Profile cover photo
Profile photo
長崎歴史文化博物館
20 followers
20 followers
About
Posts

Post has attachment
特別企画展 新章 ジャパンビューティ
~栗原玉葉、夢二、松園 美人画の世界展

様々な姿の女性を描くことは、日本美術における重要なテーマのひとつでした。古くは正倉院に伝わる《鳥毛立女屏風》から始まり、江戸時代には鈴木春信や鳥居清長などの浮世絵師たちが新時代の女性像を創出していきました。それらはいつしか「美人画」と呼ばれるようになり、大正時代には、文部省が主導する展覧会のなかでも「美人画室」という専用の展示室が設けられるほどになりました。
本展は、そのような江戸時代末期から昭和初期にかけて絶大な人気を博した「美人画」に注目する展覧会です。「ジャパン・ビューティー」展自体は、5年前の東京会場を皮切りに数県を巡回している企画ですが、長崎会場では大正時代に活躍した長崎出身の女性画家・栗原玉葉(くりはら・ぎょくよう 1883―1922)の作品も同時に展示します。現在ではその名を知る人すら少ない玉葉ですが、大正時代には「西の上村松園、東の栗原玉葉」と称され、多数の門弟が集まりました。今回の総出品数およそ130点のうち、現存する数少ない文部省美術展覧会入選作を含む約60点の玉葉作品を展示します。彼女の本名にちなんだ「綾」というサインの残された初期の作例から晩年にたどりついた文学性豊かな作品まで、関係資料などと共に玉葉の画業をひもといていきます。

会期: 2018年12月12日(水)~2019年1月20日(日)
    ※12月17日(月)休館
時間: 10:00~18:00 ※12月27日は展示替えのため16:00閉室
会場: 3階企画展示室
料金: 一般 1,300円(前売1,000円)※常設展観覧料込み
    ※高校生以下無料

前売券発売所(12月11日まで)
チケットぴあ/セブン-イレブン(Pコード:769-417)、ローソンチケット(Lコード:83732)、セブンチケット(セブンコード:070-204)、CNプレイガイド

※浜屋プレイガイド 浜屋プレイガイド、S東美プレイガイド、紀伊國屋書店長崎店(夢彩都)、メトロ書店本店(アミュプラザ長崎)は11月中旬より取扱予定

http://www.nmhc.jp/exhibition/2018/j-beauty/index.html
Add a comment...

Post has attachment
梅屋庄吉生誕150周年・明治150年記念企画展
映画界の風雲児 梅屋庄吉

明治・大正・昭和と激動の時代を駆け抜けた長崎出身の実業家、梅屋庄吉(1868~1934)。彼が生まれた当時の日本は、西洋から近代化の波が一挙に押し寄せてきた時代でもありました。この頃、登場してきた映画は、新たな時代の幕開けを象徴するメディアとして世界で確固たる地位を築いていきます。
日本でも1897年(明治30)、初めて日本人の手で映画撮影が行われるなど、映画は急速に根を下ろしていきます。梅屋は、香港で写真館を経営し、シンガポールで映画ビジネスにも着手し大成功を収めて帰国します。帰国翌年の1906年(明治39)には映画会社「Mパテー商会」を立ち上げ、草創期の日本映画界を牽引する存在として活動し、現在の映画会社「日活」の前身、「日本活動写真株式会社」の創立にも大きな役割を果たしました。
本企画展では、梅屋庄吉生誕150周年を記念し、梅屋が映画人として果たした役割を紹介します。世界と日本の行く末を見据え、様々な挑戦をした梅屋庄吉の情熱は、生涯にわたる孫文の革命活動に対する支援にもつながっていきました。本企画展を通して映画人としての梅屋庄吉の新たな一面を感じ取っていただければ幸いです。

会 期: 2018年10月6日(土)~11月25日(日)
     ※10月15日(月)、11月19日(月)休館
時 間: 10:00~19:00(最終入館18:30)
会 場: 3階企画展示室
     ※追悼特別展 高倉健と同時開催
観覧料: 無料 ※追悼特別展 高倉健は別料金

特集ページはこちら↓
http://www.nmhc.jp/exhibition/2018/umeya/index.html
Add a comment...

Post has attachment
追悼特別展 高倉健

任俠映画で一時代を築き、数多くの名作や話題作に出演し、晩年は最も出演が待ち望まれる俳優として、生涯で205本の映画に出演した高倉健。多くのファン、スタッフや役者仲間からも慕われたこの名優がこの世を去ったのは、2014年11月10日のことでした。
本展は高倉健の映画俳優としての仕事を回顧し、あらためてその業績を顕彰しようと企画されました。本展の最大の見どころは、出演作205本すべてから抜粋した、高倉健出演場面の映像の紹介です。また、横尾忠則、森山大道による、高倉健をモチーフにした作品も展示します。
残されたフィルムには経年劣化により現在見ることが困難な作品もありましたが、フィルムをデジタル修正するなどして、その一部をご覧いただくことが可能になりました。1本1本の抜粋時間は限られていますが、時代ごとの高倉健の魅力を存分に味わい、映画俳優としての全仕事を概観する絶好の機会となります。あわせて、高倉健が所蔵していた台本や小道具、スチール写真、ポスターやプレスシートといった宣伝物など、貴重な資料類を一堂に展示し、時代とともに歩んだ稀代の映画俳優の足跡をたどります。

会 期: 2018年10月6日(土)~11月25日(日)
     ※10月15日(月)、11月19日(月)休館
時 間: 10:00~19:00(最終入館18:30)
会 場: 3階企画展示室
     ※映画界の風雲児 梅屋庄吉と同時開催
観覧料: 一般 1,200円(1,000円)、高大生600円(500円)、
     小中生400円(300円)
     *( )は前売料金・発売は10月5 日まで

http://www.nmhc.jp/exhibition/2018/takakuraken/index.html
Add a comment...

