Profile cover photo
Profile photo
藤本順一
22 followers
22 followers
About
Posts

Post has attachment
法理も道理も通らない安倍の安保と来夏の参院選
国会最終盤は安保関連法案の参院採決をめぐり大荒れの展開となった。廃案を目指す野党は鴻池祥肇委員長が16日の特別委員会採決を職権で決めたことに対して「27日の会期末まで時間があるのに、なぜ審議を打ち切るのか」と反発して最後の抵抗を試みるも、残念ながら今週中には参院本会議で可決成立する運びだ。  政府与党がどんなに強弁しようとも法理も道理も通らない欠陥だらけの安保関連法案であり、国民の意思と真逆な結論をゴリ押しする安倍政権への信頼は地に墜ちた。せめてもの救いは参院が政府原案の衆院再可決を許さず、次世代など野党3党...
Add a comment...

Post has attachment
議会人としての良識疑う自民党の宦官政治
有価証券報告書の虚偽記載が発覚して2度にわたり決算修正を迫られた東芝が7日、15年3月連結決算で378億円の最終赤字に転落したことを発表した。 菅義偉官房長官はこの日の記者会見で「これまで市場に対し正確な情報が開示されてこなかったことは非常に問題がある」と述べ、同社の隠ぺい体質を厳しく批判した。  しかしながら、今の政府与党に東芝の企業体質を批判する資格があるとは思えない。安倍晋三首相の顔色を伺い、過ちを正すことなく見て見ぬふりする。宦官のごときその振る舞いは東芝体質そのままである。 安保関連法制の国会審議は...
Add a comment...

Post has attachment
安倍の安保が破壊する美しい国日本
「一日も早い平和安全法制の整備が不可欠だ。しっかりとした議論を行い、決めるべきときには結論を出してほしい」  安倍晋三晋三首相は14日に行われた安保関連法案を審議する参院特別委員会でこう述べた。一方で一日も早い法案成立に不可欠な国民の理解については「残念ながらまだ支持が広がっていない」と認めている。  安保関連法案をめぐる国会審議は7月、衆院での強行採決を経てその舞台を参院に移し、いよいよ政府与党は再び強行採決に打って出る構えだ。  しかしながら安倍首相が認めるようにいまだ国民の支持は得られていない。  集団...
Add a comment...

Post has attachment
安倍再選に物言いをつけた野田聖子の男気
 自民党総裁選が週明け8日に告示される。 「平成24年に総裁に就任し、『日本を取り戻す』とのスローガンのもとにデフレから脱却し、力強く経済を成長させていくための政策を打ち出してきた。まだ道半ばであり、景気回復の実感を全国隅々まで届けるための地方創生や少子化対策など課題は山積している。継続は力であり、しっかりとその責任を果たしていく」  安倍晋三首相は1日、記者団を前にこう述べ、総裁再選に自信を見せた。  周知のとおり、すでに党内主要各派の支持を取り付けた安倍首相の再選は動かない。それでも安倍首相の対抗馬として...
Add a comment...

Post has attachment
維新分裂新党立ち上げで橋下大阪市長があてにする官房機密費
「一部の野党やマスコミから戦争法案、徴兵制の復活などと宣伝され、大きな誤解が生じていることは極めて残念だ。わが国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している。国民の生命と平和な暮らし守るのは政府の責任だ。万が一に備える必要があることも訴え、誤った認識を解く努力をしたい」  菅義偉官房長官は31日の記者会見で前日に行われた反安保デモをこう評した。 ちょっと待てよ。デモの規模は国会周辺だけ10万人とも30万人とも言われているが、いずれにせよ参加者の背後には「集団的自衛権」の行使容認を前提とした政府提出の安保関連法案...
Add a comment...

Post has attachment
間違いだらけの安倍無投票再選
「民主主義の国の民主的な政党だから、きちんとしたルールの下で(総裁が)選ばれた方がいい」 9月に行われる自民党総裁選への出馬が取りざたされている野田聖子元郵政相は26日の講演でこう述べるに止めた。 国会が安保関連法案など重要法案の成否で重大な局面を迎える中、自らの身の振り方に言及するのは時期尚早との判断であろう。もう一人、野田氏と共に安倍晋三首相の有力対抗馬と目される石破茂司地方創生担当相にしても大手紙は連日、不出馬説を書きたてているが、本人は出馬するともしないともこれまで一度たりと言及していない。国会会期中...
Add a comment...

Post has attachment
総裁選を左右する参院での安保修正審議
次世代の党と日本を元気にする会、新党改革の3党は24日、安保関連法案の修正案を参院に共同提出することで合意した。週内にも提出する見込みだ。  修正案は、政府案にある存立危機事態と重要影響事態の際、自衛隊の派遣にあたり国会の事前承認を義務付けるもの。自衛隊の活動を継続する場合は90日毎に国会の事前承認を義務付け、さらに自衛隊の活動を常時監視、事後検証するための組織を国会に設置するよう求めている。 これとは別に維新の党は先週20日、政府案の修正ではなく政府案の「存続危機事態」に代わる「武力攻撃危機事態」への対処法...
Add a comment...

Post has attachment
安保対案提出の伸るか反るかの岡田民主の決断
 参院の安保審議が19日、再開した。中谷元防衛相は冒頭、法案成立を前提にして防衛省が作成していた自衛隊の作成計画などの内部資料について「統合幕僚監部として当然に必要な分析・研究を行ったものだ。私の指示の範囲内で文民統制(シビリアンコントロール)上も問題があるとは考えていない」と述べた。  しかしながら、問題の内部資料は法案の8月成立、年明け施行を明記した上で5月下旬に作成されたもの。中谷防衛相は「作業日程のイメージ化のためで、国会審議や成立時期を余談しているわけではない」と釈明したが、これに許せば戦前、軍部が...
Add a comment...

Post has attachment
安倍談話に世論の「良くできました」スタンプ
赤信号の横断歩道を渡らなかっただけで安倍内閣支持率が上昇した。終戦70年談話のことだ。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が直後に実施した合同世論調査で43・1%。政権発足後最低を記録した前回調査(安保関連法案を衆院で強行採決した直後の7月18、19両日)から3・8%のプラスである。焦点となっていた「植民地支配」「侵略」「反省」「お詫び」の4つの文言が盛り込まれ、「歴代内閣の立場は今後も揺るぎない」と表明したことを国民の59・8%が評価してのことだ。 分別ある大人の判断としては当然のことでも、これが...
Add a comment...

Post has attachment
総裁選に浮つく自民に鴻池委員長が喝!
      安保委理事会後の記者懇談会です。重要法案の審議の最中、自民党内が総裁選に先走っていることに激しく激怒。さて、若い記者にこの発言の政治的意味が理解できるかな(笑)明日の各紙朝刊が楽しみです! 保委理事会後の記者懇談会です。重要法案の審議の最中、自民党内が総裁選に先走っていることに激しく激怒。さて、若い記者にこの発言の政治的意味が理解できるかな(笑)明日の各紙朝刊が楽しみです!
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded