Profile cover photo
Profile photo
Office BALÉS
12 followers
12 followers
About
Office's posts

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
Interesting way to capture the soul of Japanese culture.

Post has attachment
オバマ大統領の広島演説:MY RESOLUTION BOX
短期間の間にこれだけの分量のものをネットに上げている自分が、間違いなく、オバマ大統領に心酔しているのだろう。この数日間の自分の中の熱狂と葛藤を、形にして残す。彼は私の英雄である。同時に、私は彼を容赦なく批判する。このアンビヴァレントな数々の思いの今、ここにしまいこむ。 In such a short time, I compiled this many works on him. So I must completely adore President Obama. So I decided keep it ...

Post has attachment
【和訳】明大レペタ教授が警告する『自民党憲法改正案の最も危険な10の項目』(総合リンク集)
明治大学法学部のローレンス・レペタ特任教授は2013年に『アジア太平洋ジャーナル』にある論文を寄せた。それは、自民党の憲法改正草案の
「最も危険な10の項目」を詳述したものだった。一項目について一投稿としてその和訳を日英併記でお届けする。     Japan’s Democracy at Risk – The LDP’s Ten Most Dangerous Proposals for Constitutional Change 危機に瀕する日本の民主主義 自民党憲法改正案、最も危険な10の項目 Lawre...

Post has attachment
【コメント】イラク戦争の総括が未だ行えない日本~ブレア英元首相の「謝罪」報道を受けて~ #安保法制
及び腰な国内報道 長年「対イラク武力行使」として議論されてきたイラク戦争の正当な総括が、遂に戦争の最大の当事国の一つである英国の当時の元首相からもたらされた。このこ
と自体は感慨深い。しかしその報道のされ方が、戦争に賛同したこの国において、やや”及び腰”であることには不満をおぼえる。 今回ログルでまとめた 英紙デイリーミラーのハイライトは、英紙が報じたそのままのものだ。つまり、米英が始めた戦争の最大の当事者の一翼を担った英国のメディアは、あくまでブレアが戦争の過ちを認め謝罪したことに焦点を置いた。戦争当事国と...

Post has attachment
【和訳】「これがハスミトシコへの私の答だ」と英国人アニメーターがカウンターアクション #そうだ支援しよう
難民危機 - 子ども達を守れ Refugee crisis – save the children 今日、私の頭は、ある「人種差別的」だと言われる日本の漫画イラスト画像のことで一杯だった。最初は、ジョー。サッコ(Joe Sacco)のような"天才的な"アーティストが描くような差別的な描写なのだろうと思っていたが、その漫画イラスト画像は、明らかに元の写真では笑みを浮かべていない少女がベースになっていた。だがイラストの方では、ニヤつくような描写があった。これは何か独特なスタイルなのかと思っていた。 そのイラスト画...

Post has attachment
和訳:露スプートニクドイツで10万人近くが核兵器配備に反対署名(2015.10.01)
ドイツで10万人近くが核兵器配備に反対署名 欧州 2015.10.01 13:53 (2015.10.01 14:08更新)  ドイツ当局に対し更なる核兵器の国内配備中止を求め嘆願 ドイツのメルケル首相、ガウク大統領、ドイツ政府に対し、10万人近い人びとが新型核兵器をドイツ国内に配備しないよう求める嘆願書に署名した。嘆願行動は、B61-12新型核爆弾20基をドイツ国内のビューヘル(Büchel)空軍基地に配備する計画が進められている中で行われた。同計画は、NATO北大西洋条約機構のニュークリア・シェアリング計...

Post has attachment
転載:ミドルズ時代『別冊宝島』の緊急出版本『集団的自衛権が発動される時』に掲載された記事
『戦争法案に反対するミドルズ』(MIDDLEs) のスタッフだった頃、立ち上げて1か月ほど経った時に突然、『別冊宝島』のライターから取材の申し込みがあった。ムック本が緊急出版されるという話で、そのためにSEALDsと一緒にMIDDLEsも扱いたいのだという。ところが、書籍の主旨を聞いて驚く。なんと保守・リベラル、賛成派・反対派の論客を集めて「集団的自衛権」について論じる内容だという。 それなら私も論客の一人に加えてほしかった が(笑)、残念ながらSEALDsに続いて活動を始めたMIDDLEsとしての取材だとい...
Wait while more posts are being loaded