Post has attachment
8月26日は平成の8月最後の日曜日。夏休みももうすぐ終わりですね。そして #レゴブロックで作った世界遺産展 もあと1週間となりました。平成の夏の思い出にぜひれきぶんへ!
#長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 の12モデルが一度に見られるのも9月2日まで! お見逃しなく!
#長崎
#れきぶん
Photo
Photo
2018/08/26
2 Photos - View album
Add a comment...

Post has attachment
おおーい!みんな〜! #れきぶん は明日8月20日は休館日なんだけど、#レゴブロックで作った世界遺産展 はいつもの通り朝10時からオープンするよ〜! れきぶんの入口とレゴショップは9時半に開いているからねぇ〜! 早く到着したお友だちはショップや3階のプレイテーブルで待っていてね。
常設展や体験工房に行きたいお友だちは8月21日からだよ! 詳しくはれきぶんHPで確認してね!
http://www.nmhc.jp/notice/2018/0820.html
Photo
Add a comment...

Post has attachment
よい子のみんな、夏休みの自由研究は進んでいるかな?
テーマ選びに困ってるなら、
#長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 はどうかな?
れきぶん2階の常設展示室で、日本にキリスト教が伝来してから普及、弾圧に至るまでを学んだら、3階の #レゴブロックで作った世界遺産展 へ。宿題も片付く上に夏の思い出作りまでできちゃう!
涼しい館内に一日中いても子ども600円。長崎県内の小中学生なら常設展示室は無料です!
Photo
Add a comment...

Post has attachment
PIECE OF PEACE『レゴ®ブロック』で作った世界遺産展PART-3

世界中で愛されている玩具「レゴ®ブロック」で世界遺産を再現した展覧会「PIECE OF PEACE『レゴ®ブロック』で作った世界遺産展PART-3」が3年ぶりにれきぶんにやってきます!
国内外の世界遺産モデルや、近年新たに認定され長崎初展示の世界遺産モデルを展示するとともに、長崎展のために「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産をレゴ®ブロックで作成し、長崎県内各地の子供達が作った作品とあわせて展示します。 さらに、大人気のみんなで自由に作品を作るコーナーもパワーアップ。「未来にのこしたい世界の宝物」をつくります。
これまでに延べ約300万人を集めた話題の展覧会。「未来に引き継ぐたからもの。世界遺産も!身近なものも!」を、子どもにも、大人にも、楽しみながら感じていただければ幸いです。

会期: 2018年7月21日(土)~9月2日(日)
会場: 3階企画展示室
時間: 10:00~19:00(最終入館18:30)
料金: 大人《高校生以上》800円(700円) 
     小・中学生600円(500円)小学生未満無料
*( )内は前売及び15名以上の団体、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳持参者の料金
Photo
Add a comment...

Post has attachment
明治150年記念特別展『写真発祥地の原風景 長崎』
~写真で振り返る幕末・明治の長崎~

約150年前に江戸時代は終焉し、日本は西洋的近代国家へと向かいます。それより前、開港期に渡来した写真は、この江戸時代から明治時代への転換期を捉え、現代に伝えています。江戸時代、海外に開かれた窓口であった長崎には世界のモノや情報がもたらされます。幕末には写真やその技術がもたらされ、長崎を訪れたピエール・ロシエやフェリーチェ・ベアトなどの外国人写真師は長崎を捉えた写真を残しました。さらに、写真開祖と呼ばれる上野彦馬をはじめ、内田九一、薛信二郎、竹下佳治、清河安武、為政虎三などの長崎ゆかりの日本人写真師が写真文化を普及していきます。そのような意味でも長崎は写真発祥地といえます。
本展では、写真発祥地「長崎を写した、長崎で写した」初期写真を中心に、写真を支える台紙や写真アルバム、古地図や絵画・工芸品なども取り上げ、幕末~明治の「長崎」を振り返ります。

会期: 2018年5月22日(火)~6月24日(日)
     ※休館日6月18日(月)
会場: 3階企画展示室
時間: 8:30~19:00(最終入館18:30)
料金: 一般800円(前売640円)県内大学生400円 高校生以下無料
お得な前売券は、浜屋プレイガイド S東美プレイガイド 紀伊國屋書店長崎店(夢彩都) メトロ書店本店(アミュプラザ長崎) 長崎大学生活協同組合 チケットぴあ(Pコード 769-034) ローソンチケット(Lコード 82862) セブンチケット(セブンコード 063-381) CNプレイガイド で!!

http://www.nmhc.jp/exhibition/2018/photo/index.html
Add a comment...

Post has attachment
5月5日の端午の節句を前に、常設展示室では鯉にちなんだコーナーが登場。鯉は中国で立身出世のシンボルとされているそうで、この染付鯉型花生も、出世街道をグイグイ飛んで行きそうな勢いです。
2階「中国との交流」コーナーで5月20日まで。常設展観覧料(大人600円・小中高生300円)でご覧いただけます。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
2階常設展示室内「近代化の魁」コーナーでは、明治維新150年を記念し、幕末に導入が進んだ蒸気船や明治初期の長崎を治めた沢宣嘉をとおして、近世から近代へ転換期の長崎の様子を紹介するトピック展示《明治150年と長崎》を開催中。3月18日まで。観光丸の図面も見られます。
Photo
Photo
2018/03/15
2 Photos - View album
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded