SKE48チームE出張公演(NMB48劇場)昼公演レポ(2012年9月29日)

・木本花音、上野圭澄はじゃんけん選抜撮影のため休演
・新土居沙也加、二村春香が出演
・斉藤真木子、内山命、古畑奈和昇格丸1ヵ月
・E3「キスだって左利き」チームEバージョン披露

影アナ:古畑+内山
ユニット曲変化
「わがままな流れ星」(柴田、山下)
「愛の色」(竹内、磯原、古畑、都築、酒井、内山)

ユニット明けMCテーマ:メンバーの意外なところ
原「かすすはふわふわして妖精というか、もわもわしてる雲のような存在だけど、実はロックが大好きで、ヘッドホンからときどき『ドンチャカドン』って音が聞こえてくる」
磯原「かすすは実は行動がめちゃくちゃ速い」
梅本「着替えも速くて気づいたらいないんですよ」
斉藤「じゃんけんに勝った次の日から『選抜様』と呼んでます」

梅本「まいまい(竹内舞)はベジタリアンなんです。肉食系っぽいのにバイキングになると野菜ばっかり食べて。誕生日はヤサイ(8月31日で831)です。あと、チームEの隠し撮りをいっぱい持ってる確率が高いです」

斉藤「新土居沙也加なんですが、ふんわりしてて何を言ってるかぶっちゃけわからないし、会話も通じません」
磯原「3テンポぐらい遅いうえに別の答えをする」

磯原「(原)望奈美なんですけど、ここ(首)から上は大人なのに、下は幼児体型」
原「小さいときから太ももが太くてなんかボンレスハムみたいに」
磯原「張りがあるお腹に注目です」

本編最後のMC前半(高木、古畑、梅本、酒井、金子、柴田、竹内、新土居)
テーマ:どんな秋を過ごしたいか。
酒井「山に行って紅葉」
古畑「紅葉を見にいこうよう〜。(場内寒くなる)フォローとかいらないです」
金子「秋はおしゃれを楽しみたいですよね。今は動物が流行ってるらしいよ。それと、青とか黒とか暗めの色がいいんだって」
柴田「金ちゃんの言ったことは雑誌に載っているので間違いではないと思います」
梅本?「阿弥ちゃんはSKEで私服がダサいランキング4位だからね〜」
柴田「私のオシャレはハイセンスだからついていけないだけでしょ」

高木「(いきなり)ブラジルのみんな〜聞こえてるかい!」から始まり、かすすのモノマネをしならが一人二役で漫才を始める。
漫才をこのMCでいつもやってる説明をして、「大阪は漫才の本場だから本当はここでかすすと一緒にやりたかった」等。

金子「二人だと寒くなるけど、今みたいなのだとちょうど良かった」
梅本「私はスポーツの季節だからいろいろと応援してあげたい」
古畑「秋の話は飽きちゃった〜」

MC後編(都築、山下、磯原、小林、二村、内山、斉藤、原)
テーマ:メンバーのついついかわいいなと思うところ。
内山「背が高いほうだから背がちっちゃい子から上目遣いされるとかわいい。つぶしたくなる」
都築「小林亜実ちゃんはしっかりしていそうで、何もないところでよく転ぶ」
原「杏華さんの弱い胃腸が好き。ヨーグルトとか食べるとすぐにお腹をくだす」
斉藤「うらやましいだけでしょ」
原「だって賞味期限切れたものを食べてもお腹こわさないし」

斉藤「Eの子は年下の子が多くてかわいい。昇格して今日でちょうど1ヵ月経ちますが、1ヵ月たつと憎らしくなって、真木子のいじり方を学んだ?」
二村「眠そうにしている子がかわいい」
小林「命さんは1人でお風呂に入れなくて、昔、SKEハウスに泊まったときに、誰かがお風呂の電気をこっそり消したんですって」
斉藤「それ私だ」
内山「お前か〜つぶしたろか」
小林「そしたら号泣しちゃって」
斉藤「ちなみに昨日は2人で大浴場に入りました」
内山「安心しました」

山下「(梅本)まどかちゃんあの子20歳じゃないですか。自分のこと『まー』って呼んでる」
原「自己紹介のとき一人だけ年齢言ってないんです」(笑い)
磯原「ゆかりはかまってちゃん。きつく言うと隅っちょで泣いちゃったりするのがかわいい」

感想

東京の出張公演を見た関係者の評判がとても良かったので期待して見に行ったのですが、その期待は裏切らなかったです。花音、かすすいなくてもそんなに遜色ない感じでした。

新土居さんは初のチームE出演みたいでしたが、振りはちゃんと入ってました。ただ、まだ振りが身体になじんでない印象。

二村さんはおそらく花音ポジションのアンダーで、きちんと踊れていましたが、表情の表現のバリエーションが少ないので、もう少し変化をつけられるといいと思いました。

初日に見たときの印象は「みんな心がバラバラで別の方向を向いてる感じ」だったんですが、今日はそんなことはありませんでした。ちょうど1ヵ月前に劇場改修前最終公演でチームEが「初日」をやったのを見て、「え? チームEいけるんじゃないの? すごくいいじゃない!」って思ったのですが、しばらく見ていないうちに(気持ちの)向いてる方向がだいぶ一緒になってきたんだなと思い、安心しました。

「エンドロール」での磯原さんのダンスが格段にうまくなってた。磯原さんはエンドロールだけでなく全体的にとてもダンスの表現力の幅が広がって良かったです。

「わがままな流れ星」も花音じゃなかったけど、柴田・山下コンビでも(言い方は失礼ですが……申し訳ない)見られるものになっていました。
「愛の色」もバラバラな感じがなくなっていい方向に向かってました。
「抱きしめられたら」の金ちゃんの太もも(笑)が相変わらず良かった。いや、それだけでなく、3人の表現力が増してました。
「虫のバラード」も良くなっています。これはもっともっと良くなることを確信しました。

個人的には真木子さんのことが年が明けてからずっと気になっていて目でずっと追っていることが多いのですが、今日はコンディションがいいほうでした。「ファンレター」の歌詞を聞いてると、自分は彼女に何もしてあげられていないのに、長い研究生時代から昇格までの道のりを思い出してなぜか私のほうが泣きそうになってしまいました。

HKT48と一緒に「手をつなぎながら」公演に初めて出演した映像をDMMで見たときに、「手つな」のイントロで引きの画面で、一人だけすごい勢いで飛び上がってる真木子さんを見て「張り切ってるなぁ」と思って泣きそうになったことを思い出しました。

自分でもわかんないけど、真木子さんが一生懸命やってるのを見ると泣けてくるんですよ。「真木子がこんなに頑張ってるから自分も頑張ろう」って思えてくるのかな。

あ、いかんいかん。一人のことばかり書いてちゃいけないですね。

とにかくチームの中で(気持ちの)向いてる方向が揃ってきたところがすごく良かったです。

かつてチームKで「to be continued.」を聞いたときに「今日は今日で良かった」(ので今日はこれできりをつけて明日も頑張ろう)って歌詞のような気持ちになって劇場を出たときのあの感覚を思い起こすことができました。その感覚は、今年の「見逃した君たちへII」のパンフの公演解説にも書いたので、手元にある方はよろしければ読んでみてください。湯浅支配人も『「to be continued.」いい曲だね、好きになった」って言ってました。

さて、私は、明日は博多でHKT48の2期生の初日を取材します。取材速報をお楽しみに。万が一、台風で飛行機が欠航したらいけないと思い、新幹線で移動し、さきほど博多に到着しました。
Shared publiclyView activity