人にできることの軸】 閲覧のみ 編集まで可能 【共有してもらった人がトピックをどう利用するかの軸】 共... http://ow.ly/2WPgmv
Add a comment...

Post has attachment
ブログを更新しました。 三色ボールペン方式を取り入れると、なぜ、読書会の場は、創造的になるのか? - 1.はじめに 『三色ボールペンで読む日本語』は、三色ボールペン方式という、シンプルで具体的なただひとつの読書の基本技だけを、本一冊かけて、訓練するために存在する本です。 三色の使い分け方は、次のようだ。 青(客観重要)…「まあ大事」というところに引く。 赤(客観最重要)…客観的に見て「すごく大事」と思ったところに引く。 緑(主観大切)…自分が勝手に「おもしろい」と感じたところに引く。『三色ボールペンで読む日本語 (角川文庫)』(齋藤孝) location 94 私は、大学生のころにこの本に出会い、三色ボールペン方式を使い始めました。客観と主観を区別することために、三色ボールペンという道具を使う、という三色ボールペン方式の基本思想をとても気に入り、それ以後、10年以上、三色ボールペン方式で本を読み続けてきました。 先日、久々に、『三色ボールペンで読む日本語』を読み返し、WorkFlowyで「読書ノート」を作りました。 「読書ノート」を作... http://ow.ly/2WFqrC
Add a comment...

Post has attachment
ブログを更新しました。 最強のブログ原稿創造システム「WorkFlowy×ハサミスクリプト」に、画像機能を追加する方法 - 1.「単純作業に心を込めて」のブログエントリに画像が増えた理由 ここ最近、「単純作業に心を込めて」のブログエントリは、ちょっと変わりました。 これまでは、こんな感じでした。 ここ最近は、こんな感じになりました。 つまり、画像が増えました。 これまで私は、ブログエントリを作るときに、画像をあまり使っていませんでした。「文章だけで説明する練習をするため」という気持ちもなくはありませんでしたが(参考:メロンパンナちゃんの描き方)、それよりもずっとずっと大きかったのは、「めんどうだったから」です。画像を入れるための手間暇をかけるくらいなら、それよりも文章を書くことに時間とエネルギーを使いたい、と感じていました。 そんなわけで、たとえば「クラウドアウトライナーWorkFlowyの説明」のような、クラウドサービスの取扱説明書のようなエントリですら、これまでの私は、画像を使っていませんでした。 ところが、ここ最近のエントリでは... http://ow.ly/2WuhCA
Add a comment...

Post has attachment
ブログを更新しました。 マンダラートに彩りを発揮させる(マインドマップとの比較を念頭に置いて) - 1.はじめに マンダラートとは、マンダラを創って読むことによる思考法です。マンダラとは、3×3の9マスでかたちづくられるシンプルな図形で、このマンダラに言葉を載せることから思考を深めていくのが、マンダラートです。 以前、私は、マンダラートに、ネガティブな先入観を抱いていました。この先入観は、今から考えると、マンダラートに対する不十分な理解に起因していた誤解なのですが、ともあれ、私の先入観は次の3つでした。 (1) マンダラよりもマトリクスの方が、論理的な枠組みを持っている。だから、論理的な枠組みを活用した思考法を求めるなら、マンダラートよりもマトリクスの方がよい。 (2) マンダラよりもマインドマップの方が、自由で彩りがあってイメージを刺激する。だから、イメージを活かした自由な思考法を求めるなら、マンダラートよりもマインドマップの方がよい。 (3) マンダラよりもアウトライナーの方が、階層の移動や組み換えや俯瞰が使いやすい。だから、階層... http://ow.ly/2WrFpH
Add a comment...

Post has attachment
ブログを更新しました。 【企画】WorkFlowy読書会『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』 http://ow.ly/2WrtbJ
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded