Profile cover photo
Profile photo
こどもいろ.com
幸せは一番身近なところに
幸せは一番身近なところに
About
Posts

Post has attachment
辻村深月著「かがみの孤城」を読了しました。 この小説は2018年本屋大賞を受賞しており、その他の賞も含めると帯情報では7冠を受賞しているとのこと。 普段私はあまり小説を読む方ではありませんが、この500ページの長編小説を読もうと思ったきっかけは、この小説の前評判を見たことに始まります。 この作品には、娘の中学生時代に生じてしまったいじめ、いえ、言葉が過ぎるかも知れませんが、いじめを超えた、娘にとっては毎日が脅迫の連続だと感じていた、あの時の状況に酷似した内容であることに期待したからに他なりません。  …
Add a comment...

Post has attachment
先日、無事に引っ越しが終わりました。 こちらでは、引っ越しの際に発生した大量のゴミについて、その処理費用や依頼した業者について、思うところを書いてみたいと思います。   引っ越しにかかる費用など 引っ越ししなければならなくなった経緯は先日書いた通りですが、 やはりネックになるのは、いかに4人分の家財を実家に運び入れるかということです。 全体の半分ほどを処分したのですが、結局2トントラック1台と補助トラックに少々という荷物量になりました。…
Add a comment...

Post has attachment
約半年ぶりの更新になります。 ここ1年ほど、私の家族は2つに別れて暮らしていたのですが、この4月から家族全員、私の実家で母と猫と共同生活することになりました。 私の家族は4人ですが、障がい児2人を育児しています。 今年中学生になるダウン症の息子と、広汎性発達障害と診断されている、二十歳を目の前にしている娘です。 今回そこに認知症外来に定期的に通っている母親が加わりますので、 暮らしの中でも色々工夫が必要になると思います。  …
Add a comment...

Post has attachment
観終えた後、その逃げ場のない世界観に圧倒されてしまいました。 もしカズオ・イシグロ氏がノーベル賞を受賞していなかったら、私はこの映画を絶対に観ることがなかったと思います。 それは最近なにかとストレスを感じることが多いため、たまに見る映画くらい心温まるものを見たいと思うからです。 ただ、この映画はその枠を超えて観て良かった映画の一つになりました。   今丁度「わたしを離さないで」の本を途中まで読んでいます。…
Add a comment...

Post has attachment
今回も、母の認知症外来(初診)のお話をさせていただきます。 前回は認知症外来へ行くきっかけや、それまでの母の症状についてお話しましたが、今回は診断結果や服用している薬を中心に進めていきたいと思います。   認知症検査の結果 事前に家で6枚の問診票を書きました。 内容は、今の母の状態や気が付いたこと、自分の希望などを記入する欄があり、全て埋めて病院に持参しました。 病院で母担当のケアマネージャー(ケアマネ)の方と落ちあい、最後まで付き添ってもらいました。…
Add a comment...

Post has attachment
初めて認知症外来を受診しました。 もちろん患者は母なのですが、母は見た目は健康そうですが物忘れが激しく、時に記憶が飛ぶことが目立ってきたので、父が死んでまもなく、担当のケアマネージャー(ケアマネ)に認知症外来の予約を取ってもらっていました。 良い先生を推薦していただいたこともあり2ヶ月待っての今回の診察になりました。…
Add a comment...

Post has attachment
初めて子猫を飼うことになりました。 飼うことになったのは生後3~4ヶ月のメスの子猫で、譲り受けたのは以前の仕事仲間。 今から3ヶ月ほど前に、最近田舎暮らしを始めたとのメールが入り電話してみたところ、ひょんな話から猫を10匹以上飼っているということがわかったんです。 そしてそのうち3匹が生まれたばかりとか。 今、猫を探していることを話すと、うれしいことに快く譲って貰えることになりました。ただ生まれたばかりなので3ヶ月程待ってくれとのこと。…
Add a comment...

Post has attachment
先日ノーベル文学賞を受賞した、カズオ・イシグロ氏の代表作「日の名残り」を、先ほど読み終えたところです。 実はイシグロ氏がノーベル文学賞を受賞したというテロップが流れた時に、すぐにアマゾンで中古本をあさったのですが、注文している最中でもクリックするたびに中古本の値が刻々と上がり、結局イシグロ氏一番の代表作「日の名残り」を買うことができませんでした。…
Add a comment...

Post has attachment
東野圭吾原作、映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を観にいきました。 今回は原作を読んでから観たのですが、結論から言うと観て正解。 時間の縛りがある映画では、この原作はストーリー的にまとめるのが非常に難しいだろうと、半ば期待せずに観に行ったのですが、良い方に期待が裏切られ、結果原作の理解をさらに高める結果に…。 一緒に行った発達障害の娘は原作を読んでいなかったのですが、「人に説明はできないけど(自分も出来ませんが…)面白かった、観て良かった」と話してました。 以下、この映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」…
Add a comment...

Post has attachment
9月23日から封切りされている映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 。 原作は東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」になりますが、先日本屋で目に止まったのがきっかけで、数カ月ぶりに小説を読むことができました。 余談ですが今本好きの母がこの本を中ほどまで読んでいます。 父の死から4ヶ月経ったこともあり、母も私も心に少し余裕が出来たからなのかもしれません。 それはさておき、こちらではこの小説を読んだ感想などをまとめてみたいと思います。 スポンサーリンク 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」はどんな本?    …
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded