Profile cover photo
Profile photo
症例報告する「とある内科医」
52 followers
52 followers
About
Posts

Post has attachment
症例、糖質オフ・スプラタスト療法で抗体減少
症例、糖質オフ・スプラタスト療法で抗インスリン抗体が減少 「糖質オフ・スプラタスト療法」という 治療法がある。 某医師が、 かの「新井 圭輔」大先生から スプラタスト3Cで抗体が減る、という事を教えてもらい 倍量に増やして投与した事で 「色々な抗体が消えるかも」 という治療法。 GAD抗体、抗インスリン抗体、 甲状腺関連の抗体が陰性化した事例が報告されている。 またリウマチ関連の抗体価も低下した事例が報告されている。 今回は、その糖質オフ・スプラタスト療法の症例。 <初診まで> アラウンド40歳の女性。 BM...
Add a comment...

Post has attachment
症例、タンパク質と鉄で症状消失
タンパク質と鉄で症状消失 <初診日> アラウンド 40 歳な女性。 尿試験紙で血糖値高めで糖尿病が心配で受診。 BMI 19.1 と、痩せ傾向。 子宮筋腫あり筋腫核出術の既往あり。 婦人科で以前鉄剤(フェロミア錠、インクレミンシロップ)を処方された事があるが、胃痛で飲めなかった。 心療内科と産婦人科に通院しているが、処方は無し。 食後45分の血糖値97、 HbA1c 5.2 % と糖尿病は無し。 動悸の症状強い。 心拍数 113 回 / 分と頻脈あり。 心電図は洞性頻脈。 症状は ・強い動悸 ・胃もたれ ・「...
Add a comment...

Post has attachment
症例、糖尿病の経過
4ヶ月で Hb A1c 12.4 % から  6.5 % に変化。 <初診まで> 60 歳代半ばの女性。 胃の調子がよくないため 他院で胃カメラ施行し、 胃の以上無し。 しかし、胃カメラ前の採血で 糖尿病指摘。 HbA1c 12.4 %であった。 同医療機関に再診を指示された。 DPP4 阻害薬の「スイニー」が処方された。 母と姉が糖尿病で、母はインスリンの自己注射をしていた。 インスリンの注射は避けたいため、ネット、本などを調べてた結果、そこには再診せずに、来院。 <初診日> 他院で糖尿病指摘から20日後程...
Add a comment...

Post has attachment
ビタミン・ケトン療法のミニ講座!
ビタミン・ケトン療法 の ミニ 講座 、アップしました。 短めの10分の動画となっています。 ちなみに 無駄に4K動画 です。 全く意味なく4Kです。 ビタミン・ケトン療法は、癌などに対する治療法です。 ビタミンC、ビタミンB、ケトン体によって癌などの治療をします。 1.ビタミン・ケトン療法の効果のしくみ 2.症例報告 3.従来治療との比較(バオバブ・モデル) の3本立てです。 お忙しい方のために、3分版もご用意しました。 3分 講座、 その1 (ビタミン・ケトン療法の効果のしくみ) 3分 講座、 その2 従...
Add a comment...

Post has attachment
ビタミン・ケトン療法、6例目
ビタミン・ケトン療法、6例目です。 肝細胞癌、直径5cm以上 。 単純なステージ分類ではステージ2となる症例です。 今までの5例は全てステージ4でしたので、 初めて のステージ2症例です。 つまり、ビタミン・ケトン療法をステージ4=末期の前にすれば 効果はさらに高そう、という事の実例ができるかどうか、 という症例でした。 もともとかかっていた大病院では 「根治手術はできません」。 これは 「治し切れないので 数年後に癌で死 にます」 という事実上の宣告です。 色々と説明や治療はありますが、 実質そういう事です...
Add a comment...

Post has attachment
7例目までのまとめ、ビタミン・ケトン療法。
ビタミン・ケトン療法、 7例目までの簡単な症例報告です。 症例1-5までの詳細はコチラの動画を。 https://youtu.be/BRCmpSMrvto 症例1 肺癌、ステージ4。 腫瘍マーカー低下。 症例2 胃癌、ステージ4。 CTにて30%以上の縮小。 リンパ節転移も不変から縮小。 症例3 肝臓癌、ステージ4。 通院困難にて短期間で治療中断。他院へ。 症例4  原発巣は縮小。看取り。 大腸癌、ステージ4。 炎症反応が初診時より高く、さらに上昇し看取りに。 炎症のコントロールについての課題が明らかに。 症...
Add a comment...

Post has attachment
SPIDDMは治る?!症例報告
今回は SPIDDMが治った症例 について。 SPIDDMについては 以前の投稿 をご参照ください。 SPIDDMはザックリ言うと、 「今は2型糖尿病の状態だけど 将来的に1型になりそうだよ」 というものです。 SPIDDMは、 従来型の 食事療法と治療では 実際に1型糖尿病 になり 自分の膵臓からはインスリンが出なくなり、 インスリンを打っていないと 死んでしまう状態になります。 そして、1型糖尿病になり 膵臓のβ細胞がなくなるとともに GAD抗体も陰性化 する というのが従来型の流れです。 今までは SP...
Add a comment...

Post has attachment
Mizuno Special!?
今回も食の話題。 糖質制限をしていると食べ物も制限されてる気になる方はやはり多いです。 時には、はっちゃけちゃうのも良いものです。 とはいえ糖質はしっかり控える。 そして生クリーム的なものが好きな方にはたまらない。 そんな逸品をご紹介。 スターバックスのメニューです。 通称「 Mizuno Special 」 一目瞭然ですね。 ホイップクリームがMax状態です。 飲むというより「食べる」と表現したくなります。 というか、上部分はスプーンで食べます。 オーダーすると、店員さんが怪訝な顔をしたり、周囲のお客さんが...
Add a comment...

Post has attachment
講演「トラブル対策」
今回は、 クレームとトラブル対策 についての話です。 逆境に立たされても心が折れないようにするには? 偉大な事を成し遂げた人は何を思っていたのでしょうか? 自らトラブルに立ち向かうにはどうしたら良いのでしょうか? そのヒントがここにあります。 それでは、ご覧ください。 トラブルは逃げると追ってきます。 私達で解決しましょう。 3つのポイント と、 3つの心構え について話しています。 3つのポイントとは? ポイント1: トラブルは必ず発生する。 逃げずに私達が解決する。 ポイント2: クレームはチャンス。 ク...
Add a comment...

Post has attachment
神戸講演会、導入編
2016年6月5日に行った神戸講演会。 その導入部分です。 神戸講演会は4つのページに分かれています。 0.導入編 1.コレステロール 2.糖質 3.健康 それでは、早速、本編を。 神戸講演会、導入編 では、以下、内容です。 つい最近まで、世の中は、「カロリーオフ」の時代でした。 つまり、食べるか、食べないか? その2択です。 私も何人もの患者さんに「カロリー制限」 をガンガン指導していました。 その頃は太っていませんでしたので 何で制限できないか不思議な位でした。 でも、30歳を越えて、次第に太ってきたため...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded